LINEの未読無視はうざいからやめてほしい4つの理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

LINEがメールの代わりに使われるようになって、メッセージのやり取りに変化がおきました。

すなわち、お互いにチャットを確認した事実を把握できる既読機能によって、コミュニケーションのなかで返答に対する義務感を抱くようになりました。おそらく、みなさんのなかにも相手のメッセージに既読マークを付けたら、なるべく早く連絡を返さなければいけないと思っている方たちも多いのではないでしょうか。

加えて、メッセージを見ることなしに放っておく「未読無視」という概念も誕生しました。当たり前かもしれませんが、利用者のなかには、未読無視されるとイライラする人たちもいます。改めて、未読無視の何が人を不快にさせるのでしょうか?

この記事では、LINEの未読無視はうざいからやめてほしい4つの理由について解説しています。友達などの親しい間柄での未読スルーについても考察しているので、LINEをはじめとするSNSのチャット機能を利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEの未読無視がうざいと言われる理由を学べる。
  • 友達や彼氏彼女の未読スルーについて考えるきっかけになる。
目次

LINEの未読無視はうざいからやめてほしい4つの理由

いうまでもなく、LINEのメッセージを未読無視されたことによってイライラする人たちもいます。

改めて、なぜ、「うざい」という感情が湧き上がってくるのでしょうか?

その理由は大きく4つあると言ってよいでしょう。

LINEの未読無視はうざいからやめてほしい4つの理由

  • 理由1 いつまでも待ってしまう。
  • 理由2 用事があるのに調整がつかない。
  • 理由3 無視される理由がわからない。
  • 理由4 自分を軽んじられているのが腹立つ。

ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

理由1 いつまでも待ってしまう

第1に、メッセージが未読無視の状態であることによって、いつまでも待ってしまうことからうざいと感じる可能性があります。例えば、なるべく早く返事が欲しい場合、何度もLINEを開いて既読を確認する人たちもいるはずです。数時間ならまだしも、その状態が2日あるいは3日と続くのはかなりめんどくさいですよね。

「この人から連絡は返ってくるのだろうか?」という余計な心配を抱えてしまう側からすれば、メンタル的にも負担になると考えられます。もちろん、仕事やテスト勉強など特別な事情があるのかもしれませんが、連絡を待っている人たちの気持ちを考慮すると、一言なんでもよいので返事をしてあげたほうがよいでしょう。

理由2 用事があるのに調整がつかない

第2に、メッセージが未読スルーされてしまうと、用事があるのに調整がつかずに苛立ちを覚えると推定されます。

具体的に言えば、知人を含んだイベントの誘いで出欠を確認したり、会社でお世話になっている人のお祝いを徴収したりするなど、一定の期間内で関係者と連絡を取り合う必要がある場合、未読無視されてしまうと、この先の見通しが立てることができないので困ってしまいます。

そのような状況に陥ることは考えれば想像できるからこそ、相手からすれば「自分のことを中心にしていて、うざい」と感じてしまうのかもしれません。特に、真面目な性格な人は物事をキチッとしないと気が済まないので、余計に腹が立つのではないでしょうか。

理由3 無視される理由がわからない

第3に、そもそも無視される理由がわからないことから、相手は「意味がわからない」と困惑すると考えられます。

当然ながら、相手から無視された原因を聞くことができない限り、本人は相手の気持ちを想像するしかありません。しかしながら、いくら理由を考えたところで真意を直接的に確かめなければ、答えは明確にならないのが現実です。とりわけ、好きな相手に無視されているならば、気になって眠れなくなる繊細な人たちもいるでしょう。

いずれにしても、「無視する」という行為は相手との関係を悪くさせることは言うまでもありません。裏を返せば、未読無視することを選択した人たちは、相手と付き合わないことを選択した可能性があると言えるでしょう。

理由4 自分を軽んじられているのが腹立つ

第4に、自分を軽んじられていることが腹立つという人たちもいるでしょう。

具体的に言えば、用事があって連絡しているのにもかかわらず、未読無視されるということは「どうでもよい存在」として扱われていると感じてしまう人たちもいるわけです。たしかに、そもそも相手が大切であるならば、特別な事情がない限り、未読無視はしませんよね。その意味では、邪険にされたと思って「うざい」と怒るのも無理はないでしょう。

とりわけ、プライドが高い人たちは自分が無視されることに気分を害する可能性が高いので気をつけてください。ただ、相手を苛立たせるだけで終わるならよいですが、周囲にネガティブなことを言いふらされて自分が大切にしている人間関係も壊れてしまう危険性があります。

友達でも親しき仲にも礼儀がある

友達だからと言って未読無視するのは禁物です。親しき仲にも礼儀があると言われるように、人間関係を良好に保つためにはお互いを尊重する気持ちが不可欠です。性格に違いにもよりますが、友人だから何でも許されると思っていたら、最終的には孤立してしまうおそれがあるので注意しましょう。

良くも悪くも些細な一言の有無で人間関係は大きく変化します。仮に、自分に悪気がなかったとしても、相手からすれば不信感を招くきっかけになってしまうこともあります。

とはいえ、社会人であるならば仕事で忙しかったり、他者と関わる余裕がなかったりする可能性も十分にあり得ます。とりわけ、几帳面で一生懸命に働いている人であれば、あれもこれも一度にやるのがストレスになることもあるはずです。いずれにしても、お互いを尊重しながら、良好な関係を保つための努力を続けていくことが大切だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる