LINEギフトが嬉しくないと感じる5つの理由|嬉しいときはどんなとき?

LINE(ライン)には、友達にギフトを贈るプレゼント機能が実装されています。みなさんのなかにも、友達の誕生日にちょっとしたお祝いの品を贈ったことのある人たちもいるのではないでしょうか。直接会えないときでも、「おめでとう」の気持ちを伝えることができるので便利ですよね。

しかしながら、なかには、LINEギフトが嬉しくないと感じる人たちもいるようです。プレゼントは贈る側の真心であるとはいえ、「嬉しくない」と感じる心理的な背景が気になりますよね。

そこで、この記事ではLINEギフトが嬉しくない5つの理由について解説しています。日頃からLINEギフトを活用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEギフトをもらっても嬉しくない理由を考えるきっかけになる。
  • もらって嬉しいLINEギフトについて考えるきっかけになる。
  • 相手に応じて魅力的なプレゼントを送れるようになるかもしれない。
目次

LINEギフトが嬉しくないと感じる5つの理由

さて、LINEギフトをもらっても嬉しくないと感じるのは、どうしてなのでしょうか?

これに関しては、大きく5つの理由があると考えられます。

ここでは、それぞれの心理について説明していきます。

理由1 嫌いな食べ物や使わない物だった

第1に、嫌いな食べ物や使わない物だった場合、相手は素直に喜べないおそれがあるでしょう。

もちろん、プレゼントは真心が込められていることが大切ではありますが、まったく実用性のない物をもらっても、相手からすれば「いらない」のが現実です。形式的に感謝をすることはあっても、嫌いな食べ物や不要品をもらって心の底から喜ぶ人たちは稀でしょう。

その意味では、相手に欲しい物をヒヤリングしておくことが重要です。なかには、サプライズでLINEギフトを贈りたい方たちもいるかもしれませんが、友達や家族を介して確認するなどの手間を加えて、本人が求めるものをプレゼントしてあげることをおすすめします。

理由2 嫌いな相手からの贈り物だった

第2に、嫌いな相手からの贈り物だった場合、相手はLINEギフトを受け取っても嬉しくないかもしれません。

無論、「物には罪がない」という考え方もありますが、物を通じて嫌悪感を抱く相手の存在を思い出すのが苦しい場合、プレゼントは余計なものになってしまう可能性があるわけです。その意味では、人間関係の状態によって、プレゼントに対する感情が大きく左右されることに留意しておくべきでしょう。

とはいえ、プレゼントを通じて信頼関係を修復できる可能性はあります。すなわち、相手に対する真心をちゃんと形にして届ければ、仲の良い関係に戻れるかもしれません。したがって、誠実な想いをできる限り伝える努力をしてみるのもよいでしょう。

理由3 近くにないお店のギフト券だった

第3に、LINEギフトで選択したものが相手の近くにないお店のギフト券だった場合、嬉しくないと感じる人たちもいるでしょう。

例えば、スタバのドリンクチケットをもらったとしても、自分が住んでいる場所の近くに店舗がなければ、商品を交換できません。とりわけ、田舎に住んでいる人たちはギフト券を利用できないケースが多々あるはずです。

もちろん、相手の気持ちはありがたく感じていても、使えないギフトをもらったことが残念であることに変わりないわけです。そのため、LINEギフトで特定の店舗で使用可能な金券を送る場合は、利用環境を事前に調べたうえで選択することを推奨します。

理由4 使い方がよくわからない

第4に、LINEギフトをもらっても使い方がよくわからない場合、喜ぶ前に困ってしまうおそれがあります。

LINEギフトは使用期限があるものがほとんどなので、受け取り方がわからないと無駄になってしまう危険性があります。そのため、LINEギフトのサービスを使ったことのない人たちに対しては、やり方も含めて伝えてあげるのが親切でしょう。

もちろん、Googleで調べればすぐにわかることですが、年齢的にデバイスをうまくつかいこなせない人たちもいるので、相手の状況に応じて柔軟に対応してあげることが大切です。

理由5 お返しに見合ってないと感じている

第5に、LINEギフトに対して、これまで自分がしてあげたことに対するお返しに見合っていないと感じている人たちもいる可能性があります。

冷静に考えると、精一杯のギフトだったかもしれないのにもかかわらず、「もっと良い物をくれて当たり前だ」というのは傲慢な考え方かもしれません。しかしながら、「自分がしてあげた以上、相手にもやってほしい」という感情は人間関係に執着している以上、だれもが持ちうる感情であるはずです。

見返りを求めるくらいなら最初から何も与えないほうがよいとはいえ、お互いのなかで負担が偏ってくると、ネガティブな感情が生まれてしまうのが現実です。このような場合、相手との付き合い方を見直すのも選択肢のひとつです。すなわち、そこまでして関係を続ける相手ではない可能性があるわけです。

LINEギフトが嬉しいときはどんなとき?

以上のことを踏まえたうえで、LINEギフトを贈るときは相手が喜ぶものを選択したいですよね。実際のところ、LINEギフトが嬉しいときはどんなときのなのでしょうか?

結論から言えば、相手の真心が込められたプレゼントをもらったときは、ほとんどの人たちは喜ぶと考えてよいでしょう。さらに、そのギフトが自分の欲しいものだった場合、「相手が自分のことをわかってくれている」という感情が生まれやすいので、嬉しさが倍増するのではないでしょうか。

ただし、上記で紹介しているような素直に喜べない要因がいくつかあるので、ギフトを渡すときは配慮しておくことを推奨します。プレゼントそれ自体だけではなく、添付するメッセージや贈るタイミング、自分との人間関係も大きく影響するので注意しましょう。

慎重になりすぎなくてもよい

とはいえ、LINEギフトは気軽にプレゼントを贈ることが可能なツールでもあります。その意味では、あまり慎重になりすぎる必要もないでしょう。

仮に、相手が喜ばなかったとしても、送信後にプレゼントを引き下げるわけにもいかないので、自分なりの全力と一般的な配慮を尽くしたうえで渡したのであれば、後悔しても仕方がありません。

むしろ、あなたの真心が伝わらない相手に対するギフトのことで悩んでも徒労に終わってしまうおそれもあります。実際に、失敗した時は次の経験として活かすと割り切って、次の機会にLINEギフトを贈るときに注意すればよいのではないでしょうか。

LINEギフトが嬉しくないと感じる5つの理由|嬉しいときはどんなとき?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次