Twitterで「問題が発生しました」と表示される7つの理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)を利用している際に、アプリやブウラザの画面に「問題が発生しました。やり直してください」と出てきて、戸惑った経験のある方たちもいると思います。

一体、何が原因なのでしょうか?

この記事では、Twitterで「問題が発生しました」と表示される7つの理由を解説しています。また、その解決方法についても紹介しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • 「Twitterで問題が発生しました」と表示される原因と対処方法がわかる。
目次

Twitterで「問題が発生しました」と表示される7つの理由

Twitterで「問題が発生しました」と出てくる  例
Twitterで「問題が発生しました」と出てくる 例

さて、なぜ、Twitterの画面に「問題が発生しました」と出てくるのでしょうか?

ここでは、大きく7つの理由について説明していきます。

Twitterで「問題が発生しました」と表示される7つの理由

  • 理由1 Twitterのポリシーに違反して永久凍結された。
  • 理由2 相手からブロックされた。
  • 理由3 アプリが古いままになっている。
  • 理由4 すでに削除されたツイートやアカウントを検索した。
  • 理由5 アカウント登録の操作中に「戻る」ボタンを押した。
  • 理由6 Twitterに不具合が発生した。
  • 理由7 インターネット接続が不安定になった。

理由1 Twitterのポリシーに違反して永久凍結された

第1に、Twitterのポリシーに違反してアカウントを永久凍結された場合、操作中に「問題が発生しました」と表示されることがあります。すなわち、「問題=アカウントが永久凍結された」ということです。

アカウントの永久凍結はTwitterの利用を無期限で停止される最も厳しい制裁です。ツイートはもちろん、他人の投稿を見ることもできなくなってしまいます。さらに、新規でアカウントを登録することすらもできなくなってしまうのです。

もし、Twitterのルールを破った覚えがないのであれば、異議申し立ての手続きで永久凍結を解除しましょう。その方法を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

理由2 相手からブロックされた

第2に、相手からアカウントをブロックされると、「問題が発生しました」と出てくることがあります。

例えば、自分のアカウントが相手のツイートを閲覧しているときにブロックされると、その時点で投稿が見れなくなるにもかかわらず、画面に表示されたままになるというシステム上のエラーが起きるので、「問題が発生しました」となるわけです。

なお、「Twitterでブロックされたらどうなるのか?」について、くわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

理由3 アプリが古いままになっている

第3に、Twitterのアプリが古いままの状態になっていると、「問題が発生しました」と表示される可能性があります。

Twitterでは、アプリが定期的にアップデートされています。その目的には、新機能の追加だけではなく、バグの改善も含まれています。したがって、アプリを最新版にしないと不具合が起きてしまうことがあるので、気をつけてください。

なお、更新情報を確認するのがめんどくさいと感じる方たちは、自動更新の設定を完了することをおすすめします。そのやり方については、こちらの記事を参照してください。

理由4 すでに削除されたツイートやアカウントを検索した

第4に、すでに削除されているツイートやアカウントを検索した場合、「問題が発生しました」と画面に出てくることがあります。通常であれば、削除されたツイートやアカウントを検索して表示されることはありません。

しかしながら、検索と削除のタイミングが重なってしまった場合は、Twitterのプログラムにとって予期せぬ操作としてエラーが発生します。その結果、「問題が発生しました」と表示されてしまうことがあるのです。

理由5 アカウント登録の操作中に「戻る」ボタンを押した

第5に、ブラウザでアカウント登録の操作中に「戻る」ボタンを押すと、正規のプロセスで手続きが完了しないことから、「問題が発生しました。やり直してください」と表示されることがあります。

前後の情報に不一致が見られてしまうと、アカウント情報を正確に記録できなくなってしまうので、当然の対応であると言ってよいでしょう。したがって、ステップごとに正確な情報を入力して、手続きの順番を守って操作を進めてください。

なお、Twitterのアカウントをうまく作成できずに悩んでいる方は、こちらの記事を参照してください。

理由6 Twitterに不具合が発生した

第6に、Twitterに不具合が発生した際に、「問題が発生しました」と出てくることがあります。

残念ながら、Twitter自体に障害が起きたときは、運営側で改善措置が完了するまで待つしかありません。こればかりは、Twitterもプログラミング技術で作られている以上、バグの発生は避けられないので仕方がないと言わざるを得ないでしょう。

そのため、不具合に関する事実の確認を済ませたうえで、その影響を最小限に留めることに注力することをおすすめします。なお、Twitterの障害についてくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

理由7 インターネット接続が不安定になった

第7に、インターネット接続が不安定になったことで、「問題が発生しました。やり直してください」のメッセージが表示されることがあります。おそらく、これが最も多い理由であると想定されます。

特に、電車に乗っていたり、地下にいたりするときは、通信環境が悪くなりやすいので注意してください。また、街中に設置されているフリーWi-Fiを誤って受信すると、端末が一時的にオフライン状態になることがあるので気をつけましょう。

Twitterで「問題が発生しました」と出たときの対処方法

以上のような理由から「問題が発生しました」と出たときは、次のような対処方法をおすすめします。

「問題が発生しました」と表示されたときの対処方法

  • 対処方法1 Twitterのポリシーを遵守する。
  • 対処方法2 アプリを最新版にする。
  • 対処方法3 アカウントをログインし直す。
  • 対処方法4 インターネットの通信環境が良いところで操作する。
  • 対処方法5 端末やアプリを再起動する。

上記の方法で対処しても、問題が解決しない場合は、Twitterのサポートチームに連絡してみましょう。

問題を解決してやり直してみよう

「問題が発生しました」と表示されたときは、その原因を特定してやり直してみましょう。

なお、ツイートができない、あるいは読み込めない場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Twitterで「問題が発生しました」と表示される7つの理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。

目次
閉じる