インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

インスタで大量に投稿をアップロードする際に、フォロワーのタイムラインを荒らさないために写真を非表示にしたいと考えている人たちもいると思います。

実際のところ、インスタで自分の投稿をタイムラインに表示したくないときは、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法を解説しています。他人には見せたくないけれども、日々の記録として写真を保存しておきたい人たちは活用してみてください。

本記事を読んで得られること

  • インスタのタイムラインに自分の投稿を表示させない方法がわかる。
  • フォロワーが大量の投稿を目にして不快な気持ちになることを防止できる。
  • 投稿方法を使い分けることでインスタの運用が上手になる。
目次

インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法

さて、インスタのタイムラインで自分の投稿を表示させないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、アーカイブ機能を使うことで投稿をタイムラインから除外できます

具体的な方法は次のとおりです。

インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法

  • ステップ1 投稿した写真の右上にある「…」をタップする。
  • ステップ2 「アーカイブする」を選択するとタイムラインが投稿が消える。
インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法
インスタのタイムラインで自分の投稿を表示しない方法

なお、アーカイブした投稿は自分のギャラリーにも映らなくなるので注意してください。投稿を閲覧したいときは、プロフィールページの右上にある三本線をタップして、「アーカイブ」を選択すると見れます。

自分以外のユーザーがアーカイブした投稿を閲覧することはできないため、コメントやいいねが付くこともありません。その意味では、自分だけが見るための日記的な活用ができると言ってよいでしょう。

非表示に設定した投稿を元に戻すやり方

とはいえ、投稿を間違ってアーカイブしてしまうこともありますよね。

その場合は、どのようにして元に戻せばよいのでしょうか?

一度、非表示に設定した投稿を元に戻すやり方は次のとおりです。

非表示に設定した投稿を元に戻すやり方

  • ステップ1 プロフィールページの右上にある三本線を選択する。
  • ステップ2 「アーカイブ」を選択する。
  • ステップ3 再表示させた投稿を選択する。
  • ステップ4 右上の「…」をタップする。
  • ステップ5 「プロフィールに表示」を選ぶと再び表示できる。

ただし、アーカイブしてから長期間が経過している場合、すでに大量の投稿がタイムラインにアップされているので、元に戻したところでフォロワーが閲覧する可能性は極めて低いと考えられます。

タイムラインに自分の投稿を表示させないメリット

改めて、タイムラインに自分の投稿を表示ないメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは大きく3つの長所について説明していきます。

タイムラインに自分の投稿を表示させないメリット

  • メリット1 フォロワーのタイムラインを荒らさずに済む。
  • メリット2 自分だけの記録としてインスタを活用できる。
  • メリット3 相手からの反応を気にせず投稿できる。

メリット1 フォロワーのタイムラインを荒らさずに済む

第1に、フォロワーのタイムラインを荒らさずに済むというメリットがあります。

例えば、長期の旅行にいったときに大量に撮影した写真をまとめてアップすると、一時的にタイムラインがあなたの投稿で溢れてしまう人たちがいます。ユーザーのなかには迷惑に感じる人たちもいるかもしれません。

けれども、投稿をアーカイブして非表示にすれば、そのような心配はありません。

メリット2 自分だけの記録としてインスタを活用できる

第2に、自分だけの記録としてインスタを活用できるというメリットがあります。

繰り返しになりますが、自分以外のユーザーはアーカイブされた投稿を閲覧できません。

したがって、スマホで撮影した写真を保存する日記のような形式で使うことが可能になるわけです。

メリット3 相手からの反応を気にせず投稿できる

第3に、自分の投稿がタイムラインに表示されない以上、相手の反応を気にせずに写真をアップできるようになるという利点があると言えます。

インスタをはじめとするSNSを使っている人たちならば、他人からの評価を少なからず意識しているはずです。

実際のところ、「このような投稿をしたら変な人だと思われるかもしれない……」という写真をアップロードする人はほとんどいないでしょう。しかし、だれにも見られることがない以上、自分が気に入った好きな投稿ができるようになるわけです。

タイムラインに投稿を表示させないデメリット

一方、タイムラインに投稿を表示させない設定にはデメリットもあります。

具体的には、次に挙げる2つの短所があると考えられます。

タイムラインに投稿を表示させないデメリット

  • デメリット1 いいねやコメントが付かない。
  • デメリット2 乗っ取りで見られたくない写真が流出する。

ここでは、それぞれのデメリットについて紹介していきます。

デメリット1 いいねやコメントが付かない

第1に、投稿がタイムラインに出てこなければ、フォロワーからいいねやコメントを付けられることはありません

そのため、アップロードした写真に対する評価は分からないままです。

加えて、第三者と投稿を介したコミュニケーションも発生しないので、インスタ上に写真をただ保存しているだけです。

その意味では、Googleドライブなどのクラウドにデータを保存する行為と同じことであると言えます。

デメリット2 乗っ取りで見られたくない写真が流出する

第2に、アーカイブした投稿は自分以外からは見られないからといって油断していると、ハッカーにアカウントを乗っ取られた場合、他人に見られたら困る写真が流出してしまうおそれがあります

インターネットにデータがアップロードされる以上、いくらセキュリティが強化されているとはいえ、それが何らかの手段で盗まれてしまう危険性がないとは言えません。

とりわけ、芸能人や知識人などの有名なインスタグラマーは、1枚の写真をきっかけに仕事がこなくなってしまうおそれがあるので、くれぐれも注意してください。

見られたくない写真の投稿は控えよう

繰り返しになりますが、アーカイブ機能を使えばタイムラインに自分の投稿を表示させないことができるとはいえ、インターネットの世界に写真をアップロードする以上、外部に流出してしまう可能性は決して0ではありません。

その意味では、他人に見られて困るような写真を投稿しないほうがよいと思います。それぞれの機能の使い所を見極めて、インスタを楽しく活用しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる