Twitterから電話番号に認証コードが届かない原因と対処法【2022年版】

Twitter(ツイッター)で電話番号を使って本人確認を行う際に、SMSで認証コードが送られてきます。その番号をプラットフォームで入力することで、アカウントが本人が所有している事実を証明できるわけです。

Twitterの認証コード
Twitterの認証コード

けれども、いくら待っても認証コードが端末に送信されてこず、困った経験のある方たちもいるはずです。実際のところ、どうして認証コードが届かないのでしょうか?

この記事では、Twitterから電話番号に認証コードが届かない原因と対処法を解説しています。本人確認の手続きをうまく進められずに困っている人たちのお役に立てば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • Twitterから電話番号に認証コードが届かない原因と対処法がわかる。
  • 本人確認をスムーズにできるようになる。
  • アカウントのロックや制限を解除できる。
目次

Twitterから電話番号に認証コードが届かない原因

さて、Twitterから電話番号に認証コードが届かないのは、どうしてなのでしょうか?

その原因は大きく5つあると考えられます。

原因1 電話番号を間違えている

第1に、Twitterで入力した電話番号が間違っている可能性があります

電話番号は日常的に使用する情報なので、間違えるはずがないと思うかもしれません。けれども、ボタンやキーボードを押し間違えることは、だれにでもあり得ることです。いわゆる、ケアレスミスは人間である以上、どのような立場にいる人でも起こり得ることなのです。

トラブルの原因として考えられる項目を網羅的に確かめることで問題の本質を特定することができます。もう一度、改めて電話番号を確認してみましょう。

原因2 SMSの受信設定に問題がある

第2に、SMSの受信設定に問題があることが原因であると考えられます。

具体的に言えば、自分の端末に登録してない連絡先からのSMSを拒否していることで、Twitterから送信された認証コード付きのメッセージが受け取れていない可能性があるわけです。

近年では、迷惑メールも増えているので、スパム対策として設定を変更した記憶のある方たちは確認してみることをおすすめします。

原因3 永久凍結されている

第3に、アカウントが永久凍結されたことで、Twitterから利用を制限されているのかもしれません。

Twitterではプラットフォームを健全に保つためにガイドラインが定められています。そのルールに違反し続ける悪質なユーザーはアカウントを凍結されるだけではなく、永久に利用できなくなるという措置を受ける場合があります。いわゆる「永久凍結」と呼ばれる仕組みです。

一度、永久凍結されると、新しいアカウントを作成できなくなるので、認証コードも届かないおそれがあるので、くれぐれも注意してください。なお、永久凍結について知りたい方は次の記事をご覧ください。

原因4 Twitterに不具合が発生している

第4に、Twitterに不具合が発生したことが原因で認証コードが届いていないおそれがあります。

Twitterはグローバル企業として成長を遂げましたが、バグや障害がなくなったわけではありません。インターネットを基盤としるシステムである以上、どのようなサービスもエラーを完全になくすことはできないと考えてよいでしょう。

したがって、Twitterの改善措置が完了するまで気長に待ちましょう。なお、Twitterの障害についてくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

原因5 迷惑フォルダに移動している

第5に、Twitterからの送信されたSMSが迷惑フォルダに移動している可能性があります

キャリアの如何を問わず、電話帳に登録されていない連絡先からのSMSは、いつもとは違うフォルダに仕分けられてしまうことがあります。例えば、iPhoneのSMSでは、「すべてのメッセージ」・「既知の差出人」・「不明な差出人」という区分けがあります。

もし、「既知の差出人」のフォルダだけを確認している場合、Twitterからの認証コードが記載されたメッセージを見落としてしまうおそれがあるので、「すべてのメッセージ」や「不明な差出人」を見えることを忘れないように注意してください。いずれにしても、まずは全てのフォルダをチェックすることを推奨します。

Twitterから電話番号に認証コードが届かないときの対処法

以上の原因を踏まえたうえで、電話番号に認証コードが届かないときは、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく5つの対処法があると考えられます。

Twitterから電話番号に認証コードが届かないときの対処法

  • 方法1 電話番号を入力し直して認証コードを再送信する。
  • 方法2 キャリアの設定を開いてSMSの受信条件を確認する。
  • 方法3 不具合が修正されるまで1日程度待ってから再送信する。
  • 方法4 スマホやアプリを再起動する。
  • 方法5 全フォルダを確認する。

上記の対処法を実行してもなお、認証コードが送付されない場合、Twitterのサポートチームに問い合わせてみることを推奨します。具体的には、以下のリンクから次のような手続きを行ってください。

認証コードが届かないときの問い合わせ方法

  • 手順1 困っている内容で「自分のTwitterアカウントを復活させたい」を選択する。
  • 手順2 詳しい情報で「コードの受信で問題が起きている」を選択する。
  • 手順3 ユーザー情報とメールアドレスを入力する。
  • 手順4 発生している問題に関する説明として「認証コードが受信できない」と記述する。
認証コードが届かないときの問い合わせ方法
認証コードが届かないときの問い合わせ方法

電話番号を入力し直してみよう

通常、電話番号を正しく入力すれば、Twitterから認証コードが届きます。

それにもかかわらず、届かないときは再入力してみましょう。

なお、インターネット環境が整った場所で操作することを忘れないようにしてください。

Twitterから電話番号に認証コードが届かない原因と対処法【2022年版】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次