TwitterのDMで送信取り消しする方法|できない理由を考察

Twitter(ツイッター)でユーザーとDMでやり取りをしている際に、うっかり間違った内容を送ってしまった経験のある人たちもいると思います。特に、送り先が間違っていたり、失礼な文章を送ってしまったりしたときは焦りますよね。それゆえ、「相手がDMの内容を確認する前に何とかして送信を取り消したい」と思う人たちも多いはずです。

とはいえ、Twitterでは、LINEやFacebookのチャット機能のようにメッセージの送信をなかったことにできるのでしょうか?

この記事では、「TwitterのDMで送信取り消しする方法はあるのか?」という疑問について考察しています。また、ブロック機能やDMの削除機能を使った結果もまとめているので、Twitterを利用している人たちの参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 「TwitterではDMの送信を取り消しできるのか?」の疑問が解決する。
  • DMの誤送信を防止するのに役立つ知識が得られる。
目次

TwitterのDMで送信取り消しする方法はある?

さて、TwitterのDMを相手に送信した後で取り消す方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、TwitterのDMは一度、送信が完了してしまうと取り消しできません。いうまでもなく、インターネット環境がある程度、整っている場合、DMの送信ボタンを押せば、メッセージはほんの数秒で送信されてしまいます。

そのため、DMの送信を途中で止めるのは物理的に困難であると言わざるを得ないでしょう。実際に間違った内容を送ってしまったときは、相手に誤送信の事実を伝えて謝るしかないわけです。

なぜ送信取り消しできないのか?

とはいえ、LINEやFacebookのメッセージ機能には取り消し機能が実装されているのにもかかわらず、Twitterでは、どうしてDMの送信をなかったことにできないでしょうか?

その理由は、Twitterのコミュニティは匿名の利用者が多いことから、運営会社がDMの送信取り消し機能を設けると悪用されてしまう確率が高いと判断しているからだと考えられます。

Twitterの公式HPに記載されているわけではありませんが、ツイートを編集やリツイートされたツイートを削除しても消えないのと同様に、リアルタイムで発信する情報に責任を持たせるためにも、正誤を問わずに保存するという文化があるのかもしれません。

あるいは、Twitter社は資金調達こそ成功していますが、長い間にわたって赤字続きでした。これだけ世界中で使われているのにもかかわらず、一時期は売却を本気で検討する時期もあったようです。それゆえ、DMの送信取り消し機能を実装するための開発コストを捻出するよりも、他の項目を優先しているのかもしれません。

DMを削除しても相手の端末には残る

なお、自分の端末上でDMを削除しても、一度、送信されたメッセージは相手の端末に残り続けます。実際に、TwitterでDMを削除しようとすると、「この会話はあなたの受信トレイから削除されます。会話に参加している他のアカウントは引き続きこの会話を表示できます」という注意書きが出てきます。

DMを削除しても送信を取り消しできない
DMを削除しても送信を取り消しできない

加えて、アカウントをブロックしても過去に送ったDMの履歴を消すことはできません。残念ながら、相手が今後、DMを送信できなくなるだけです。

DMの誤送信を防止する方法

以上のことからも、DMの誤送信を日頃から気を付けること以外に対処法はありません。

具体的に言えば、TwitterのDMでテキストを入力する前に、スマホやパソコンにインストールされているメモ機能で文章を作成してから、コピペすることを推奨します。DMの送信を取り消しできない以上、Twitterでメッセージを直接入力するのは控えたほうが賢明だと思います。

そして、送信ボタンを押す前に、宛先を必ず確認しましょう。ケアレスミスはだれにでも発生します。DMの送信ミスは確認漏れが原因であることがほとんどです。「間違えるはずがない」という思い込みがある以上、すべての人たちに誤送信の可能性があるのです。

DMを送信する前に確認しよう

TwitterでDMの送信取り消しができない以上、誤送信を防止するしかありません。すなわち、相手にメッセージを送る前に確認することが唯一、対処法であると言ってよいでしょう。ただ、今後のアップデートでDMの送信取り消し機能が実装される可能性はあります。したがって、アプリを最新版にアップデートすることを心がけましょう!

TwitterのDMで送信取り消しする方法|できない理由を考察

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次