未読無視で察しろという人たちの心理5選|連絡しない方がよいのか?

LINE(ライン)をはじめとするチャットサービスで自分が送信したメッセージを未読無視されて、ショックを受けた経験のある人たちもいるはずです。

だれだって、他人から無視されるのは傷つきますよね。特に、友達や好きな人から未読無視されると、「自分はどうでもいい存在なのかもしれない」と落ち込む人もいるかもしれません。

一方で、未読無視する側にも何らかの事情があるはずです。なかには、メッセージを無視していることに文句を言う前に「状況を察して欲しい」という気持ちを持っている人たちもいるようです。

この記事では、未読無視で察しろという人たちの心理5選を考察しています。また、「未読無視されているときは連絡しないほうがよいのか?」という疑問についても記述しているので、参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 未読無視で察しろという人たちの心理について学べる。
  • 「未読無視されたときに連絡しないほうがよいのか?」という疑問について考えるきっかけになる。
  • 相手との関係性について見つめ直す機会になる。
目次

未読無視で察しろという人たちの心理5選

さて、未読無視することに対して「察しろ」という人たちには、どのような理由があるのでしょうか?

一概には言えませんが、未読無視から自分の気持ちを想像して欲しいという人たちの心理について5つの視点から考察していきます。

心理1 忙しくてメッセージを見る余裕がない

第1に、忙しくてメッセージを見る心理的な余裕がないことが挙げられます

とはいえ、メッセージを送っている側からすれば、チャットを見る時間くらいあると思いますよね。けれども、物理的に可能でも心理的に辛いときは、だれにでもあるのも事実です。例えば、仕事で忙しかったり、勉強に集中していたり、人にはそれぞれの状況があります。

目の前にあるやるべきことを放置して他人に付き合っていると、自分のことが何にもできずに後から追い詰められてしまいます。もちろん、だからと言って無視してもいいわけではありませんが、未読無視している相手は他人とコミュケーションを取るゆとりがないのかもしれません。

一見すると、自分勝手に思えるかもしれませんが、「余裕がないことを察して欲しい」という気持ちを受け止めてあげないと、未読無視する相手とのコミュケーションはうまくいかないでしょう。

心理2 連絡を返すのが気まずい

第2に、未読無視する人たちは連絡を返すのが気まずいと感じている可能性があります

実際、メッセージを送った側は軽い気持ちで尋ねたことだったとしても、相手が重く受け止めてしまうことはあります。例えば、「仕事の調子どう?」というメッセージを受け取った人がビジネスで大きな失敗をした場合、「過去に絶対成功する」と宣言した相手に連絡を返すのはしんどいはずです。

その結果、未読無視することは十分にあり得る話です。いわゆる、自分にとって都合の悪いことに対して、潔く反応できるほど、人間は強くないのです。冷静に考えると、LINEから尋ねている側や尋ねられている側のテンションを推し量るのは難しいですよね。

とりわけ、テキストは解釈の仕方次第でいくらでも意味が広がってしまいます。そのときの相手の状況によっては返しづらい質問になってしまうこともあるわけです。その意味では、「今は何も聞かないで欲しい」という心理が未読無視につながっているのかもしれません。

心理3 緊急事態に見舞われている

第3に、未読無視している人は事故や病気などの緊急事態に見舞われている場合があります

もし、相手がメッセージを無視するような性格や関係ではないのなら、連絡を返したくても返せない状況にいる可能性があります。あまりにも不自然である場合、家族や親しい友人と連携して本人の状況を確認することで、相手を助けてあげられるかもしれません。

トラブルはいきなり発生します。だれも未来を予測できない以上、常日頃から気に掛け合っていくことがお互いの身を守ることにつながるのです。その意味では、「未読無視」が「助けてほしい」という無言のメッセージであるときもあるので、くれぐれも注意してください。

心理4 相手に興味がない

第4に、未読無視する人は「相手に興味がない」というメッセージを発していると推察されます

メッセージを送った側が相手に好意を抱いている場合、連絡を取り合いたいと思うのは自然なことです。しかしながら、相手が同じ気持ちとは必ずしも言えないですよね。

厳しい現実かもしれませんが、未読無視するのは好意がないからかもしれないわけです。さらに、好意もないのに思わせぶりなコミュニケーションを取るのは不誠実であると考えている人たちもいるはずです。つまり、無視することで「あなたと付き合う未来はない」と伝えている可能性があるのです。

もちろん、はっきり言わないとわかりづらいのも事実です。こればかりは人の気持ちですから、察するのが難しい状況もあります。その意味では、再びメッセージを送って気持ちを確かめてみるのもよいでしょう。

心理5 嫌なことをされて怒っている

第5に、未読無視する側は嫌なことをされて怒っているのかもしれません

どのような人でも気分を害された相手からの連絡を返すことに対しては前向きになれませんよね。特に、その内容が自分の許容範囲を超えていた場合、縁を切りたいと感じる人たちもいるはずです。さらに、相手が悪気なくメッセージを送ってきたとしたら、嫌悪感が増して無視することもあるでしょう。

実際、チャットサービスには、特定のユーザーをブロックする機能が実装されているので、あなたのアカウントが拒否されている可能性もあります。相手の心を傷つけたことに思い当たりがあるならば、まずは丁寧に謝りましょう。

未読無視されたら連絡しないほうがよいのか?

以上のことを踏まえると、未読無視されたときは連絡しないほうがよいのでしょうか?

結論から言えば、必ずしも連絡しないほうがよいわけではありません。すなわち、相手の状況によって、柔軟に判断を変える必要があります。繰り返しになりますが、未読無視する背景は人によって異なります。なかには、緊急事態で連絡を取れない状況に追い詰められているおそれがあるわけです。

だからこそ、まずは相手の状況を確認するために、本人以外の人たちと連携することをおすすめします。すなわち、未読無視の理由を事実から確かめる必要があるわけです。大切なのは自分の感覚で物事を決めつけないことです。

もちろん、無視することは決してよい振る舞いとは言えません。しかし、相手のことが本当に大切ならば、まずは本人の立場になって状況を判断しないと、関係が破綻する危険性があるので気を付けましょう。

察するのにも限界はある

とはいえ、メッセージの未読無視はコミュニケーションの断然です。相手から情報を得られない以上、自分だけで状況を察するのには限界があります。その意味では、無視された側の心理的な負担は大きいと言わざるを得ません。したがって、可能な限り、未読無視はやめたほうがよいでしょう。

日本人特有の察する力を求めるのもまた自分の都合です。どちらかが自分勝手な行動をすれば、お互いの関係性はうまくいきません。一度、深呼吸してから、相手との関係を見つめ直すことから始めてみましょう。

未読無視で察しろという人たちの心理5選|連絡しないほうがよいのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次