用はないけどLINEしたいときの送り方5選|うざい可能性はあるのか?

  • URLをコピーしました!

自分の好きな相手とLINEでメッセージを送りたいけれども、きっかけになる用事がなくて困っている人たちもいるはずです。実際、用もないのに自分から連絡するのはハードルが高いですよね。

とはいえ、コミュニケーションを取らないと、いつまでも経っても関係は進展しません。一体どうすれば、自然にLINEで会話できるのでしょうか?

この記事では、用はないけどLINEしたいときの対処法5選を紹介しています。また、「男女ともに用もないのにLINEがきたらうざいのか?」という疑問についても考察しているので、LINEを使っている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 用はないけどLINEしたいときに自然なメッセージを送る方法がわかる。
  • 相手とコミュニケーションを取りやすくなる。
  • 好きな人と仲良くなるきっかけができるかもしれない。
目次

用はないけどLINEしたいときの送り方5選

さて、相手に特別な用はないけどLINEしたいときは、どのようにメッセージすればよいのでしょうか?

一概には言えませんが、ここでは大きく5つの対処法を紹介していきます。

方法1 知って得する情報を共有する

第1に、相手が知って喜ぶ情報を共有するという対処法があります

例えば、好きな人が気に入っているブランドの特売キャンペーンや期末テストに出る過去の問題など、知るだけで得をする情報を受け取ると、だれだって嬉しい気持ちになりますよね。とりわけ、「自分のことを気にかけてくれている」という真心が伝わると、人間関係も和やかなものになるはずです。

例文

  • こないだ〇〇でキャンペーンやってたよ!
  • 期末テストの過去問が手に入ったので送ります!など

ただし、商品の広告宣伝と勘違いされないように注意してください。いわゆる、企業の回し者のような感じで情報をしつこく紹介すると、「この人、私のことを利用しているのかもしれない」と疑われてしまうおそれがあります。それは完全に逆効果なので注意しましょう。

方法2 共通の話題で質問する

第2に、学校やサークルなど共通の話題で質問するというLINEの送り方があります

学校やサークルは小さなコミュニティなので、相手と共通する話題が少なからずあるはずです。例えば、授業のテスト対策やサークルで企画している新入生歓迎会など、お互いに関わっていることについてLINEで尋ねるのは自然なことです。

もちろん、質問ばかりするのも相手に負担をかけるので、問いかけを皮切りにして話題を広げていきましょう。具体的な方法については次の記事をご覧ください。

例文

  • ごめん! 先週の授業休んだんだけど、課題とかって出たかな?
  • サークルの飲み会って参加費いくらだったっけ?など

方法3 ギフトを送ってみる

第3に、「お疲れさま」や「ありがとう」の気持ちを伝えるために1000円以内で購入できるLINEのギフトを送ってみるのもよいでしょう。

具体的に言うと、相手が忙しくて疲れているタイミングや何かを一生懸命に頑張っているタイミングで、労いのプレゼントをあげることで用事がなくても違和感のないコミュニケーションが成立しやすいと考えられます。

しかしながら、いきなり高額な物品が送られると驚いてしまう人もいるので、相手との距離感を意識したうえで適切なギフトを選択しましょう。おすすめはスターバックスのドリンクチケットなど、一息つけるような商品がよいでしょう。

例文

  • いつもお疲れさま!
  • こないだのお礼です!ありがとうございました!など

方法4 おすすめされたことの感想を伝える

第4に、相手が過去におすすめしていたことについて感想を伝えるのもよいでしょう

具体例を挙げると、相手から「牛虎っていう焼肉屋さんがめっちゃ美味しかった」という話を聞いたら、実際に行ったときのポジティブな感想を伝えるわけです。

本人からしても、自分がおすすめしたお店を褒められるのは嬉しく感じるはずです。特に、「センスがいい」や「教えてくれてありがとう」など、相手のテンションが上がるような言葉をうまく使いましょう。

けれども、思ってもいないことを伝えると墓穴を掘ってしまうこともあるので注意が必要です。自分を偽らない無理のない範囲で肯定的な感想を話してみましょう。

例文

  • 〇〇さんが言ってたカレー屋さん、めっちゃ美味しかった!教えてくれてありがとう!
  • 〇〇さんのおすすめしていた美容室に行ったんだけど、神対応すぎた!センスの良さが羨ましい….など

方法5 ニュースなどの話題を共有する

第5に、世の中で話題になっている出来事を共有するのも自然なコミュニケーションであると考えられます。

いわゆる、ニュースで紹介されるようなトレンド情報はだれもが意識している出来事なので、共通の話題として会話が盛り上がりやすいです。もちろん、シニカルなテーマよりも、なるべくエンターテイメント的なトピックを選んだほうがよいと考えられます。

場合によっては、SNSでバズっている面白い動画をシェアするのもよいかもしれません。

例文

  • このニュース見た!? びっくりして思わずシェアしました….
  • TikTokで見つけたんだけど、笑いすぎてお腹痛い笑など

用もないのにLINEするのはうざいのか?

とはいえ、相手からすれば用もないのにLINEしてくるのは、うざいことなのでしょうか?

結論から言えば、自分が興味のない相手から要件のない雑談的な連絡がきたら、うざいと感じる人たちもいるでしょう。こればかりは、男女の性別に関係なく、相手との関係性次第で受け取り方が変化すると言えます。

すなわち、好きな人からのLINEならば、特別な用事がなくても嬉しいですが、それ以外ならばたいした嬉しくはないわけです。むしろ、時間の無駄であるとネガティブに思うユーザーもいるかもしれません。その意味では、自分が連絡したときの応対で「脈あり」か、それとも「脈なしか」を判断できると言えるでしょう。

真心で勝負しよう

実際、用事もないのに気になる人にLINEを送るのは勇気が入りますよね。きっとメッセージを送る瞬間に緊張する人たちもたくさんいると思います。けれども、どこかで思い切らない限り、状況は進展しません。待ってばかりの人生だと、チャンスを逃してしまいます。

また、コミュニケーションはテクニックも重要ですが、真心を形にすることが一番大切です。形式的な振る舞いでは、相手と心を通わせることは不可能でしょう。だからこそ、思いやりの気持ちで接しながら、仲良くなれる機会を作りにいきましょう。

用はないけどLINEしたいときの送り方5選|男女ともにうざいのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次