既読スルーされたら終わりと判断すべき7つの基準【保存版】

友達や好きな人と楽しくLINE(ライン)のやりとりをしていたのにもかかわらず、いきなり既読スルーされて不安になった経験のある人たちもいるはずです。なかには、メッセージを見ているはずなのに連絡が来ないことに対して絶望感を抱くこともあるかもしれません。

実際のところ、既読無視されたときに終わりと判断するには、何を基準にすればよいのでしょうか?

この記事では、既読スルーされたら終わりと判断すべき7つの基準を解説しています。既読スルーで眠れない夜を過ごしているあなたの今後の指針として、少しでもお役に立てれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • 既読スルーされたら終わりと判断すべき基準がわかる。
  • 相手との関係性について考えるきっかけになる。
  • 連絡が返ってこないときの
目次

既読スルーされたら終わりと判断すべき7つの基準【保存版】

さて、相手からメッセージを既読スルーされたときに「終わり」と判断する指標としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

これに関しては、大きく7つの基準があると考えられます。

ここでは、それぞれのポイントについて説明していきます。

その1 何度も既読スルーされる

第1に、メッセージを繰り返し送っているのにもかかわらず、何度も既読スルーされている場合は「終わり」と判断したほうがよいかもしれません。

もちろん、忙しくて忘れていたり、LINEを送ったタイミングが悪かったりする可能性もあるので、1度や2度で結果を決め手つけてしまうのは禁物です。

しかし、一定の頻度で何度も連絡しているのに返事が一向にこないときは、「あなたを無視する」という意思があると考えてもよいでしょう。その場合は諦めて、次の出会いを求めたほうがよさそうです。

ただし、病気や事故などの緊急事態で連絡を返せない場合があるので、共通の友達に確認を取ることをおすすめします。

その2 大切な話を無視された

第2に、人生の悩みなどの大切な話を既読無視された場合は諦めたほうがよいでしょう。

何気ない話ならともかく、あなたが真剣に伝えていることをスルーするのは、「大切な存在ではないこと」を意味している可能性が高いと言わざるを得ません。

もちろん、大切な話だからこそ返信内容に戸惑っていることも考えられますが、全く連絡が返ってこないのは、相手とコミュニケーションを取ることを放棄した不誠実な対応です。

話した側からすれば、相手を信頼したからこそ大切な話を共有しているわけですから、それを無視するのは「脈なし」と判断せざるを得ないでしょう。

その3 デートの誘いをスルーされた

第3に、デートの誘いを無視された場合、相手との関係が進展する可能性は低いと言えます。

一般的に、相手が自分に気があるならば、デートの誘いを受けてくれるはずです。忙しくて予定が合わなかったとしても、ずっと既読スルーされ続けることはないでしょう。

その意味では、好きな人から連絡が返ってこない時点で「脈なし」であると判断すべきです。厳しい現実ですが、自分が勇気を出して誘ったメッセージを無視されたときは新しい恋愛に向かって準備を始めることをおすすめします。

その4 別な友達には連絡がある

第4に、自分以外の友達にはメッセージが返ってきている場合、諦めたほうがよさそうです。

あなた以外の人たちに連絡を返している以上、明らかに無視されていると言わざるを得ません。そもそも、友達には返信しているのに自分に連絡がないのは「どうでもよい存在」に見なされている可能性があります。

自分だけが既読無視されているのはショックを受けてしまうかもしれませんが、あなたに対する相手のスタンスとして認めること重要です。

その5 真剣な謝罪を無視された

第5に、真剣な謝罪のメッセージを送ったのに既読無視された場合は、相手との関係性を修復できないかもしれません。

残念ながら、この世の中には真摯に謝っても許してもらえないこともあります。すなわち、許せる範囲は個人の性格によって違うため、あなたが反省している意思を示しても心を閉ざされてしまうこともあるわけです。

無論、心の底から悔いている様子が伝わって仲直りできるケースもありますが、既読スルーが長期間にわたって続いている場合、怒りを通り越して冷めているおそれがあります。場合によっては、アカウントをブロックされてしまうこともあります。

その6 電話も出ない

第6に、メッセージ以外に電話も出ない場合は、相手はあなたを拒絶している可能性があると考えられます。

残念ながら、連絡を断つのは絶交の基本的な手段です。すなわち、LINEも電話も受け付けないのは、あなたと関わりたくないという相手の意思が表れている結果であるかもしれないわけです。

ただし、事故や病気などの緊急事態が発生している場合、相手は連絡を返したくても返せない場合があるので、注意してください。場合によって、友達や家族と連携して安否確認をしてあげたほうがよいかもしれません。

その7 SNSが更新されている

第7に、自分の連絡は無視されているのに、TwitterやインスタなどのSNSが更新されているときは「終わり」と考えたほうがよいかもしれません。

いうまもでなく、SNSで写真や文章を投稿する時間がある以上、相手は忙しいから既読スルーしているわけではありません。はっきり言えば、あなたに連絡を返す意思がない可能性が高いわけです。

もちろん、連絡を返すスピードは個人によって異なります。だれもが必ずしも既読してからすぐに連絡を返すわけではありません。けれども、あなたと連絡を取ることに対して前向きな気持ちがあるならば、いつまでも既読無視することはないはずです。

執着せずに諦めることも大切

だれだって、好きな人や友達から既読スルーされるのは嫌ですよね。いうまでもなく、あなたを大切な存在に思っているならば、遅かれ早かれ連絡は返ってくるはずです。

あるいは、知らない間に相手を傷つけている可能性も決してないとは言い切れません。その意味では、既読スルーされたタイミングで相手との関係を一度見直してみることをおすすめします。

そのうえで、相手の既読スルーが続く場合は執着せずに諦めることも大切です。人生には、出会いもあれば、別れもあります。自分がどれだけ関係を続けたくても、うまくいかない現実を受け入れなければいけないときもあるのです。

辛いかもしれませんが、自分磨きのタイミングであると割り切って次に進むと決めるしかありません。過去に囚われて今と未来を犠牲にしては負の感情から抜け出すことはできません。思い切って新しい人間関係を形成することに注力してみましょう。

既読スルーされたら終わりと判断すべき7つの基準【保存版】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次