SNSをやめたことで起きた5つの変化|芸能人が距離を置くのは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

インスタやTwitterが当たり前のように使われているなかで、「SNS疲れ」を感じている人たちもいると言われています。たしかに、SNSは人間関係にまつわるサービスなので、他人に気を使いすぎてストレスを感じることもあるかもしれません。

また、自分が落ち込んでいるときにキラキラした人たちの日常生活を垣間見ることで、より一層、ネガティブな気持ちになってしまう方もいるでしょう。

その意味では、SNSが自分に向いていないということも十分あり得ることです。みんながSNSをやっているから仕方なくやるくらいなら、いっそのことやめてしまうのも選択肢のひとつではないでしょうか。

この記事では、SNSをやめたことで起きた5つの変化を解説しています。また、芸能人や有名人がSNSと距離を置く理由についても解説しているので、SNSをやめようと考えている人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • SNSをやめたことで起きた5つの変化について学べる。
  • 芸能人や有名人がSNSと距離を取る理由について考えるきっかけになる。
  • SNSとの距離感を検討するのに役立つ。
目次

SNSをやめたことで起きた5つの変化

さて、SNSをやめたとしたら、具体的にどのような変化が起きるのでしょうか?

一概には言えませんが、良くも悪くも5つの変化が起きると考えられます。

SNSをやめたことで起きた5つの変化

  • 変化1 人間関係から解放されてすっきりする。
  • 変化2 時間を有意義に使えるようになる。
  • 変化3 周囲の情報が入ってこなくなる。
  • 変化4 他人と自分の生活を比較する機会が減る。
  • 変化5 孤独を感じることもある。

ここでは、それぞれの変化について説明していきます。

変化1 人間関係から解放されてすっきりする

第1に、自分にとって必要のない人間関係から解放されてすっきりすると考えられます。

SNSが誕生したことに伴って、私たちはいつ、どこにいても他人と自由にコミュニケーションを取れるようになりました。

しかし、その一方で、一人でゆっくりしたいときでも、知らない人からメッセージが来たり、友達が投稿したことを知らせる通知が届いたりするなどの煩わしさも増えているような気がします。加えて、相手のアクションを無視すれば、自分も無視されるかもしれないという恐怖感から嫌々、SNSをチェックしている人たちもいるかもしれません。

けれども、インスタやTwitterなどのSNSをやめれば、自分が今、本当に関わるべき人たちに限定して連絡を取り合えるようになります。その結果、家の中にいるときでも他人に気を使ってストレスが溜まる機会が少なくなって、楽になった人たちもいるはずです。

変化2 時間を有意義に使えるようになる

第2に、SNSに費やしていた時間を有意義に使えるようになる可能性があります。

TesTee Lab『【全年代対象】SNS利用に関する調査』によれば、5人に1人がSNSを1日1時間以上利用していることが分かります。つまり、1年間で365時間以上もSNSに費やしているわけです。

【全年代対象】SNS利用に関する調査

TesTee Lab『【全年代対象】SNS利用に関する調査』から引用(最終確認日:2021/12/15)

SNSをやめれば、その分の時間を別なことに利用できます。例えば、時給2000円のアルバイトをすれば、1年間で730,000円を稼ぐことができます。あるいは、自分の趣味に没頭するのもよいでしょう。時間を持て余す人たちもいるかもしれませんが、人生は有限です。改めて「自分にとって本当に大切なことは何か?」を考える機会にしてもよいのではないでしょうか。

変化3 周囲の情報が入ってこなくなる

第3に、SNSをやめることで知り合いなどの周囲の情報が入ってこなくなります

一般的に、年齢を重ねるたびに、友人と会って話せる時間は減っていくものです。特に、仕事や家庭がある人は友達と過ごす時間が学生時代よりも圧倒的に少なくなっているのではないでしょうか。

だからこそ、インスタやFacebookなどのSNSで友達の投稿から近況を把握している人たちもたくさんいるはずです。しかし、SNSをやめてしまうと、そこから情報を得ることができなくなってしまいます。その意味では、SNSに費やしてきた時間を有効活用して、友達と連絡を取り合ってみてもよいのかもしれません。

変化4 他人と自分の生活を比較する機会が減る

第4に、他人と自分の生活を比較する機会が減るという変化もあるでしょう。

インスタやTwitterなどのSNSでは、自分の成功をひけらかすような投稿が数多くアップロードされています。みなさんがフォローしている相手のなかにも贅沢な暮らしぶりを撮影した投稿を載せている人たちもいるのではないでしょうか。

もちろん、他人は他人、自分は自分と割り切って生活している人たちが多いとは思いますが、自分より優れているものを目にしてしまうと羨ましくなったり、焦ったりするのが人間の弱さでもあります。

けれども、SNSをやめれば、他人から称賛を集めるために過剰に盛られた写真を見る機会は著しく減るはずです。そのため、等身大の自分でいられる時間が長くなるのではないでしょうか。いわゆる、「煽り」を受けることも少なくなるはずです。

変化5 孤独を感じることがある

第5に、SNS上で知り合いなどと交流できなくなってしまうので孤独を感じることもあるかもしれません。

実際、FacebookやTwitterだけで連絡を取り合う相手がいる人たちも多いのではないでしょうか。もし、SNSをやめてしまえば、その人たちとの連絡手段もなくなってしまうので寂しい気持ちになる可能性は少なからずあるでしょう。

とはいえ、SNSから距離を置くタイミングでこの先も繋がっていたい人たちからは電話番号やメールアドレスを聞いておけばよいので、そこまで気負う必要もないと思います。

また、孤独は必ずしも悪いことではありません。人間は一人では生きていけませんが、自らの人生を主体的に生きるには「一人」で決断しなければいけないこともたくさんあります。むしろ、本当に必要な人との関係だけが残ることはネットワークに疲れた人たちにとって穏やかな生活を取り戻すきっかけになるはずです。

芸能人や有名人もSNSをやめている

芸能人や有名人のなかにも、SNSから離れている人たちがいます。

例えば、フリーアナウンサーの高島彩さんは2018年10月26日にインスタグラムのアカウントを閉鎖しています。その理由としては、「この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので」と説明されています。

どうやら、悪意のあるユーザーが高島さんの人格を傷つけるコメントを繰り返して行なっていたようです。いくら有名人が世間に曝されているからといって、言葉の暴力を放っていいわけがありません。

匿名性に隠れて人の心を踏みにじるようなヘイト行為については、モラルを期待するのではなく、被害者が法的な手段で制裁を加えられる簡易的な仕組みを作ったほうがよいと思います。

また、アメリカで近年、最も注目されている若手政治家アレクサンドリア・オカシオ・コーテツさんもFacebookの利用を控えています。

さらに彼女は、「ソーシャルメディアはすべての人びとに公衆衛生上のリスクをもたらす」と感じ、うつ病、不安、依存症などを増加させる可能性があると説明しました。

INSIDE『18 celebrities who have quit social media and why』より引用(最終確認日:2021/12/16)PENDELION編集部で翻訳

以上のように、世界的な有名人でさえもSNSとの距離感について検討し始めているます。したがって、「SNSをやめたいけど、そんな考えは時代遅れだよね」と悩んでいる方がいたら、決してそんなことはないので安心してよいと思います。

なお、SNSと距離を置く芸能人の見解について知りたい人たちは、こちらの記事もご覧ください。

SNSをやめたら幸せになった

SNSに振り回されて疲れている人たちがインスタやTwitterをやめたとしたら、幸福度が上がる可能性は十分にあると思います。さまざまなコンテンツがインターネットを介して大量に発信されている現代では、自分にとって本当に必要なことがわからなくなりがちです。その結果、時間を無駄にして何となく憂鬱な気分になる人たちもいると思います。

もちろん、SNSは使い方次第でとても便利なツールであることには違いありません。けれども、「自分にとって意味のあるものなのか?」を考えることが大切です。もし、SNSから受けている恩恵があまりないのであれば、思い切ってやめてしまうのもひとつの選択肢です。

生活の質を向上させるためにも、SNSとの距離感を見直してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる