Twitterでめんどくさいと感じる人たちの4つの特徴を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Twitter(ツイッター)でさまざまなユーザーと交流していると、「この人、めんどくさいな……」と感じることってありますよね。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が人間関係から成り立つサービスである以上、コミュニケーションに関するトラブルは避けられないと言ってよいでしょう。

とはいえ、実際のところ、Twitterにいる「めんどくさい人」には、どのような傾向があるのでしょうか? 

この記事では、Twitterでめんどくさいと感じる人たちの4つの特徴について考察しています。もちろん、人間関係の相性は、個々人によって大きく異なるので、あくまでも参考程度にお役立てください。

この記事を読んで得られること

  • Twitterでめんどくさいと感じると人たちの特徴について考えるきっかけになる。
目次

Twitterでめんどくさいと感じる人たちの4つの特徴

さて、Twitterでめんどくさいと感じる人たちには、どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、大きく4つの特徴に焦点を当てていきたいと思います。

Twitterでめんどくさいと感じる人たちの4つの特徴

  • 特徴1 相手の意見を一方的に否定する。
  • 特徴2 空リプなどで愚痴を言う。
  • 特徴3 上から目線でマナーを押し付けてくる。
  • 特徴4 間違いを偉そうに指摘してくる。

特徴1 相手の意見を一方的に否定する

第1に、相手の立場を想像せずに一方的に否定する行為は、めんどくさいと思われてしまう可能性があります。

Twitterでは、140文字という限られた文章で情報が発信されています。もちろん、動画や画像など表現の幅は広いですが、何らかのトピックに関する意見を述べる際に、その全体像や根拠を示すのは簡単なことではありません。

それにもかかわらず、特定のツイートに対して、その内容を吟味することなく否定するリプが無数に投稿されています。なかには、ただの悪口や人格否定に通じるような返信もあります。

そもそも、「相手の意見を理解する」という前提を欠いたものをコミュニケーションと言えるのでしょうか。本人からすれば、全く違う文脈でツイートを解釈され続けると、めんどくさいと思ってしまうのも無理はありません。

そのため、まずは「相手の真意を理解すること」から始めたほうが建設的な意見交換ができるのではないでしょうか。

特徴2 空リプで愚痴を言う

第2に、空リプで愚痴を投稿する人たちに対して、めんどくさいと感じるユーザーもいるようです。

空リプとは、相手のツイートに返信するのではなく、自分の投稿で意見を述べることです。

その内容が他人に対するネガティブな感情だった場合、「この人、陰湿でめんどくさい……」と不快な気持ちにさせるおそれがあるので注意しましょう。

特に、自分に関する悪い話は間接的に受け取ることで真実味が増して嫌な気持ちになるので、自分の人間性が疑われないためにも控えたほうが賢明です。

なお、空リプについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

特徴3 上から目線でマナーを押し付けてくる

第3に、上から目線でマナーを押し付ける行為は嫌厭されてしまうおそれがあります。

無論、相手を思いやる気持ちを振る舞いとして表現するマナーは大切なことだと思います。画面の先には生きた人間が存在する以上、不躾な態度では会話は成立しないでしょう。

しかし、主張は相手に伝わってはじめて力のある言論になるはずです。もちろん、正論には「内容としての重要性」があるとは思いますが、他者に伝わるための努力を欠いてしまえば、ネガティブな発言として捉えられてしまいかねません。

その意味では、「何を言うのか?」と同じくらい「誰がどのような過程を経て言うのか?」も重視すべきです。「あなたは分かっていない」という優劣の関係から出発するのではなく、「あなたのために伝えたい」という思いやりから始めることが大切なのではないでしょうか。

特徴4 間違いを偉そうに指摘してくる

第4に、ツイートの間違いを偉そうに指摘してくることに対して、めんどくさいという気持ちになる人もいます。

とはいえ、万が一、他人に対してネガティブな誤解を与える投稿が拡散してしまえば、大炎上するおそれがあります。それを未然に防止できるのだとすれば、間違いを正してくれるのはありがたいことですよね。

けれども、ミスを細かく指摘することに対して「めんどくさい」という感情が生まれるのは、「私は正しくて、あなたは間違っている」という正邪の二項対立が示されることに嫌悪感があるではないでしょうか。

同じ内容の指摘でも言い方ひとつで受け取る側の印象は違ってきます。

だからこそ、相手が快く指摘を受け入れられる表現力や信頼関係がなければ、本当の意味で人を諭せる知恵者にはなれないと思います。

そして、「学べば学ぶほど、物事に対する疑問が生まれて分からないことが増える」という現実を理解している人は、決して偉そうな態度を取ることはありません。

すなわち、知的なマウントを取ろうとする人たちは、学習の本質を知らない愚か者であることを自らの振る舞いで物語っているのです。

SNS疲れに注意しよう

Twitterが不特定多数の個人と交流できるツールである以上、自分にとってネガティブな影響をもたらす人たちと関わることもあると思います。その人間関係に一喜一憂して過ごすのは「SNS疲れ」を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

もちろん、いろんな人たちとコミュニケーションを取ることで気づかされることはたくさんあります。しかし、見知らぬ他者に一方的に非難される経験は人間不信の原因にもなりかねないので、信頼関係が成り立つユーザーを選んでいくことも大切だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる