TwitterのDMで相手を不快にさせない3つの話しかけ方を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitterでは、ツイートと返信以外にもDM(ダイレクト・メッセージ)を使って、ユーザーと交流している人たちがたくさんいます。とはいえ、アカウントを登録して間もない方たちからすれば、DMの送り方について迷いますよね。

実際のところ、TwitterをはじめとするSNSでは、日常生活では関わったことのない相手と文章を使ってコミュニケーションを取ることが多いので、ちょっとしたことで誤解が生まれやすいと言えます。

果たして、どのようなことを意識してDMを送信すればよいのでしょうか?

この記事では、TwitterのDMで相手を不快にさせない3つの話しかけ方について解説しています。

Twitterを利用している人たちのお役に立てば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • TwitterのDMで相手を不快にさせない話しかけ方について考えるきっかけになる。
  • 相手に迷惑をかけないために意識すべきことがわかる。
  • 気になるユーザーと仲良くなれる可能性がある。 
目次

TwitterのDMで相手を不快にさせない3つの話しかけ方

さて、TwitterでDMを送る際は、どのような話しかけ方を心がけるべきなのでしょうか?

一概には言えませんが、TwitterのDMを送る際に相手を不快にさせない話しかけ方としては、大きく3つのポイントがあると考えられます。

TwitterのDMで相手を不快にさせない3つの話しかけ方

  • 話しかけ方1 短すぎず長すぎないメッセージを送る。
  • 話しかけ方2 相手に対するポジティブな感情を表現する。
  • 話しかけ方3 深夜や早朝など迷惑な時間帯は避ける。

ここでは、それぞれの話しかけ方について説明してきます。

話しかけ方1 短すぎず長すぎないメッセージを送る

第1に、最初にDMを送るときは、短すぎず長すぎないメッセージを送ることをおすすめします。

気持ちだけが先走ってしまうと、ついつい長文のDMを送ってしまいがちです。もちろん、誠実な気持ちであれば、どのような文章でも伝わる可能性があるので、必ずしもだめだと決め付けることはできません。

とはいえ、よく知らない相手からスクロールしないと読めないような量のDMがいきなり送られてくると、驚きのあまりに無視してしまうユーザーも少なからずいるはずです。

また、文章の内容が多岐に渡ると、返信内容を考える負担が大きくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

加えて、「はじめまして」や「こんにちは」などの短文のみを送っても、「どのように返信すればよいのか?」と反応に困ってしまう人たちもいます。それに、個性が感じ取りづらい定型文を送ってしまうと、近年、増加傾向にあるスパムアカウントからのメッセージと勘違いされるおそれもあるので気をつけてください。

以上のことを踏まえて、相手にDMで話しかけるときは、スクロールせずに一目で読める程度の内容にまとめましょう

なお、DMを読みやすくするために、意味のまとまりごとに改行するのも有効なので試してみてください。

話しかけ方2 相手に対するポジティブな感情を表現する

第2に、相手に対するポジティブな感情を素直に表現するのもよいでしょう。

特に、Twitterで情報発信を積極的に行っているユーザーならば、ツイートの内容を褒められて、嫌な気持ちになる人はほとんどいないはずです。

例えば、「〇〇さんの投稿に共感しました!」や「〇〇さんのツイートでたくさんのことを気づかされました!」といった前向きな気持ちを受け取ると、「自分の投稿がだれかの役に立っていて嬉しい」といった気持ちになるのは自然なことだと考えられます。

ただし、過剰な表現は禁物です。具体例で言えば、「あなたのツイートに毎日救われています。毎日、祈るようにしてツイートを見ています。これからもあなたのツイートを楽しみにしています。本当にありがとうございます」といったDMがいきなり送られてきたら、その内容が事実だったとしても、ちょっと怖いですよね……。

また、現実離れした「ほめ殺し」もかえって、「相手に馬鹿にされている」と捉えてしまう人たちもいるので気をつけてください。文章の受け取り方は人それぞれで違うため、一概に評価できませんが、自分が感じた相手の良いところをシンプルかつ自然な文章にして伝えることを推奨します。

話しかけ方3 深夜や早朝など迷惑な時間帯は避ける

第3に、深夜や早朝など相手が寝ているかもしれない時間帯は迷惑になるので避けましょう。

どんなに素敵なメッセージをもらっても、タイミングが悪いと効果は薄れてしまいます。例えば、深夜3時に送られてきたDMで目が覚めてしまったら、「せっかく寝付けたのに最悪……」と気分を害する人たちもいるでしょう。

一般的に考えても、緊急の場合を除いて、寝ている時間帯にLINEや電話で連絡するのは憚られますよね。

それと同様に、相手がDMを閲覧しやすい時間帯を意識して話しかけるのがマナーとしても大切だと思います。

とはいえ、仕事の種類によって昼夜逆転など生活リズムに違いがあるかもしれないので、相手のライフスタイルに応じて適切な時間帯で話しかけるように心がけましょう。

話しかけ方の例

以上のポイントを踏まえた上で、実際の話しかけ方の文章を参考として紹介します。

TwitterでDMで話しかける方法の例

はじめまして、いきなりのDM、失礼します!

〇〇さんのツイートを読ませてもらって、いつも元気もらっています!

私も××について興味があって、〇〇さんの仰ることにとても共感しています。

もしよかったら、これからも仲良くしてください!

シンプルな内容ではありますが、最初はあまり内容を詰め込みすぎないほうがよいかもしれません。

もちろん、実際に話しかける際の表現には答えはないので、受け取る側の気持ちを想像して、真心を込めたDMを送信しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる