LINEで非表示の人からメッセージがきたらどうなる?バレる可能性も考察

LINE(ライン)には、友達一覧やトークリストから特定のユーザーを非表示にできる便利な機能が実装されています。例えば、音信不通の人たちを友達リストから消してスッキリしたかったり、身近な人たちに知られたくない会話を隠したりするときに、非表示機能を使ったことのある人たちもいるはずです。

とはいえ、非表示にしたアカウントからメッセージが送信された場合、具体的にどうなるのでしょうか?

この記事では、「LINEで非表示にした人からメッセージがきたらどうなるのか?」という疑問について考察しています。また、相手にバレる可能性や非表示以外の機能を活用する方法も紹介しているので、LINEを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEで非表示にした人からメッセージがきたらどうなるのかがわかる。
  • 非表示にしたことが相手にバレる可能性の有無について学べる。
  • 非表示と同じくらい便利なLINEの機能に関する知識が得られる。
目次

LINEで非表示の人からメッセージがきたらどうなる?

さて、LINEで非表示にした人からメッセージがきたら、どうなるのでしょうか?

これに関しては、大きく3つのことが起きると考えてよいでしょう。

その1 いつも通りメッセージと通知がくる

はじめに、LINEで特定のアカウントを非表示に設定したとしても、いつも通りメッセージと通知は届きます

LINEの非表示機能は、あくまでも友達一覧やトークリストから特定のアカウントを隠すだけの仕組みです。すなわち、メッセージや電話を受信しないように拒否できるわけではないので注意してください。

その意味では、周りの人たちに隠しておきたい関係だったとしても、相手からメッセージを受信したタイミングでトーク一覧に表示されるので、必ずしも秘密にできるとは限りません。身近な人たちに知られると都合が悪い相手との連絡はLINEで行わないほうがよいでしょう。

その2 非表示の人でもLINEを見ると既読が付く

続いて、非表示にした相手から届いたLINEを閲覧してもメッセージに既読が付きます

非表示に設定した人からメッセージが送られてきた時点で、トークリストに再表示されます。すなわち、いつもと変わらずにLINEが届くわけです。

そのため、メッセージを開けば、通常と変わらずに既読状態になるので、気をつけてください。もし、未読の状態で非表示にしたい場合は、メッセージを開かずに非表示の設定を実行しましょう。

その3 友達リストからは消えた状態は続く

最後に、非表示のアカウントからメッセージを受信しても、友達リストからは消えた状態が続きます

相手から届いたメッセージを開いたからといって、非表示リストから自動的に削除されるわけではありません。なお、非表示の設定を解除したい場合は、次の手順で操作してください。

LINEで非表示を解除する方法

  • 手順1 設定を開いて「友だち」の項目を選択する。
  • 手順2「非表示リスト」を選択する。
  • 手順3 非表示を解除したいアカウントの「編集」を選択して「再表示」を選ぶ。
LINEで非表示を解除する方法
LINEで非表示を解除する方法

非表示にしたことは相手にバレるのか?

なお、特定のアカウントやトークを非表示にした場合、相手にバレる可能性はあるのでしょうか?

結論から言えば、非表示に設定した事実が相手にバレることはありません。非表示にした相手が電話をかけてきた場合でも、普通に受信できるので気づかれることはほとんどないと言えるでしょう。

その意味では、自分が気持ち的に少し距離を置きたい相手を非表示にしても、相手に知られて怒られるといった人間関係上のトラブルが起きる可能性はほとんどないので安心してください。

非表示以外に使えるLINEの機能3選

実のところ、LINEでは、非表示機能以外でも相手と距離感を取る方法は存在します。

ここでは、大きく3つの機能について紹介していきます。

機能1 通知をオフにする

第1に、非表示の人からメッセージが届いたときに通知をオフにしておくことで鬱陶しさを緩和できます。

LINEで特定のユーザーからメッセージが送られてきた際に、通知をオフにする方法は次のとおりです。

LINEで通知をオフにする方法

  • 手順1 特定のユーザーとのトークを左から右にスワイプする。
  • 手順2 通知のアイコンをタップする。
LINEで通知をオフにする方法
LINEで通知をオフにする方法

ただし、トークリストにはアカウントが表示されるので注意してください。

機能2 アカウントをブロックする

第2に、相手と関わることが嫌な場合はアカウントをブロックすることもおすすめです。

LINEには、特定のユーザーとの関わりを制限するブロック機能が実装されています。実際に、相手をブロックすると、メッセージや電話がこなくなるので、一方的に関係を断ち切りたいときには便利な仕組みであると言ってよいでしょう。具体的なやり方は次のとおりです。

LINEでアカウントをブロックする方法

  • 手順1ブロックしたい相手のトークを開く。
  • 手順2 右上の三本線をタップする。
  • 手順3「ブロック」を選択して完了。
LINEでアカウントをブロックする方法
LINEでアカウントをブロックする方法

しかし、相手が自分のVOOMをフォローしている場合、タイムラインの閲覧は可能になっています。もし、VOOMを見られたくないときは、アカウントに加えてLINE VOOMでもブロックすることが必要です。

機能3 アカウントを削除する

第3に、相手のアカウントをブロックしてから削除すれば、双方で連絡を取り合うことが不可能になります。

すなわち、LINE上で縁を切る行為であると言ってよいでしょう。ブロックしてから削除することで、相手からの連絡を受け付けることがないので、自分もメッセージや電話をかけることができなくなります。

一時の感情でアカウントをブロック削除すると後悔する可能性が極めて高いので、冷静に対応するように心がけましょう。

メッセージは普通に届く

相手のアカウントを非表示にしてもメッセージはいつも通り届きます。そもそも、非表示機能はあくまでも友達一覧から特定のアカウントを隠すだけの仕組みであるため、メッセージを拒否したり、届いたこと自体を秘密にしたりすることはできないので、くれぐれも注意してください。

以上のことからも、だれにも知られたくない人との繋がりを隠す場合はLINEの非表示やブロック機能を活用するのではなく、複数の端末を使い分けたほうがよいかもしれません。とはいえ、自分の大切な人に隠さないといけない関係を持つのも、家庭内が不健全な状態になってしまうおそれがあるので気を付けましょう。

LINEで非表示の人からメッセージがきたらどうなる?バレる可能性も考察

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次