Twitterでフォローに制限がかかる4つの原因と対処方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitterでアカウントをフォローしようとしているのにできない……」

もしかしたら、フォローに制限がかかっている可能性があります。

Twitterでは、スパムなどの迷惑行為を防止するためにはフォロー数に上限が設けられています。

とはいえ、実際のところ、フォローに制限がかかる条件には何があるのでしょうか?

この記事では、Twitterでフォローに制限かかる4つの原因と対処方法を解説しています。

また、「制限がいつまで続くのか?」も紹介しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • Twitterでフォローに制限がかかる原因が明らかになる。
  • フォローの制限が解除される時間の目安がわかる。
  • フォローが制限されたときの対処方法に関する知識を身に付く。
目次

Twitterでフォローに制限がかかる4つの原因

さて、なぜ、Twitterでフォローに制限がかかってしまうのでしょうか?

これには、大きく4つの原因があると考えられます。

Twitterでフォローに制限がかかる4つの原因

  • 原因1 短時間で大量のアカウントをフォローしている。
  • 原因2 1日のフォロー上限を超えている。
  • 原因3 アカウントがフォローできるリミットに達している。
  • 原因4 アカウントが凍結されている。

ここでは、それぞれの理由について説明していきます。

原因1 短時間で大量のアカウントをフォローしている

第1に、短時間で大量のアカウントをフォローすると制限がかかります

この措置は、Twitterがスパムアカウントによる自動フォローや悪意のあるユーザーによって蔓延るフォローの悪用を防止するために実施されています。

実際に、Twitterの公式HPでも、フォローを制限する目的について次のように記述されています。

アカウントをフォローすることで、Twitterの自分のフィードを管理し、興味関心のあるトピックや利用者に関する最新情報を得ることが簡単になります。スパムやフォロー関係の悪用を防止し、ウェブサイトの信頼性を維持するため、システムの仕様としてフォロー可能なTwitterアカウントの数にリミットを設けています。このリミットは、新規アカウントフォロー数や、自身のフォロワー数に基づき判断されます。

Twitter公式HP『Twitterのフォローについて』より引用(最終確認日:2021年8月1日)

短時間で大量のアカウントをフォローすることに関して、具体的な数字までは公開されていません。ただ、その目安としては1分〜1時間以内に200件〜400件くらいで制限がかかると考えてよいでしょう。

なお、1時間くらい待てば、この制限は自動的に解除されるので安心してください

原因2 1日のフォロー上限を超えている

第2に、1日のフォロー上限を超えている場合、制限がかかります。

Twitterでは、一般的なアカウントが1日当たりにフォローできる数は400件までというルールがあります。

すべてのTwitterアカウントは1日に最大400アカウントまでフォローできます。認証済みTwitterアカウントは1日に最大1,000アカウントまでフォローできます。

Twitter公式HP『Twitterのフォローについて』より引用(最終確認日:2021年8月1日)

このリミットに達した場合は、その日に限ってフォローができなくなります。

すなわち、翌日になるまでフォローを増やすことはできないので注意してください。

なお、認証済みアカウントとは、本人確認が完了した青いチェックマークが付いたユーザーのことです。その詳細について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

原因3 アカウントがフォローできるリミットに達している

第3に、アカウントがフォローできるリミットに達している場合、フォローに制限がかかります。

具体的に言えば、1アカウントが最大フォローできる数は5,000件までというリミットがあります。

それ以上のアカウントをフォローするには、自らのフォロワーが5,000人を超えなければいけません。

これに関しては、Twitterの公式HPにも次のように記述されています。

すべてのアカウントは、最大5,000アカウントまでフォローできます。最大数に達すると、そのアカウントのフォロワー数が増えるまで、それ以上のアカウントをフォローすることができなくなる場合があります。

Twitter公式HP『Twitterのフォローについて』より引用(最終確認日:2021年8月1日)

上記の引用からも明らかなように、自分のフォロー数が5,000件に到達しているときは、フォロワー数の獲得に専念しましょう。

原因4 アカウントが凍結されている

第4に、アカウントが凍結されてしまった場合は、フォローを制限されてしまいます。

凍結とは、Twitterのポリシーに違反したユーザーの利用を停止する制裁措置です。

この場合、フォローの制限を解除するには、異議申し立ての手続きを行う以外にはありません。

しかし、Twitterのルールを破っているならば、異議申し立てをしたとしても、凍結は解除されないので注意してください。

なお、異議申し立てのやり方については次の記事を参照してください。

フォローに制限がかかったときの対処方法

以上の原因を踏まえたうえで、フォローに制限がかかったときの対処方法は大きく3つあると言えます。

フォローに制限がかかったときの対処方法

  • 対処方法1 フォロー制限が解除されるまで1時間から1日程度待つ。
  • 対処方法2 フォロワー数を増やすための施策を行う。
  • 対処方法3 凍結を解除するための手続きを実施する。

これらの方法でフォロー制限を解除できない場合は、Twitterのサポートチームに問い合わせしてみましょう。

なお、問い合わせでも解決しない場合は、残念ながらアカウントを作り直すしかありません……。

計画的にフォローしよう

上記の制限に関する条件をクリアすれば、フォローが制限されることは基本的にありません。

したがって、ルールに違反しないように、計画的にフォローすることをおすすめします。

知らない間にTwitterのポリシーに違反して、せっかく育てたアカウントが凍結されるのはもったいないです。

ちょっとしたことではありますが、フォローの上限に注意することでTwitterを安全に利用できるので、これを機会に意識してみてください。なお、フォローに関する他の記事を読みたい方はこちらの記事を参照してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる