Twitterでメールアドレスを適当にしないほうがよい理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)を登録する際は、メールアドレスあるいは電話番号の情報が必要不可欠です。電話番号を使いたくない方は、メールアドレスを入力しなければいけませんが、使い捨てのもので適当に済ませたいと考える人たちもいるのではないでしょうか。

しかしながら、「捨てアド」と呼ばれるサービスでアカウント作成しても、本当に大丈夫なのでしょうか?

この記事では、Twitterでメールアドレスを適当にしないほうがよい理由について解説しています。凍結リスクの有無を含めて考察しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • Twitterでメールアドレスを適当にしないほうがよい理由を学べる。
  • 凍結リスクの有無について考えるきっかけになる。
  • Twitterを安全に運用するための知識が身に付く。
目次

Twitterでメールアドレスを適当にしないほうがよい理由

結論から言えば、Twitterでアカウント登録する際に、使い捨てのメールアドレスで適当に済ますのはやめたほうがよいです。

その理由は大きく3つあります。

  • 理由1 認証コードが届かない場合がある。
  • 理由2 アカウントの凍結を解除できなくなるおそれがある。
  • 理由3 Twitterからのお知らせを受け取れない。

ここでは、それぞれの項目について紹介していきます。

理由1 パスワードを忘れたときに対応できない

第1に、適当なメールアドレスを使っていると、パスワードを忘れてしまったときに再設定の手続きができなくなるおそれがあります。

パスワードの再設定では、Twitterから認証コードを受け取って所定のページに入力しなければいけません。その際に、使い捨てのアドレスを登録していると、運営側からの自動送信メールを確認できなくなってしまいます。

その結果、パスワードを復旧できずに、アカウントにログインできなかったり、個人情報の変更が不可能になったりする可能性があるので注意してください。

理由2 アカウントの凍結を解除できない

第2に、アカウントの凍結を解除できなくなる可能性があります

Twitterには、ルールを違反したユーザーのアカウントを停止する「凍結」という制裁があります。

通常、凍結されたアカウントはしばらく放っておくと元に戻ります。しかしながら、そのなかには、正当な理由で異議申し立てを行わなければ、凍結が解除されない厳しい措置も存在します。

その際に、捨てアドのような連絡先を使っていると、Twitterのサポートチームから「怪しいアカウント」であると誤解されてしまうかもしれませんので気をつけてください。

理由3 認証コードが届かない可能性がある

第3に、認証コードが届かない場合があります。とりわけ、捨てアドのような自動でプログラムされたアドレスは、スパムに利用されていることが多いので、Twitterの運営側で拒絶されてしまうおそれがあるわけです。

認証コードを入力しない限り、アカウントを作成したり、パスワードや個人情報を変更したりできないので注意しましょう。

なお、メールアドレスを適当にすること以外に認証コードが届かない原因について、くわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

専用のメールアドレスを作成しよう

正規のメールアドレスは思っているよりも簡単に作成できます。すなわち、捨てアドのような適当なものをあえて使う必要はないわけです。

特に、Gmailは複数のアカウントを登録できるので、これを機会にTwitterをはじめとするSNS専用のメールアドレスを作ってみてもよいかもしれません。

やり方はGoogleの公式サイトを確認してください。

そのほかにも、Twitterのメールアドレスに関する情報について知りたい方たちは、次の記事をご覧ください。

Twitterでメールアドレスを適当にしないほうがよい理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。

目次
閉じる