Twitterでライブ配信ができない6つの原因を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

いざ、Twitter(ツイッター)でライブを配信しようと思ってもできない……。事前に予告していた方たちなら、相手を待たせてしまうと冷や汗をかいてしまいますよね。

とはいえ、なぜライブ配信ができなくなってしまったのでしょうか?

この記事では、Twitterでライブ配信ができない6つの原因について解説しています。Twitterを利用している人たちのお役に立てば幸いです。

この記事を読んで得られること

  • Twitterでライブ配信ができない原因が明らかになる。
目次

Twitterでライブ配信ができない6つの原因

Twitterでライブ配信ができない原因は大きく6つあると考えられます。

Twitterでライブ配信ができない原因

  • 原因1 アカウントを鍵垢にしている
  • 原因2 通信環境が悪いところで操作している
  • 原因3 Twitterでバグが発生している
  • 原因4 アカウントがロックされた
  • 原因5 アカウントが凍結された
  • 原因6 キャッシュが溜まって重くなっている

ここでは、それぞれの項目について説明していきます。

原因1 アカウントを鍵垢にしている

第1に、アカウントを鍵垢にしている場合、ライブ配信はできないので注意してください。

鍵垢にはライブをするためのボタン自体が表示されません。そのため、アカウントを公開するしかないので、リアルタイムで動画を配信したいのであれば、解除手続きを済ませましょう。

鍵垢を解除する方法について知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

原因2 通信環境が悪いところで操作している

第2に、Wi-Fiなどの通信環境が悪いところで操作していることが原因であると考えられます。

特に、地下にいる場合は、電波が届きづらいので気をつけてください。

また、スマホなどの端末がフリーのアクセスポイントに接続すると、オフライン状態になってしまうことがあるので注意しましょう。

原因3 Twitterでバグが発生している

第3に、Twitterでバグが発生しているため、ライブ機能が利用できなくなっている可能性があります。

Twitterがプログラミング技術に基づくインターネットのサービスである以上、不具合は避けられません。これに関しては、運営側が改善を図るまで待つしかありません。

なお、Twitterのバグを確認する方法について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

原因4 ロックされている

第4に、アカウントがロックされてしまうと、ライブ機能が使えなくなってしまいます

Twitterには、アカウントの規約違反が発覚すると、一時的に利用が制限されるロックという措置があります。

通常、ルールを破ったままになっていない限り、電話番号の認証や問い合わせからの異議申し立てで解除できるので心配は入りません。ロックの原因及び解除方法について知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

原因5 アカウントが凍結された

第5に、アカウントを凍結されてしまった場合は、ライブ配信はできなくなってしまいます

ロックと違って、凍結はルール違反に対する厳しい制裁なので、正当な理由及び手続きがなければ、アカウントを復活させることはできないので気をつけてください。

なお、アカウントの凍結に対する異議申し立ての方法について学びたい方は、こちらの記事をご覧ください。

原因6 キャッシュが溜まって重くなっている

第6に、キャッシュが溜まって重くなっている場合、ライブ中にTwitterのアプリが落ちてしまうことがあるので注意してください。

キャッシュとは、一度読み込んだ画面のデータをアプリ内に保存する仕組みのことです。これによって、表示スピードを速くすることができます。しかし、保存するデータの量が膨大になると、アプリに負担がかかって落ちやすくなってしまいます。

そのため、キャッシュを定期的に削除することをおすすめします。

その方法について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ルールを守って楽しもう!

Twitterのライブ機能は上手に活用すれば、自分の可能性を広げる面白い仕組みです。

ルールを守って、ユーザーにとって有益な情報を配信しましょう!

なお、Twitterでライブ配信するやり方について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる