Twitterでフォローされたくないときの3つの対処方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)を利用するうえで、知らない人からフォローされたくない人たちもいると思います。

実際のところ、不特定多数のユーザーからフォローされないためには、何をすればよいのでしょうか?

この記事では、Twitterでフォローされたくないときの3つの対処方法を解説しています。Twitterを利用している人たちのお役に立てば幸いです。

この記事を読んで得られること

  • Twitterでフォローされたくないときの対処方法がわかる。
目次

Twitterでフォローされたくないときの3つの対処方法

Twitterでユーザーからフォローされたくないときには、どうすればよいのでしょうか?

その対処方法は大きく3つあると考えられます。

Twitterでフォローされたくないときの3つの対処方法

  • 対処方法1 相手をブロックする。
  • 対処方法2 アカウントを鍵垢に設定にする。
  • 対処方法3 プロフィールにフォロー拒否の条件を記述する。

ここでは、それぞれの対策について説明していきます。

対処方法1 相手をブロックする

第1に、アカウントをフォローされたくない相手をブロックする方法があります

そのやり方は次のとおりです。

フォローされたくない相手をブロックする方法

  • ステップ1 フォローされたくない人のプロフィールにアクセスする。
  • ステップ2 「…」を選択する。
  • ステップ3 「ユーザー名をブロック」を選択する。
  • ステップ4 「ブロック」を選択する。
フォローされたくない相手をブロックする方法
フォローされたくない相手をブロックする方法

ただし、相手をブロックしている事実はバレてしまう可能性があるので、そのリスクを踏まえた実行の可否を判断しましょう。なお、「Twitterでブロックしたどうなるのか?」に興味にある方たちは、こちらの記事をご覧ください。

対処方法2 アカウントを鍵垢に設定にする

第2に、アカウントを鍵垢に設定するという対処方法があります

鍵垢は本人から承認されない限り、フォローできない仕組みになっています。

そのため、自分のアカウントに鍵を付ければフォロワーを選択できるので、フォローされたくない相手を拒否することが可能になるわけです。

Twitterの鍵垢について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

対処方法3 プロフィールにフォロー拒否の条件を記述する

第3に、プロフィールにフォロー拒否の条件を記述する方法があります

Twitterを利用している人たちのなかには、「無言フォローお断り」や「勧誘お断り」など相手からのフォローを断る独自のルールをプロフィールに記載しているユーザーがいます。

フォローを拒否する条件を記述したプロフィール 例
フォローを拒否する条件を記述したプロフィール 例

フォローする際にアカウントのプロフィールを確認する人たちもいるので、一定の効果はあると見込まれます。

なお、無言フォローの意味について知りたい方は、次の記事を参照してください。

知らない人からフォローされるのは当たり前

Twitterのアカウントを公開している限り、知らない人たちからフォローされるのは自然なことだと言ってよいでしょう。

とはいえ、Twitterにおける人間関係の作り方は個人の価値観によって違います。

また、誹謗中傷など悪質な行為をはたらくユーザーもいるので、フォローされたくない人たちの条件を明確にしておくこともTwitterを楽しむうえで必要なことかもしれません。

なお、Twitterのフォローについて別な情報を知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる