既読スルーされたら実行すべき男女共通で使える6つのテクニック

URLをコピーする
URLをコピーしました!

LINEをはじめSNSのチャット機能には、相手が内容を閲覧したことを知らせる既読機能が付いています。そのため、友達や好きな人が自分の送ったメッセージを読んだことがわかってしまうので、「既読が付いているのにもかかわらず連絡が来ない」と悩んでしまう人たちがいるわけです。

言うまでもなく、だれだって無視されるのは快く思いませんよね。とはいえ、実際に、彼氏や彼女、気になる人から既読スルーされたときは、どのようにコミュニケーションすればよいのでしょうか?

この記事では、既読スルーされたら実行すべき男女共通で使える6つのテクニックを解説しています。SNSの既読無視で悩んでいる人たちのお役に立てば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • 既読スルーされたときに実行すべきテクニックを学べる。
  • 自分を取り巻く人間関係について考えるきっかけになる。
目次

既読スルーされたら実行すべき男女共通で使える6つのテクニック

さて、LINEなどのチャットで相手から既読無視されたときは、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく6つのテクニックがあると考えられます。

一概に有効であるとは言えませんが、男女共有で使える既読スルーの対策なので試してみてください。

電話をかけてみる

第1に、相手が彼氏や彼女、あるいは友人などの親しい間柄であるならば、思い切って電話をかけてみましょう

実際のところ、既読スルーの理由は本人にしかわからないので、「どうして無視されてしまったのだろう……」と一人で悶々と悩み続けても、あまり意味がないと思います。おそらく、「相手から嫌われたのかもしれない」と悪いことばかりを想像して、ネガティブな気持ちになってしまうのではないでしょうか。

けれども、既読無視している人たちからすれば、仕事で忙しかったのかもしれないし、風邪を引いて寝込んでいたのかもしれません。要するに、既読スルーは必ずしも「無視しよう」という意思の現れとは限らないのです。

だからこそ、他者の心理を自分の思い込みで勝手に決めつけるのではなく、何事もなかったかのように電話してみるのがよいでしょう。「メッセージが返って来なかったから、心配で電話したんだ、ごめんね」と一言伝えれば、あなたに対して嫌悪感を持っていない限り、相手の方からも「連絡を返せなくてごめんね」と謝罪の返答がくるはずです。

なお、電話に出ず、折り返しの連絡も来なかった場合、何かしらの緊急事態が発生しているおそれがあります。その場合は、共通の知人に連絡を取ってもらいましょう。もし、その人には連絡をちゃんと返している場合、本人にあなたを無視する意思があるのかもしれません。

しばらく時間を置いて別な話題でメッセージを送る

第2に、しばらく時間を置いて別な話題でメッセージを送るのもよいでしょう。

特に、メッセージを既読無視するつもりはなかったけれども、何らかの理由があって返信できなかった場合、相手が気まずさを感じていて、連絡できていない可能性もあります。

したがって、1週間〜2週間くらい経過してから、全く別な話題で連絡してみるのもよいと思います。メッセージの内容としては、相手が返答しやすい挨拶と質問を組み合わせたものがおすすめです。

例えば、「おはよー! Netflixの浅草キッドめっちゃ面白かった! 見た?」などのようなイメージです。軽い内容であれば、相手も過去に既読無視したことに対して罪悪感を抱くことなく、返答しやすいのではないでしょうか。

ただ、時間を置いてから送付したメッセージさえも既読スルーされた場合は、あなたと会話する気がないと判断してもよいのかもしれません。その人が恋人や友人ならショックを受けてしまうかもしれませんが、人生に別れは付きものです。

去る者に支配されて貴重な時間を無駄にするのではなく、今よりも魅力的な自分になるための努力をして、お互いに幸せを育み会える新しい恋人や友人を探してみましょう。

グループを作って連絡してみる

第3に、共通の知人を含んだグループを作って連絡してみるのもよいと思います。

本人と知人がそれなりに仲が良いのであれば、メッセージが返ってきやすいと考えられます。

1対1の会話を弾ませるきっかけをつかめていないときは、複数人の会話を活用して、お互いを知る機会を作ってみると相手も打ち解けやすくなるのではないでしょうか。

あるいは、飲み会や映画鑑賞などイベントを考えて、好きな人を含む複数の知人を誘ってみるのもよいかもしれません。

労いのギフトを贈ってみる

第4に、労いのギフトを贈ってみるのもよいでしょう。

LINEには、相手にプレゼントを贈るギフトサービスが実装されています。もし、相手の好みを知っているなら、気軽に受け取れるスイーツやスタバなどのカフェテリアで使える引換券がおすすめです。

贈り物が決まったら、「いつもお疲れさま! 甘いものをプレゼント!」や「いつもありがとう!ほんの気持ちです!」などの重すぎない程度でメッセージを添えてみしょう。日頃、余裕がなくて疲れている人たちからすれば、自分のことを思いやってくれるのは嬉しいことのはずです。

一括りに決めつけることはできませんが、あなたの優しさを無碍にするようであれば、相手の人間性に少なからず問題があると思ったほうがよいでしょう。

もっと言えば、自分を苦しませ続ける人たちとは縁を切ったほうが賢明です。「人に優しくしたほうがよい」という道徳感情は大切ですが、それを目の前に存在している現実を無視する口実にするのはよくないのではないでしょうか。

もちろん、恋心や友情を大切にしたいという気持ちはよく理解できます。けれども、相手が関わりを望んでいない以上、無理にコミュニケーションを取ろうとしてもうまくいきません。辛いかもしれませんが、現時点では修復不能な人間関係があることを勉強したと思って次に進むしかないのです。

SNSの更新をチェックする

第5に、相手が意図的に既読スルーしていることを確かめたいのであれば、SNSの更新をチェックしてみましょう。

もし、Twitterでツイートを投稿していたり、インスタで写真をアップロードしていたりするのであれば、あなたのメッセージを無視している可能性が高いと言えます。

とはいえ、自分が明らかに無視されている事実を把握するのはかなり苦しいことに違いありません。その意味では、SNSを確認する際は、ある種の覚悟が必要です。「知らぬが仏」という諺もあるように、知らないほうが幸せなこともあります。

とりわけ、好きな人のことは気になるかもしれませんが、恋愛が成就するまでの間で諦めの気持ちになるようなリスクのある行為は控えたほうが前向きにコミュニケーションを継続できるといった考え方もあるでしょう。

「恋は盲目」と言われるように、一喜一憂するのが恋愛です。だからこそ、アップダウンが生まれるような情報からは距離を取るのもひとつの選択肢です。

相手との関係を見直す

第6に、既読スルーされたときは、相手との関係を見直すことも有用です。

すなわち、人との付き合い方を変える良い機会と捉えるわけです。具体的に言えば、特別な事情がないのにもかかわらず、「連絡を無視する相手と信頼関係を築くことはできるのか?」を自分に問いかけてみましょう。

これに関しては、個々人の性格によって答えが異なると思います。既読スルーが気になる人たちからすれば、そもそも連絡がマメではないタイプの方たちとの友好的な交友関係が成立しづらいと考えられます。したがって、これを機会に距離を置くのも選択肢のひとつです。

我慢して付き合うことも大切ですが、それは長続きしません。むしろ、既読無視でイライラしてしまう自分を押さえ込もうとしても、いずれどこかで感情が爆発してしまうのではないでしょうか。加えて、愚痴を言う時間が多いほど、惨めな気持ちになる人たちもいるはずです。

残念ながら、自分の思い通りに振舞う人たちなんてほとんどいないのが現実です。そのため、現実社会では、相性の良くない人との交流は避けられないと言ってよいでしょう。しかし、だからこそ、自分で選択できる範囲で明らかに合わない人と関係を継続することに関しては考え直したほうがよいのかもしれません。

LINEが苦手な人もいる

なお、LINEをはじめチャット機能はメールと違って次から次へとメッセージのやり取りをしなければいけないので、うまく使いこなせないという人たちもいます。特に、相手の気持ちを想像する力に長けている人や文章を作るのが苦手な人は、LINEでのやり取りそれ自体が負担になってしまうこともあるでしょう。

その意味では、悪意があるわけではないけれども、既読スルーしてしまうといったことも起こり得るわけです。そこを考慮することなく、「既読無視=本人が意図的に無視している」と決めつけてしまうと、相手とのすれ違いはより一層、深刻化するのではないでしょうか。

何事も思い込みは禁物です。他人のことは他人にしかわかりません。自分の想像で勝手に自暴自棄になるような生き方をしていれば、知らぬ間に孤独な人生になってしまうでしょう。もちろん、人間関係には相性もあるので、自分が安心する人たちとの絆を選択的に深めることも大切です。

いずれにしても、既読スルーを介してSNSや日常生活における人付き合いのあり方を見つめ直してみるのもよいのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる