Twitterのリプとは何か?やり方や非表示の方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)では、ユーザーたちがさまざまな造語を使っています。始めたばかりの人たちからすれば、それぞれの意味が分からずに困惑してしまう方もいるかもしれません。

リプもまたTwitterで使われている専門用語のうちのひとつです。この記事では、Twitterのリプとは何かについて解説しています。また、やり方や非表示の方法も紹介しているので、Twitterを始めた間もない方たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • リプの意味とやり方がわかる。
  • リプを非表示にする方法がわかる。
  • リプの範囲を制限するやり方を学べる。
目次

Twitterのリプとは何か?

Twitterのリプとは、ツイートに対する返信を意味するリプライを省略した用語のことです。例えば、タイムラインで頻繁に見かける「リプお願いします」といった投稿は、「返信してください」と理解して問題ありません。

リプのやり方

リプのやり方はとても簡単です。

PCとスマホで操作方法に大きな違いはないので、下記の手順を参考にしてください。

リプのやり方

  1. ツイートの吹き出しマークを選択する。
  2. リプの内容を記述して「返信」を押す。
Twitter リプのやり方
Twitter リプのやり方

リプが表示されない3つの原因

なお、リプしたはずなのにもかかわらず、ツイートに表示されない場合、大きく3つの原因があると考えられます。

リプが表示されない原因

  1. Twitterに不具合が発生している。
  2. 相手がリプを非表示にしている。
  3. リプしたアカウントがブロックされている。

ここでは、それぞれの項目について簡単に説明していきます。

Twitterに不具合が発生している

第1に、Twitterに不具合が発生したことでリプが見れなくなっている可能性があります。

これに関しては、Twitterがバグを改善するまで待つしかありません。

「実際に、不具合が発生したのか?」という事実を確認したい場合は、Twitter以外のSNSに設置されている検索エンジンに「リプ 見れない」などのキーワードを入力して調べてみてください。

また近年では、Yahooニュースでバグ情報が報じられることもあるので確認してみましょう。Twitterの不具合について詳細を知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

相手がリプを非表示にしている

第2に、相手がリプを非表示に設定したことで見れなくなっていることが考えられます。

鍵垢からのコメントでないかぎり、リプは原則として第三者からいつでも見られる状態になっています。

コメントのなかには、自分にとって都合の悪いものや誹謗中傷が紛れ込んでしまうおそれがあるため、ユーザーによっては、当該のリプを非表示にする人たちもいるわけです。

リプしたアカウントがブロックされている

第3に、相手にアカウントをブロックされた場合、リプは表示されません

そもそも、アカウントをブロックされると、ツイートを見れなくなってしまうので返信それ自体ができなくなります。

これに関しては、相手が自分のアカウントを拒否する以上、解決するのは難しい問題だと思います。もし、ブロックされてしまったときは、コミュニケーションのあり方を見直してみるのもよいかもしれません。

リプを非表示にする方法

先ほども記述しましたが、リプは非表示にできます。

相手からの返信を消したいときは次の方法を試してみてください。

リプを非表示にする方法

  1. リプの右隣にある「…」をクリックする。
  2. 「返信を非表示にする」をクリックする
  3. 「ツイートの返信は非表示になっています」を確認する。
リプ 非表示 やり方
リプ 非表示 やり方

ただし、この設定はスマホのアプリではなく、ブラウザからTwitterを開いたときだけに可能なので注意してください。

なお、非表示の設定に関する詳細について知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

リプに制限は付けられるのか?

ツイートのなかには、第三者にリプを返してもらいたくないものもありますよね。

実際のところ、返信する相手に対して制限をかけることはできるのでしょうか?

結論から言えば、Twitterのリプには制限をかけることが可能です。具体的には、次の手順に準じて設定を行ってください。

リプに制限をかける方法

  1. ツイートの記述画面にある地球のマークを選択する。
  2. リプできる範囲をフォローしているアカウント或いは@ツイートで指定する。
リプ 制限 方法
リプの制限方法

ただし、リプの範囲を制限すると、ツイートが拡散しづらくなるおそれがあるので注意してください。

相手の立場を理解してリプしよう

Twitterは140文字という短い文章で自分の考えや気持ちを表現しなければなりません。なかには、言葉足らずで相手のニュアンスをうまく汲み取れないようなツイートもあるはずです。

だからこそ、一方的に自分の考えを押し付けるようなコミュニケーションを取るだけでは、そこに建設的な意見交換は生まれないと思います。したがって、相手の立場を理解したうえで、伝えたいことを丁寧に表現することが大切なのではないでしょうか。

なお、ツイッターでリプする際に気を付けるべきことを以下の記事でまとめていますので、こちらも参照していただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる