LINEの通話が勝手に切れる5つの原因と対処法【2022年版】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

近年、キャリアの電話番号よりもLINE(ライン)を使って電話している人たちもいるはずです。実際、インターネットにさえ接続できれば、通話料が不要なので圧倒的にお得ですよね。しかしながら、LINEでコミュニケーションを取っているときに、いきなりアプリが終了して電話ができなくなることがあります。

一回ならともなく、何度も同じトラブルが起きると、電話が強制的に切れてしまう要因が気になりますよね。この記事では、LINEの通話が勝手に切れる5つの原因と対処法を解説しています。LINEの電話機能を頻繁に活用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEの通話が勝手に切れる原因と対処法が明らかになる。
  • LINEを使用した通話環境が安定する。
目次

LINEの通話が勝手に切れる5つの原因

さて、LINEで通話している際に、勝手に切れてしまうのはどうしてなのでしょうか?

その原因は大きく5つあると言ってよいでしょう。

ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

原因1 インターネット接続が不安定である

第1に、インターネット接続が不安定であることが原因で通話が強制的に切れてしまった可能性があります。

例えば、キャリアで契約しているプランで使用可能な通信量を超えている場合、端末に速度制限がかかってしまいます。もちろん、インターネットが全く使えなくなるわけではありませんが、必要最低限度のサービスしか使用できない状態になると言っても過言ではありません。

すなわち、一定の通信量を要するLINEの通話に制限がかかったスマホでは対応できないおそれがあるのです。もし、LINEの通話が何度も途絶えてしまうようであれば、通信量の使用状況を一度確認してみることをおすすめします。

原因2 LINEに不具合が発生した

第2に、LINEに不具合が発生していることが原因で通話が切れてしまうと考えられます。

LINEもITを基盤とするシステムである以上、バグの発生を避けることができません。これに関しては、LINEが開設しているTwitterのアカウントを確認することを推奨します。

また、Twitterの検索エンジンで「LINE 通話 切れる」などの関連キーワードを入力して、自分と同じようなトラブルをリアルタイムで体験しているユーザーの投稿を見つけてみましょう。実際に、複数のツイートがある場合、LINEのバグが原因である可能性が高いと判断できるでしょう。

とはいえ、これに関してはLINEを運営する企業が改善措置を終えるまで待つしかないのが実情です。

原因3 アプリのバージョンが古い

第3に、LINEアプリのバージョンが古いことが原因であると推定されます。

LINEでは新機能の追加に加えて、バグの修正を反映するために、アプリを定期的にアップデートしています。そのため、古い状態で使い続けていると、不具合が起こりやすくなるので気をつけてください。

特に、手動でアプリを更新している人たちは最新版にアップデートしそびれているおそれがあるので、それぞれの端末でLINEのバージョンを確認してみることを推奨します。

原因4 フリーWi-Fiに接続してしまった

第4に、フリーWi-Fiにログインせずに接続してしまったことで通話が強制的に切れたのかもしれません。

近年、日本国内では、至る所にフリーWi-Fiが設置されるようになりました。実際に、都心部などの人が集まるような場所では、スマホやPCでWi-Fiの受信ボタンをオンにしてみると、数え切れないほどの回線が検出されますよね。

けれども、フリーWi-Fiに繋がると、それまで使用していた回線が使えなくなってしまうので、インターネットが一時的に使えなくなることがあります。LINEで通話していた際に、急に音が聞こえなくなる原因のひとつでもあるので、大事な相手と電話しているときはくれぐれも気をつけてください。

原因5 間違って通話オフのボタンを押した

第5に、ほっぺたやスマホを持っている手で間違って通話オフのボタンを押した可能性もあるでしょう。

スマホの画面は指がちょっと触れただけでも反応します。そのため、LINEで通話しているときに誤って通話を切るボタンを押してしまうおそれがあるわけです。

LINEの通話が勝手に切れてしまうときの対処法

以上の原因を踏まえたうえで、LINEの電話が切断されてしまうときには、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、3つの対処法があると考えられます。

以下より具体的なやり方について紹介していきます。

方法1 通信環境が良い場所でかけ直す

はじめに、通信環境が場所でLINEの電話をかけ直しましょう。

通常、この方法で通話が勝手に切れてしまう問題は解決すると考えられます。

もし、自分が今いる場所のインターネット通信速度について調べたい場合は、Google検索で「インターネット速度テスト」と調べて、トップに表示される「速度テストを実行」のボタンを押してください。

インターネット速度テスト
インターネット速度テスト

通信環境が良好である場合は「インターネット速度は非常に高速です」というメッセージが表示されるので、それを確認できたときは問題がないと判断できるでしょう。

方法2 アプリを最新版にアップデートする

続いて、LINEのアプリを最新版にアップデートしましょう。

iPhoneあるいはAndroidのアプリストアを確認して、新しいバージョンの有無を確認してみてください。

なお、手動で更新している人は自動更新に切り替えることを推奨します。

方法3 Wi-Fiの受信ボタンをオフにする

終わりに、スマホまたはPCでWi-Fiの受信ボタンをオフにしましょう。

それによって、フリーWi-Fiに勝手に接続して、端末がオフラインになることを防止できます。

設定方法は使用している端末の種類に応じて異なるので、Google検索で「機種名 Wi-Fiオフ」のキーワードで調べてみましょう。それでも、やり方がわからない場合はメーカーが設置しているカスタマーサポートに問い合わせてみてください。

接続環境を整えよう

LINEの通話が勝手に切れてしまう最大の原因はインターネット環境の不安定さにあると言ってよいでしょう。そのため、通信接続が良好な環境でかけ直せば、LINEの電話に関するトラブルは基本的に解決するはずです。

プライベートな利用ならともかく、重要な打ち合わせでLINEの通話機能を利用している場合は、電話をかける前に接続環境を整えておくことをおすすめします。

LINEの通話が勝手に切れる5つの原因と対処法【2022年版】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる