Twitter

TwitterのDMを拒否する方法|全員を制限できるの?

近年、不特定多数の個人アカウントに対して営業のメールを送るユーザーも増えています。

そのため、Twitter(ツイッター)を利用している人たちのなかには、他のユーザーからDM(ダイレクト・メッセージ)を受け取りたくない方もいるかと思います。

この記事では、TwitterのDMを拒否する方法について解説しています。設定を解除するやり方についても紹介しているので、Twitterを利用されている方は参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること
  • TwitterのDMを拒否する方法についてわかる
  • 設定を解除する方法がわかる
  • 迷惑なアカウントからのメッセージを拒否して、Twitterを快適に利用できるようになる

TwitterのDMを拒否する方法

Sign, Forbidden, Rules, Metal, Warning, Forbid, Safety

特定の個人から送られてくるDMを拒否する方法は次のとおりです。

【TwitterのDMを拒否する方法】

  • ステップ1 拒否したいアカウントのDMを開く
  • ステップ2 右上にあるiを丸で囲んだアイコンをクリックする
  • ステップ3 「報告する」を選択する
  • ステップ4 「スパム(迷惑行為)」あるいは「不適切な攻撃的な内容を含んでいる」のいずれかを選ぶ。
  • ステップ5 確認画面で確定して完了。
TwitterのDMを拒否する方法

なお、スパムとして報告する以上、相手のアカウントがTwitterの規約に違反している場合、凍結される可能性があります

相手のアカウントをブロックすることでDMを拒否することもできます。ただ、相手をブロックすると、フォロー・フォロワーの関係も解消されてしまうのでバレてしまいます。その結果、気まづくなってしまうかもしれないので注意してください。

拒否の設定を解除するには?

拒否したアカウントの設定を解除したい場合は、自分から先にDMを送信してください。それによって、相手からDMを受信できるようになります。

全員を制限できるの?

残念ながら、すべてのユーザーからのDMを一括で拒否することはできません。ただ、フォロー外の全員から送られてくるDMを制限することは可能です。その方法は次のとおりです。

【フォロー外の全員から送られてくるDMを拒否する方法】

  • ステップ1 設定とプライバシーを開く
  • ステップ2 プライバシーとセキュリティを選択する
  • ステップ3 すべてのアカウントからメッセージを受け取るのチェックボックスを外して完了
フォロー外の全員から送られてくるDMを拒否する方法

なお、拒否の設定を解除したいときは、「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」のチェックボックスを入れると、フォロー外のユーザーからもDMを受け取ることができます。

怪しい営業メールに注意!

Twitterでは、不特定多数のユーザーに向けてスパムや怪しい営業のメールを送ってくる人たちがいます。「おかしいな……」と思ったら、記載されているURLなどは開かずに、拒否したほうよいと思われます。

DMもコミュニケーションの手段ではありますが、相手に合わせるよりも、自分らしい使い方をしてTwitterライフを充実させましょう。

なお、DM関連の情報について興味のある方は、こちらの記事も読んでみてください。

TwitterのDMで既読を確認するには? 相手に既読をつけない方法も解説 アイキャッチ画像
TwitterのDMで既読を確認するには?相手に既読をつけない方法も解説 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が連絡手段として使われるようになったと同時に、「相手がメッセージを読んだかどうか?」を...
ABOUT ME
PENDELION編集部
PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。
一緒に読まれている記事