LINEでミュージックを設定してる人の心理5選|設定してないのはなぜ?

LINE(ライン)では、自分の好きなBGMをプロフィールに設定することができます。

とはいえ、そもそもLINEでミュージックを設定することに意味を見出せずに全く利用していない人たちもいます。実際のところ、BGMを登録していない人たちからすれば、音楽を追加しているユーザーの気持ちに対する疑問も多いことでしょう。

しかしながら、LINEで音楽を登録している人たちにも、何かしらの理由があるはずです。果たして、そこには一体どのような意図が隠れているのでしょうか?

この記事では、LINEでミュージックを設定してる人の心理5選を解説しています。また、逆にLINEで音楽を登録していない人たちの理由についても考察しているので、LINEのBGM機能について興味のある人たちの参考になれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • LINEでミュージックを設定してる人の心理を考えるきっかけになる。
  • LINEでミュージックを設定してない人の気持ちを考察できる。
目次

LINEでミュージックを設定してる人の心理5選

さて、LINEでミュージックを設定している人は、どのような心理状態なのでしょうか?

一概には言えませんが、LINEでミュージックを設定している人たちには、大きく5つの理由があると考えられます。ここでは、それぞれの意図について説明していきます。

心理1 自分の感情を音楽で表現したい

はじめに、自分の感情を音楽で表現したいという心理があると考えられます。

「No music No life」という言葉があるように、私たちの生活で音楽は欠かせない文化的な財産です。日々、刻々と変化する感情に合わせて歌を楽しむこともあれば、落ち込んだときに自分を励ますためにミュージックを流す人たちもいるでしょう。

いずれにしても、音楽には自分の感情を表現したり、動かしたりする力があります。この性質を活かして、LINEでBGMを設定している人たちは、その歌で今現在の自分が抱いている気持ちを表しているのかもしれません。言葉ではうまく伝えられなくても、音楽なら感情を表現できることがあるわけです。

心理2 だれかにかまってほしい

続いて、だれかにかまってほしいという気分である可能性があります

例えば、自分が失恋して寂しいとき、他人に気にかけてもらいたいという気持ちになる人もいるはずです。とはいえ、言葉で直接的に「かまってほしい」と伝えるのは相当な勇気が必要です。

だからこそ、失恋ソングをLINEのミュージックとして設定して、「だれかに気づいてほしい」という願いを込めているのかもしれません。もし、友達が恋が失われる切ないラブソングをLINEのBGMにしていた場合、メッセージを送って、話を聞いてあげるのもよいでしょう。

心理3 大好きなアーティストを応援している

続いて、大好きなアーティストを応援するために、LINEのミュージックを設定していると推定されます。

特定のアーティストを推しているファンたちは人生を懸けて彼らが成功することを祈っています。みなさんの知り合いにも、アルバイトしたお金のほとんどをアーティストを応援するために使っている人たちがいるはずです。周りからすれば信じられないかもしれませんが、心の底から他人を真剣に応援できるのも素敵なことです。

そして、熱烈なファンのなかには、少しでも多くの人たちにアーティストの存在を知ってほしいと自ら積極的に啓蒙活動に勤しんでいる人もいます。すなわち、LINEのミュージックに設定することで、そのアーティストが制作した音楽を聞く人が増えるかもしれないわけです。もはや、布教活動であると言っても過言ではありません。

心理4 仲の良い友達に影響されている

続いて、仲の良い友達がLINEでミュージックを設定していたことから影響を受けたと考えられます。

具体例を挙げると、クラスメートやグループの間でLINEでミュージックを設定するのが一時的に流行している場合、それに合わせて自分でも音楽を登録するということがあるわけです。若い頃は、その場のノリで友達と何かを一緒にやるというのは自然なことであると言って良いでしょう。

しかしながら、勢いで生まれた行動には強い思い入れはないことがほとんどです。したがって、ちょっと時間が経過すれば、何事もなかったようにLINEで登録した音楽を消す人たちもいるでしょう。

心理5 気分を転換したい

最後に、今の気分を転換したいという心理なのかもしれません

LINEのアカウントは自分の個性を表現する場として機能することがあります。すなわち、自分を象徴するアカウントの内容が変更されることで、自らの心理状態にも変化が起きる気がするときがあるわけです。

例えば、最近、気分が落ち込んでいるときはパッと明るい元気なミュージックを設定したり、恋をしたいときは出会いに恵まれそうなラブソングを登録したりするなど、ある種の願掛けのようにLINEのBGMを使っている人たちもいるのではないでしょうか。

LINEのミュージックを設定していないのはなぜ?

その一方で、LINEでミュージックを設定してない人たちもいます。

そこには、一体どのような心理があるのでしょうか?

一概には言えませんが、次に挙げる3点が主な理由であると考えられます。

LINEでミュージックを設定してない人の心理

  • その1 そもそも音楽に興味がない。
  • その2 LINEでミュージックをBGMを設定する方法がわからない。
  • その3 LINEでBGMを設定する理由や意欲がない。

基本的に、LINEでミュージックを設定してる人はしていない人よりもはるかに少ない傾向にあります。これに関しては、みなさんもLINEの友達一覧を見れば、音楽を設定していない人をほうが多いことがわかるはずです。もちろん、その理由を一概に論じることはできませんが、現時点でLINEのアカウントで音楽を流す設定は当たり前と言えるほど定着していないのが実情です。

ミュージックを設定する理由は人それぞれである

とはいえ、世の中には理由がないこともたくさんあります。実際は、ただ何となくLINEで音楽を設定した人もいれば、設定していない人もいるわけです。「物事には必ず理由がある」と思う人たちもいるかもしれませんが、それは納得したい側の問題であることも少なくありません。

その意味では、LINEでミュージックを設定している人の心理を最初から決めつけるのは禁物です。その人の気持ちはその人にしかわからないことを踏まえたうえで、本記事を参考にしてください。

LINEでミュージックを設定してる人としてない人の心理を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次