Twitterを見るだけで利用する方法|凍結の危険性はあるのか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

実のところ、Twitter(ツイッター)はアカウントを登録しなくても投稿を閲覧できます。つまり、ツイートを見るだけで利用するならば、わざわざユーザーになる必要はありません。

また、みなさんのなかには、見るだけ専用のアカウントを作成している人もいると思います。けれども、「何にも投稿しないままの状態が継続すると、アカウントが凍結するのではないか?」と心配になるときがありますよね。ツイートが0の状態は正規の使い方ではないような気がしますが、凍結するリスクはあるのでしょうか?

この記事では、Twitterで見るだけで利用する方法を解説しています。また、ツイートせずに他人の投稿を閲覧するだけでアカウントを利用している場合における凍結の危険性についても考察しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • Twitterを見るだけで利用する方法がわかる。
  • 「アカウント登録せずに見るだけで使うことができなくなった?」という疑問が解決する。
  • 見る専用のアカウントが凍結する危険性の有無について学べる。
目次

Twitterを見るだけで利用する方法

さて、Twitterを見るだけで利用するには、どうすればよいのでしょうか?

その方法は次のとおりです。

Twitterを見るだけで利用する方法

  • ステップ1 Twitterの高度な検索ページにアクセスする。
  • ステップ2 検索欄にアカウント名やキーワードを入力して「検索」を選択する。
  • ステップ3 関連のツイートが検索結果として表示される。
Twitterを見るだけで利用する方法
Twitterを見るだけで利用する方法

なお、Twitterの高度な検索は以下のリンクから接続できます。

https://twitter.com/search-advanced

スマホとPCのどちらでも使える方法なので安心してください。

見るだけはできなくなったのか?

2021年12月22日現在、「Twitterを見るだけで利用できなくなった」という声がネットで上がっています。

ツイッターはアカウントを作らないと利用できなくなったのですか?前は閲覧だけならアカウントなしでもできたのですが、今は閲覧するだけでもログインの画面が出てきます。

Yahoo知恵袋『Twitter』より引用(最終確認日:2021年12月22日)

結論から言えば、アカウントを作らなくてもツイートを見るだけで利用することは可能です

ただし、2021年以降、他のページにアクセスしようとすると、すぐにログイン画面が出てきて使いづらいのは事実です。

見るだけができなくなった 例
見るだけができなくなった 例

したがって、スムーズに投稿を閲覧したいのであれば、アカウントを登録してツイートを検索したほうがよいでしょう。なお、リア友などの知り合いにバレずにアカウントを作りたい場合は、次の記事を参照してください。

あるいは、Yahoo!リアルタイム検索を使えば、特定のキーワードに関連するツイートをリアルタイムで調べて閲覧可能です。使い方はシンプルでサイト内の検索ボックスに興味のある単語を入力して検索するだけです。例えば、「Twitter 見るだけ」で調べてみると、次のようなツイートが一覧として表示されます。

Yahoo!リアルタイム検索の使い方
Yahoo!リアルタイム検索の使い方

ただし、投稿者のプロフィールにアクセスしようとすれば、Twitterの公式ページに接続されるので注意してください。その場合は、Twitterにログインしないと、会員登録の画面が表示されます。

非公開のアカウントを閲覧できるのか?

また、上記の方法によって非公開のアカウントを閲覧することはできるのでしょうか?

残念ながら、鍵垢の投稿は本人から許可されているアカウント以外は見ることはできません。そもそも、自分が承認していないユーザーが鍵垢のツイートにアクセスできてしまえば、アカウントを非公開にする意味がなくなってしまいます。

これはTwitterの信頼性を損なう問題になってしまいかねないので、今後も高度な検索やYahoo!リアルタイム検索で非公開のアカウントがアップロードしたツイートを見ることはできないと考えてよいでしょう。

なお、鍵垢でも見られている情報について知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

見るだけ垢は凍結する危険性はあるのか?

一方、ツイッターで他人の投稿を見るだけ専用のアカウントを作成している人たちもいると思います。

とはいえ、ツイートを全く行わないままでいると、「アカウントが凍結するのではないか?」と心配になりますよね。

結論から言えば、Twitterのルールに違反さえしていなければ、見るだけ垢が凍結される危険性はないと考えられます。

Twitterのガイドラインを見ても、ツイート数の条件が具体的に明示されているわけではありません。

ただし、6ヶ月以上ログインせずに放置していると、アカウントが勝手に消えてしまうことがあるので注意してください。

足跡や通知でバレるのか?

なお、ツイートを見るだけで利用している際に、相手に足跡や通知でバレることはあるのでしょうか?

これに関しては、投稿に対して「いいね」やコメントを付けない限り、自分がツイートを覗いている事実が相手にバレることはないと言ってよいでしょう。

そもそも、Twitterには、プロフィールやツイートにアクセスしたユーザーの記録を保存する足跡機能は実装されていません。たまに、足跡がわかるアプリがあるという噂を耳にすることがありますが、個人情報を盗み取るためのスパムアプリである可能性が高いので気をつけてください。

加えて、ユーザーが投稿を閲覧するたびに通知が届く機能があったとしたら、端末がお知らせでいっぱいになってかなり迷惑ですよね。以上のことからも、今後もツイートを見るだけで利用していたとしても、足跡や通知で相手に知られるようになる確率は極めて低いと考えられます。

見るだけでも便利で楽しめる

Twitterには、見るだけでも楽しいツイートがたくさん投稿されています。SNSが苦手だったとしても、アカウントを作らなくても閲覧できるので、暇つぶしに覗いてみるのもよいと思います。

また、Twitterは世間を騒がせているニュースや災害情報などを把握するのにも役立つツールです。不特定多数の個人とネットで関わるのは怖いけど、トレンド情報について知りたい人たちは見るだけで利用する方法を使ってツイートを閲覧してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる