Twitter

Twitterアカウントを作成できない8つの原因と解決策

「Twitterアカウントが作成できない……」

せっかく、Twitterを始めようとしているのに新規登録でつまづくと、やる気を失いますよね。しかし、iphoneやandroidをはじめデバイスに溢れた現代社会を生き抜いていくには、問題が発生した原因を調べて対処することが求められます。

この記事では、Twitterアカウントが作成できない原因と解決方法について記述しています。Twitterを始める人たちのお役に立てば幸いです。

この記事を読んで得られること
  • Twitterアカウントが作成できない原因と解決策がわかる

Twitterアカウントが作成できない8つの原因と解決策

Twitterアカウントを作成できない原因は大きく8つあるといってよいと思います。

  • 原因1 登録済みのメールアドレスを使っている 
  • 原因2 Twitterのエラーが発生している
  • 原因3 凍結しているアカウントの情報を使っている
  • 原因4 過去と同じユーザー名を使っている
  • 原因5 電話番号の認証に連続して失敗した
  • 原因6 他人が既に使っているIDを入力している
  • 原因7 通信環境が悪いところで操作している
  • 原因8 使い捨てのメールアドレスを使用している

ここでは、それぞれの原因と解決策について詳述しています。

原因1 登録済みのメールアドレスを使っている

第1に、Twitterに登録済みのメールアドレスを使っていることが原因の場合があります。アカウントを登録する際に、すでに利用しているアドレスを入力すると、「このメールアドレスは既に使われています」と表示されます。

登録済みのメールアドレスを使っている場合に表示される

Twitterでは、1つのメールアドレスにつき1つのアカウントしか作れません。そのため、GoogleやYahooで新しいメールアドレスを作成してから、新規アカウントを開設してください。

なお、過去にアカウントを削除している場合、アカウントを消去した日から30日が経過しないと、同じメールアドレスは使用できないので注意してください

原因2 Twitterでエラーが発生している

第2に、Twitterのプラットフォームに何らかのエラーが発生している場合、アカウントを作れないことがあります。こちらに関しては、公式ページの情報を調べて、Twitter社が障害を解決するまで待ちましょう。

なお、Twitterの障害について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Twitterの障害情報をリアルタイムで 調べる方法|公式アカウントを確認!
Twitterの障害情報をリアルタイムで調べる方法|公式ページを確認! Twitterを利用している際に、ツイートがタイムラインに反映されなかったり、他のユーザーが投稿している画像が読み込まれなかったりなど...

原因3 凍結されたアカウントの情報を使っている

第3に、凍結されたアカウントの情報を使っている場合は、新規登録することはできません。Twitterでは、一定のルールに違反したユーザーを締め出す凍結という仕組みがあります。

そのため、凍結されたアカウントに関連する情報は自動的に拒絶されてしまうので、新しいアカウントを作れないのです。

したがって、Twitterの規約を守ることを前提として、凍結情報とは関係のない情報を使用することをおすすめします。

原因4 過去と同じユーザー名を使っている

第4に、アカウントを削除した場合、アカウントを消去した日から30日が経過しないと、同じユーザー名で新規アカウントで使うことはできません

なお、30日が経過しているのにもかかわらず、ユーザー名が使用できない場合は、他のユーザーが使っていないかを確かめたうえで、Twitterのサポートに問い合わせてみましょう!

原因5 電話番号の認証に連続して失敗した

第5に、電話番号の認証に連続して失敗するとアカウントを作れません。Twitterでは、登録情報に電話番号を使うと、SMSで認証コードが送られてきます。

電話番号の認証に関する画像

そのコードを入力する際に、10回以上連続して間違えると、「試行回数の上限に達しました。しばらくしてからやりなおしてください」というエラー画面が表示されます。SMSを確認して正しい情報を打ち込みましょう!

「試行回数の上限に達しました。しばらくしてからやりなおしてください」

原因6 他人が既に使っているIDを入力している

第6に、他人が既に使っているIDを入力している場合は、アカウントを作成することができません。そのため、自分だけのオリジナルのIDを使いましょう。

原因7 通信環境が悪いところで操作している

第7に、通信環境が悪いところでTwitterのアカウントを作成している場合、操作が反映されないおそれがあるので注意してください

特に、電車や地下などにいるときは、ネット環境が不安定になりやすいので気をつけてください。

原因8 使い捨てのメールアドレスを使用している

第8に、ワンタイムメールなどで作成した使い捨てのメールアドレスを登録情報として使っている場合は、アカウントを作成できないことがあります

それゆえ、GoogleやYahooなど信頼できるドメインで作成したメールアドレスを使いましょう。

落ち着いて操作しよう!

Twitterのアカウント作成は、上記のポイントを理解して操作すれば、だれでも簡単にできると思います。

一回失敗したからといって諦めるのではなく、何が原因だったのかを分析して適切な対処を心がけることで、ITリテラシーは自然と高まっていくはずです。

この記事がTwitterのアカウント作成に失敗して困っている方たちにとって、参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
PENDELION編集部
PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。
一緒に読まれている記事