TwitterのDMで既読マークをつけない方法|長押しは有効?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)でDMを受け取った際に、既読マークをつけると都合が悪いときがありますよね……。SNSが当たり前に使われるようになった同時に、「相手がメッセージを読んだのか?」を確認できる時代になったことで息苦しさを感じている人たちも多いのではないでしょうか。

この記事では、TwitterのDMで既読マークをつけない方法を解説しています。また、LINEのような長押しによる効果についても紹介しているので、Twitterを利用している人たちは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること

  • TwitterのDMで既読マークをつけない方法がわかる。
  • 長押しの有効性について学べる。
  • 既読がついていたのに消えた原因がわかる。
目次

TwitterのDMで既読マークをつけない方法

TwitterのDMで相手に既読マークをつけないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

その方法はスマホのアプリとブラウザで異なるので、それぞれのやり方について説明してきます。

スマホの場合

スマホのアプリでTwitterのDMに既読マークをつけないようにするなら、次のステップに準じて設定を行ってください。

スマホのアプリでDMに既読マークをつけない方法

  1. ステップ1 「設定とプライバシー」をタップする。
  2. ステップ2 「プライバシーとセキュリティ」をタップする。
  3. ステップ3 「既読通知を表示」がオフにして完了。
スマホのアプリでDMに既読マークをつけない方法
スマホのアプリでDMに既読マークをつけない方法

ブラウザの場合

続いて、PCなどのブラウザからTwitterのDMに既読マークをつけない方法は以下のとおりです。

ブラウザでDMに既読マークをつけない方法

  1. ステップ1 「設定とプライバシー」をタップする。
  2. ステップ2 「プライバシーとセキュリティ」をタップする。
  3. ステップ3 「既読通知を表示」のチェックを外して完了。
ブラウザでDMに既読マークをつけない方法
ブラウザでDMに既読マークをつけない方法

相手にメッセージの無視していると思われたくない人たちは、上記の設定を試してみてください。

相手から既読がつかないのに返信がくる場合は、上記の設定を行っている可能性が高いと判断できます。

長押しでも既読はつかないのか?

また、LINEのようにスマホで長押しすることで既読をつけずにメッセージを読むことはできるのでしょうか?

結論から言えば、Twitterでは長押しでDMを確認すれば、既読マークはつきません。

長押しは既読がつかない
長押しでは既読はつかない 例

長押しによる閲覧方法はDMの内容だけを瞬時に確認したいときに便利なので、使ってみてください。ただし、操作を間違えると、メッセージが既読になってしまうので注意しましょう。

DMが既読になるタイミングを確認する方法

その一方で、上記の設定が行われていない場合、DMが既読になるタイミングはどのように確認すればよいのでしょうか?

これに関しては、相手がDMを開いた瞬間、メッセージの下に表示されているチェックマークが灰色から別な色に変わるので、それを見分けることで確認できるようになっています。

既読と未読の見分け方
既読と未読の見分け方

既読マークが付いていたのに消えた原因

なお、TwitterのDMでは、さっきまで既読マークが付いていたのに消えるという現象も発生するようです。

一体、何が起きているのでしょうか?

これに関しては、Twitterで不具合が発生していることが原因であると考えられます。

その詳細について知りたい方は、Twitterのエラーに関する情報をリアルタイムで発信している「Downdetector」というサービスを見ることをおすすめします。Downdetectorの使い方は、こちらの記事を参照してください。

既読無視されたときの対処方法

DMを既読無視されると少なからずショックを受けてしまうユーザーもいると思います。

本来、他人にはそれぞれの都合があるので、既読無視で落ち込んでも仕方がないとはいえ、好きな人や友達からスルーされてしまうのは切ないことですよね……。実際のところ、相手から既読無視されたときはどうすればよいのでしょうか?

これに関しては、一概に言えませんが、大きく4つの対処方法をおすすめします。

既読無視されたときの対処方法

  • 対処方法1 確認のDMを入れてみる。
  • 対処方法2 Twitter以外から連絡を取る。
  • 対処方法3 相手が忙しいことを考慮して待ってみる。
  • 対処方法4 相手との関係性を見直してみる。

連絡が取りづらいということは、相手に優先順位が低いと思われている可能性はあるかもしれません。その場合は、改めて、自分との関係性を見つめ直してみてもよいと思います。とはいえ、単純に忙しいこともあり得るので、自分勝手に相手の状態を決めつけないことが大切です。

いずれにしても、必ずしも相手が自分の都合に合わせて動いてくれるわけではないので、DMを連続で送り続けるような行為は避けましょう。

既読マークに縛られないように!

既読無視が相手の心理を表すといった見解をよく目にしますが、どれも一つの解釈に過ぎないと思います。

実際は、返信がない理由は相手のみぞ知ることなので、信憑性に欠ける法則を当てはめて決めつけるよりも、関係性を見直した方が得策かもしれません。

また、相手がメッセージを見たか、それとも見ていないかを心配することに、自分の限られた時間を使うのはもったいないです。既読や未読に縛られずに、一人ひとりを大切にしてTwitterライフを充実させましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる