LINEが1日たっても既読にならない5つの理由|脈なしなのか?

好きな人とLINE(ライン)のやり取りをしている際に、急に既読が付かなくなると不安になりますよね。数時間ならまだしも、1日が経過しても既読にならない場合、「嫌われてしまったのかな?」と想像して落ち込む人もいるかもしれません。改めて、LINEが1日たっても既読にならないのはどうしてなのでしょうか?

この記事では、LINEが1日たっても既読にならない5つの原因を考察しています。また、「LINEが返ってこないのは脈なしなのか?」という疑問に関する考え方もまとめているので、LINEを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEが1日たっても既読にならない理由について考えるきっかけになる。
  • 「好きな人から既読がつかない場合に脈なしなのか?」という疑問が解決する。
目次

LINEが1日たっても既読にならない5つの理由

さて、LINEでメッセージを送ってから1日たっても既読にならないのは、どうしてなのでしょうか?

その理由は大きく5つあると考えられます。

ここでは、それぞれの原因について紹介していきます。必ずしも当てはまるわけではありませんが、相手の状況を考えるのに参考にしてみてください。

原因1 仕事や勉強で忙しい

第1に、仕事や勉強で忙しいことから既読にならなかったと考えられます。

特に、受験を控えていたり、職場が繁忙期に入っていたりする場合は、相手がLINEを確認する余裕がないことから、1日が経過してもメッセージを見れずに既読がつかないといったことは十分にあり得る話です。

もちろん、数分の時間がない人はいないので連絡くらい返せると苛立つこともあるかもしれませんが、時間があったとしても心理的な余裕がない場合、人によってはメッセージを返せないこともあるはずです。

特に、模擬テストやプレゼンの準備など、集中力が必要なことに携わっている場合、「今はそっとしておいてほしい」と感じることもあるのではないでしょうか。状況は相手によって異なるので、自分の都合ばかりを押し付けないように注意しましょう。

原因2 だれかと過ごしている

第2に、恋人や友達、家族などのだれかと過ごしていることから、LINEを見ていないのかもしれません。

時間の使い方は人それぞれです。自分に用事があって連絡したとしても、相手はプライベートで休養を取っている可能性があります。とりわけ、仕事と自分の生活を分けて考えている人たちは休みの日に上司や同僚と連絡を取りたくないのではないでしょうか。

より具体的に言えば、好きな人と過ごしている時間をだれにも邪魔されたくないと、あえて連絡を返さない人もいるわけです。あるいは、今日は家族との時間を大切にしようと、スマホを見ないようにしている社会人もいるでしょう。いずれにしても、時間には限りがあるので、LINEの連絡を優先しない人もいることに留意しておきましょう。

原因3 スマホを紛失した

第3に、スマホを紛失したことが原因である可能性があります。

MAMORIO株式会社が10代〜60代の男女2125人に落とし物に対する意識調査アンケートを実施した結果、スマートフォンは第3位という結果が出ました。すなわち、スマホをなくすのは決して珍しいことではないわけです。

近年では、代替機を貸している携帯ショップもあるので、すぐに連絡が取れるようになるはずですが、交番に行ったり、落とした場所を探したりするなど、やらないといけないことがたくさんあるので、LINEを返す余裕がない人がほとんどなのではないでしょうか.

原因4 アカウントを乗っ取られている

第4に、LINEのアカウントを乗っ取られたことが原因で既読がつかないと推定されます。

近年では、SNSのアカウントを盗む不正アクセスの事件が多発しています。膨大な個人情報を含んでいることから、それらを悪用して詐欺を働く人たちもいるわけです。無論、LINEも例外ではありません。実際、アカウントが乗っ取られてしまうと取り返せないことが多いので、新しくLINEを登録し直す人たちもいるはずです。

そうなれば、既読がつくまでには1日以上の時間がかかることが予想されます。加えて、盗んだアカウントで本人になりすまして友人から金銭を奪い取ろうとする悪質な事件も起こっているので、無闇に送金しないように気をつけましょう。

原因5 トラブルに巻き込まれた可能性がある

第5に、病気や交通事故などのトラブルに巻き込まれた可能性があるでしょう。

事故は突然起こるものです。自分がどんなに注意していたとしても、周りの人たちのミスで被害を受けてしまうこともあります。あるいは、病気で具合が悪くなって、LINEを見れる状況にない人たちもいるはずです。

なかには、急に連絡がこないと「何か起きたのではないか?」と心配になる人もいるかもしれませんが、緊急の場合に備えて自分にできることがあれば協力するのも大切なことです。

とはいえ、まずは、相手の家族に状況を確認したほうがよいでしょう。自分で先手を打とうとした結果、空回りして迷惑をかけてしまうおそれもあります。状況を見極めて一人で抱え込まないように、周りを頼りながら対処することを推奨します。

好きな人の場合は脈なしなのか?

なお、好きな人が1日以上、LINEに既読を付けない場合、脈なしと考えたほうがよいのでしょうか?

結論から言えば、必ずしも脈なしとは言えません。なぜなら、相手の状況次第では、連絡を返したくても返せないときがあるからです。その意味では、他人の気持ちを勝手に推察するのは早計な判断を生み出してしまうおそれがあるので、くれぐれも注意してください。

とはいえ、相手が好きだからこそLINEの反応によって一喜一憂するのも自然なことです。傷つきやすい心の持ち主であるならば、好きな人から返信が送られてくるスピードは気になりますよね。しかし、自分の都合ばかりを中心にして感情の起伏に支配されていると、相手は付き合ったら苦労すると感じてしまうかもしれません。

だからこそ、まずは事実を認識して、相手がLINEを返せない理由を理解することが大切です。もちろん、故意に連絡を返していない場合は、思い切って新しい恋愛を探したほうよいこともあるでしょう。

焦らずに対応しよう

LINEが全く返ってこないと、だれだって心配になりますよね。けれども、焦って、ネガティブな想像を膨らませてしまうと、思わぬ誤解を招いてしまうことがあるので注意してください。

まずは、相手の状況に関する事実を適切に把握することが大切です。冷静になって、「今、自分がどのように対応するのが相手のためになるのか?」を考えてみましょう。

LINEが1日たっても既読にならない5つの理由|脈なしなのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次