Twitterのアカウントを復活させる方法|30日以上はできない?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitterのアカウントを削除した後で、「やっぱり復活させたい」と気が変わる人たちもいるかと思います。

実際のところ、消去してから一定期間内であれば、アカウントを元に戻すことは可能です。

とはいえ、具体的にどのような手続きを行えばよいのでしょうか?

この記事では、Twitterのアカウントを復活させる方法を解説しています。また、復元の手続きができない原因やフォロワーの状態についても説明しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • Twitterのアカウントを復活させる方法がわかる。
  • アカウントを復活できない原因が明らかになる。
  • 復活したあとのフォロワーの状態について把握できる。
目次

Twitterのアカウントを復活させる方法

さて、Twitterのアカウントを復活させるにはどうすればよいのでしょうか?

その方法は次のとおりです。

Twitterのアカウントを復活させる方法

  • ステップ1 削除したアカウントにログインする。
  • ステップ2「復活させる」を選択する。
  • ステップ3「始める」を選択する。
  • ステップ4 ロボットによる操作でないことを確認する。
  • ステップ5「次へ」を選択する。
  • ステップ6 電話番号を入力してSMSで認証コードを受け取る。
  • ステップ7 認証コードを入力する。
  • ステップ8「Twitterを続ける」を選択して完了。
Twitterのアカウントを復活させる方法
Twitterのアカウントを復活させる方法

上記の手続きが完了すると、削除したアカウントが復活します。その際は、フォロワーに通知が届くことはありませんので、何事もなかったかのようにTwitterを再開できます。

もし、ログインする際にパスワードを忘れてしまった場合は、Twitterの公式HPにある「アカウントの復活に関する問い合わせ」からサポートチームに相談してみましょう。

申請フォームで使用するメールアドレスは、復活させたいアカウントで使っていたものを利用してください。

なお、「復活処理が無効」と表示された場合は、しばらく時間を置いてから手続きし直してください。一時的なエラーが発生しているだけかもしれないので、焦らずに対応しましょう。

30日以上は復活できない

ただし、アカウントを削除してから30日以上が経過していると、復活できないので気をつけてください。

これに関しては、Twitterの公式HPでも次のように記述されています。

過去に削除したアカウントを復活させるには、30日以内にログインする必要があります。削除してから30日以上経過するとアカウントは復活できません。

Twitterのヘルプセンター『アカウント復活のヘルプ』より引用(最終確認日:2021/08/11)

Twitterを運営する側からしても、消去されたアカウントのデータをいつまでも保存しておくわけにはいきません。

だからこそ、「30日間」という基準を設けていると言ってよいでしょう。

もし、復活可能な期間を過ぎてしまった場合は、新しいアカウントを作成するしかなくなるので気をつけてください

実際に30日が経つと、そのアカウントに登録されていた「ユーザーID」が使えるようになるので、以前と同じものを利用してもよいかもしれません。

復活後にフォロワーが0になる

また、アカウントを復活させた後に、フォロワー数が0になってしまうのは本当なのでしょうか?

結論から言えば、アカウントを復元した直後は一時的にフォロワー数が0になることがあります

ただし、通常であれば1日後には元に戻るので、焦らずに待っていてください。これに関しては、Twitterのヘルプセンターでも次のように記述されています。

アカウントの復活直後、フォロー/フォロワー数またはツイート数が正しく表示されない場合があります。24時間後には完全に復活します。48時間以上経過してもフォロー/フォロワー数が戻らない場合はサポートにお問い合わせください。

Twitterのヘルプセンター『アカウント復活のヘルプ』より引用(最終確認日:2021/08/11)

上記の引用にもあるように、2日以上が経過してもフォロワーが0のままであるときは、Twitterのサポートチームに問い合わせしてみてください。

DMも元に戻るのか?

加えて、アカウントを復活した際に、ユーザーとやり取りしていた過去のDMも元に戻るのでしょうか?

これに関しては、DMもアカウントと同様に復活するので安心してください

万が一、メッセージを削除していないのにもかかわらず消えている場合は、何らかのバグが発生しているかもしれないので、下記のリンクから問題を報告してみましょう。

アカウントを削除するときは冷静になろう!

上記の手続きを完了すれば、Twitterのアカウントは削除しても復活できます。

とはいえ、30日間が経過してしまうと元に戻せなくなったり、パスワードを忘れると復旧の作業に手間がかかったりすることもあるので、「本当に消してもよいのか?」を冷静に判断したほうがよいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる