Twitterのアカウントを作成できない9の原因と対処方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)のアカウントを作成しようとしたのに、うまく登録できずに困っている方たちもいると思います。

一体、何が原因なのでしょうか?

この記事では、Twitterのアカウントが作成できない9の原因を解説しています。

また、問題を解決するための対処方法についても紹介しているので、参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • Twitterのアカウントを作成できない原因と対処方法が明らかになる。
  • Twitterのアカウントをスムーズに登録できる。
目次

Twitterのアカウントを作成できない9の原因

なぜ、Twitterのアカウントを作成できないのでしょうか?

その原因は9種類あると考えられます。

Twitterのアカウントを作成できない9の原因

  • 原因1 使用済みのメールアドレスを入力している。 
  • 原因2 Twitterに障害が発生している。
  • 原因3 アカウントが永久凍結したことがある。
  • 原因4 電話番号で登録可能な上限数を超えている。
  • 原因5 認証コードの入力に失敗した。
  • 原因6 通信環境が悪いところで操作している。
  • 原因7 使い捨てのメールアドレスを使っている。
  • 原因8 年齢制限のルールに違反している。
  • 原因9 アカウントが完全に削除されていない。

以下より、それぞれの原因について説明していきます。

原因1 使用済みのメールアドレスを入力している

第1に、アカウントに使用済みのメールアドレスを入力していることが原因であると考えられます。

Twitterには、1つのメールアドレスにつき1つのアカウントしか作成できないというルールがあります。

これに関して、Twitterの公式HPでも次のように記述されています。

メールアドレスは、一度に1つのTwitterアカウントにしか使用できません。メールアドレスを使用できない場合、Twitter上に別のアカウントを所有している可能性があります。 

Twitterのヘルプセンター『すでに使われているメール、電話番号、またはユーザー名のヘルプ』より引用(最終確認日:2021年8月6日)

そのため、新規登録の手続きを行うときに利用されているアドレスを入力すると、下記の画像のようにこのメールアドレスは既に使われていますと表示されるので気を付けてください。

このメールアドレスは既に使われています 例
このメールアドレスは既に使われています 例

原因2 Twitterに障害が発生している

第2に、Twitterで障害が発生していることが原因かもしれません。

Twitterがプログラミング技術で生み出されたサービスである以上、バグによる不具合は避けられないと言ってよいでしょう。

したがって、「Twitterの障害が原因かもしれない」と思ったら、まずは裏付けとなる事実を確認することをおすすめします。

その方法について知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

原因3 アカウントが永久凍結したことがある

第3に、アカウントが永久凍結されていることが原因であると推定されます。

永久凍結とは、Twitterのルールに違反し続けるユーザーの利用を恒久的に停止する制裁措置です。

実際に、これまでにアカウントが永久凍結されたことがある場合、新規登録しても数分で使えなくなってしまいます。

以上のことからも、Twitterの利用規約を確認して守ることを心がけましょう。

なお、Twitterの永久凍結に関する情報に興味のある方は、次の記事をご覧ください。

原因4 電話番号で登録可能な上限数に達している

第4に、電話番号で登録可能なアカウントの上限数に達している可能性があります。

Twitterでは、ひとつの電話番号で作成できるアカウントは最大10件までというルールがあります。

そのため、リミットに到達している電話番号を登録情報として利用すると、「この電話番号は既に使用されています。別の電話番号を使ってください」と表示されて、アカウントが作成できないわけです。

この電話番号は既に使用されています 例
この電話番号は既に使用されています 例

原因5 認証コードの入力に失敗した

第5に、SMSやメールアドレスに送られてきた認証コードの入力に失敗し続けていることが原因になる場合があります。

アカウントを作成する際は、本人であることを確認するために、電話番号あるいはメールアドレスに認証コードが送られてきます。

認証コードの入力画面
認証コードの入力画面

認証コードを入力する際に、10回以上連続して間違えると、「試行回数の上限に達しました。しばらくしてからやりなおしてください」というエラー画面が表示されて、アカウントを作成できなくなるので注意してください。

認証コードのエラー
認証コードのエラー

なお、連絡先に認証コードが届かない場合は、こちらの記事を参照してください。

原因6 通信環境が悪いところで操作している

第6に、通信環境が悪い場所でアカウント作成の手続きを行なっている場合、操作が反映されないおそれがあります。

例えば、PCやスマホなどの端末がログインできないWi-Fiに接続していると、オフライン状態になってインターネット接続が途絶えてしまいます。

あるいは、地下などの電波が届きづらいところにいるときは、ネット環境が不安定になりやすいので気をつけてください。

原因7 使い捨てのメールアドレスを使用している

第7に、ワンタイムメールで作成した使い捨てのメールアドレスを登録情報として入力していることが原因かもしれません。

いわゆる、捨てアドはスパムアカウントの作成に利用されていることが多いので、Twitterのシステムが「有効なアドレス」として認めない可能性があると考えられます。

そもそも、Twitterの登録情報として適当なメールアドレスを使うのはやめたほうが賢明です。

例えば、パスワードを忘れてしまったときに、メールアドレスが使えない状態になると再発行の手続きができないので、気をつけてください。詳細は以下の記事を参照してください。

原因8 年齢制限のルールに違反している

第8に、年齢制限のルールに違反している場合、アカウントを作成できないおそれがあります。

サービス利用規約によれば、Twitterを利用できる年齢は13歳以上と定められています。

本サービスを利用できるのは、Twitterと拘束力のある契約を締結することに同意し、適用のある法域の法律によりサービスを受けることが禁止されていない者に限ります。また、いかなる場合においても、本サービスを利用するためには少なくとも13歳(Periscopeの場合には16歳)以上でなければならないものとします。

Twitterサービス利用規約(最終確認日:2021/5/1)

なお、Twitterの年齢制限に関しては、こちらの記事をご覧ください。

原因9 アカウントが完全に削除されていない

第9に、過去に利用していたアカウントが完全に削除されていないことが原因であると考えられます。

Twitterでは、アカウントを削除してから30日間が経過するまでは復活させることができます。

したがって、アカウントを登録する際に使用していたメールアドレスと電話番号は復活可能な期間までは使用できません。

なお、アカウントの復活について知りたい方は、次の記事を参照してください。

Twitterのアカウントを作成できないときの対処方法

上記の原因を踏まえると、Twitterのアカウントを作成できないときの対処方法は大きく7つあると考えられます。

Twitterのアカウントを作成できないときの対処方法

  • 方法1 Gmailで新しいメールアドレスを作成する。
  • 方法2 Twitterの運営側が障害を改善するまで待つ。
  • 方法3 永久凍結に対して正当な理由がある場合は異議申し立てする。
  • 方法4 認証コードの入力を確認して10回以内で成功させる。
  • 方法5 インターネット接続が安定しているところで操作する。
  • 方法6 利用可能な年齢になってからTwitterを利用する。
  • 方法7 アカウントを削除してから30日間が経過するまで待つ。

これらの解決方法でもうまくいかない場合は、Twitterのサポートチームに問い合わせてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる