インスタで複数のアカウントがバレる6つの原因と対処法を解説

インスタでは複数のアカウントを作成できます。みなさんのなかにも、プライベート専用やビジネス専用などの目的に応じてアカウントを使い分けている人たちもいるはずです。

とはいえ、日常生活で関わりのある人たちには絶対に知られたくないマニアックな趣味に関するアカウントを運用している場合、バレるのは怖いですよね。実際のところ、インスタで複数のアカウントを使っているときに、身の回りにいる人たちに知られてしまうおそれはあるのでしょうか?

この記事では、インスタで複数のアカウントがバレる6つの原因を解説しています。また、バレないようにする対処法についても紹介しているので、複数のアカウントを使っている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • インスタで複数のアカウントがバレる6つの原因と対処法がわかる。
  • インスタを安心して利用できるようになる。
目次

インスタで複数のアカウントがバレる6つの原因

さて、インスタで複数のアカウントがバレてしまうのは、どうしてなのでしょうか?

その原因は大きく6つあると考えられます。

ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

原因1 おすすめユーザーに表示される

第1に、おすすめユーザーに表示されることが原因であると考えられます。

インスタには、連絡先やFacebookアカウントを連携している場合、関連度が高いと見込まれる人をおすすめのユーザーとして表示するサジェスト機能が実装されています。

すなわち、自分のインスタで登録している電話番号やメールアドレスを知り合いが電話帳に登録していたり、Facebookで友達と繋がっていたりすると、あなたが運用している複数のアカウントが「おすすめユーザー」として表示されるおそれがあるわけです。

原因2 アカウントを間違えて投稿する

第2に、アカウントを間違えて投稿してしまうことが原因であると推定されます。

インスタのアプリでは、最大5アカウントまで同時に管理できます。

一見すると便利な機能ですが、アカウントを切り替えることを忘れて、メインのアカウントに趣味垢や愚痴垢の投稿をアップロードしてしまうトラブルが起こる危険性があるので、注意しなければいけません。

普段の投稿とは全く系統が異なるものがタイムラインに表示されると、「誤爆かな?」と疑われてる可能性は高いと言えます。勘が優れている人ならば、複数のアカウントを使っていることに気づくでしょう。

原因3 別のSNSで似たユーザーIDを使っている 

第3に、別のSNSで似たユーザーIDを使っていることが原因であると推察されます。

例えば、Twitterとインスタで同じユーザーIDを使っている場合、同一人物のアカウントであることが見破られてしまうおそれがあります。

特に、ユーザーIDを検索すれば、アカウントを検出できるので、本垢とは別のアカウントを見つけられてしまう危険性があるので注意しましょう。

原因4 個人を特定できる情報がある

第4に、プロフィールや投稿のなかに個人を特定できる情報があることが原因かもしれません。

具体例を挙げると、部屋の様子や頻繁に訪れる場所など、自分であることを表現する情報が複数のアカウントで使われている場合、あなたのことをよく知る人だからこそ気づいてしまう可能性があります。

知らず知らずのうちに自分の癖が写真や動画に反映されることもあるので気を付けましょう。

原因5 SNSの特定屋を利用される

第5に、SNSの特定屋を利用されていることが原因である可能性があります。

今やSNSは当たり前のように使われていることから、関連するビジネスがいくつも生まれています。そのなかには、特定のアカウントを運用する個人を特定する商売を始めている人たちもいます。

探偵業をはじめ、個人的に特定屋を営んでいる場合もあります。とはいえ、自分に関連する情報を頼りにして、アカウントを分析するわけですから、自分との関連性が出ないように注意すれば防げるかもしれません。

原因6 ストーリーに足跡をつけてしまう

第6に、知り合いが投稿したストーリーに足跡をつけたことでバレてしまうことがあります

インスタのストーリーは閲覧したアカウントが記録されます。

そのため、知り合いが足跡からあなたが使っているアカウントを見つけてしまうおそれがあります。自分が使っているアカウントが鍵垢だったとしても、足跡は付いてしまうので気を付けてください。

複数のアカウントがバレないようにする対処法

それでは、複数のアカウントをバレないように運用するには、どうすればよいのでしょうか?

その方法は大きく5つあると言えます。

方法1 アカウントを非公開にする

はじめに、アカウントを非公開にすることで複数のアカウントをバレる確率を下げることが可能です。

いわゆる、鍵垢に設定すれば、自分が承認したユーザー以外は投稿を閲覧できません。したがって、フォロー外のユーザーは非公開のアカウントを見つけたとしても、個人を特定するヒントを得られないわけです。

ただし、鍵垢に設定すると、インスタのユーザーと繋がりづらくなるという短所もあるので、注意してください。そのリスクを加味したうえで、鍵垢にするかどうかを判断しましょう。

方法2 おすすめに表示されないようにする

続いて、自分のアカウントがおすすめに表示されないように設定を変更しましょう。

具体的には、次の手順でおすすめのユーザーとして検出されないようにできます。

インスタのおすすめに表示されないようにする方法

  • 手順1 ブラウザ版のインスタを開いて自分のプロフィールにアクセスする。
  • 手順2「プロフィールを編集」を選択する。
  • 手順3「同じようなアカウントのおすすめ」のチェックを外す。
  • 手順4 「送信する」を選択して完了。
インスタのおすすめに表示されないようにする方法
インスタのおすすめに表示されないようにする方法

インスタのアプリからはおすすめを非表示にする設定にできないので注意してください。

方法3 アカウントを確認する

続いて、写真や動画を投稿する前に、アプリやブラウザでログインしているアカウントを確認しましょう。

先ほども述べたように、複数のアカウントを使っている場合、本垢と別垢を混同するおそれがあります。つまり、本垢と間違えて裏垢で個人を特定できる投稿をアップロードした場合、知り合いにバレてしまう危険性があるわけです。

とりわけ、友達にメンションを付けている場合は、誤爆すると確実にアカウントの存在を知られてしまうでしょう。だからこそ、投稿する前にログインしているアカウントをチェックしておくことが重要なのです。

方法4 個人を特定できる情報を使用しない

第4に、本垢以外で個人を特定できる情報を使用しないように心がけてください。

例えば、別垢で自宅や周辺地域に関する情報が投稿されていると、自分との関連性が明らかになってしまうので、バレるおそれがあります。

加えて、ユーザーIDにイニシャルや誕生日などの個人情報が使われている場合もまた、本人であることが疑われてしまう可能性があるので気を付けましょう。

方法5 専用のアドレスを作る

第5に、インスタのアカウントを登録するために専用のアドレスを作ることをおすすめします。

実際のところ、自分が日常的に使用している電話番号やメールアドレスをアカウントの登録情報として使用すると、連絡先が同期されたときに複数のアカウントが知られてしまう可能性があります。けれども、インスタのためにだけに作られたアドレスなら、自分以外に知る人はいないので問題はないと考えられます。

具体的には、Gmailでフリーアドレスを取得することを推奨します。

バレると困るアカウントは作らない

とはいえ、インスタをはじめとするSNSにアカウントを登録する以上、絶対にバレない保証はありません。

その意味では、最初からバレると都合が悪くなるようなアカウントを作らないほうよいです。リアルとは違い、ネット社会の匿名性は絶対的なものではありません。プロが本気を出せば、複数のアカウントでも本人の痕跡を見つけてしまう可能性は十分にあると言ってよいでしょう。

その結果、自分の日常生活における地位や名誉が脅かされてしまうおそれがあるので、インスタのガイドラインを遵守したうえで、安全な利用を心がけてください。

インスタで複数のアカウントがバレる6つの原因と対処法を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次