SNSをやらない人に当てはまる8つの特徴|かっこいいのは本当?

スマホの普及に伴って、TwitterやインスタグラムなどのSNSが当たり前のように使われる時代になりました。おそらく、みなさんのなかでも、1日のうちに1回は何らかのSNSを利用しているのではないでしょうか。

しかしながら、なかにはSNSと距離を取っている方たちもいます。これだけ流行しているのにもかかわらず、SNSをやらないという選択を取った人たちには、どのような性質があるのでしょうか?

この記事では、SNSをやらない人に当てはまる8つの特徴を解説しています。また、「SNSをしない人がモテる」という意見についても考察しているので、SNSに興味のある人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • SNSをやらない人に当てはまる特徴を学べる。
  • SNSをやらない人はモテるという噂について検討できる。
  • SNSとの距離感について考え方を改める機会になる。
目次

SNSをやらない人に当てはまる8つの特徴

さて、SNSをやらない人たちには、どのような特徴があるのでしょうか?

これに関しては、大きく8つの性格があると考えられます。

ここでは、それぞれの性格や考え方について説明していきます。

特徴1 実生活の人間関係以外に興味がない

第1に、SNSをやらない人たちは実生活の人間関係以外に興味がないと考えられます。

TwitterやインスタグラムなどのSNSでは、アカウントさえ持っていれば、世界中のどこにいても、ユーザーと交流できます。地理的な制約に囚われることなく、いろんな人たちと友達になれるのはSNSの醍醐味であると言ってもよいでしょう。

しかし、日常生活で豊かな人間関係に恵まれていたり、不特定多数の個人と関わることが好きではなかったりする人たちからすれば、『普段、まったく関わりのない人たちとコミュニケーションを取って何の意味があるのだろう?』と思うこともあるはずです。

一概には言えませんが、インターネットの世界だけで完結する人間関係は疎遠になってしまうことも多く、いざという時に、お互いを支え合うには頼りがないと感じる人たちもいると思います。

以上のことから、SNSをやらない人たちは、ネット上の付き合いよりも身近にいる人たちと一緒に過ごすことを優先しているのではないでしょうか。

特徴2 SNSを利用する時間がもったいない

第2に、SNSをやらない人は時間がもったいないと考えていると推測されます。

サイゾーウーマンが100人に実施したアンケートによれば、SNSをやらない理由として「時間がもったいない」と回答した人たちは、次のようにコメントしています。

・SNSをダラダラ見てしまって、寝不足になったり、やるべきことができなかったりしたことがあったのでやめた(30代/女性/正社員)
・やったところで自分になんのメリットもなく、時間の無駄だと思っているからです(30代/女性/無職)
・時間がもったいないから。SNSをやる時間があったらほかのことをしたい。またSNSは自分が満たされることよりも、イライラすることの方が多いから(20代/女性/無職)

Twitter、FB、インスタを一切やらない理由を調査!「不幸アピールうざい」「会社に監視されてた」より引用(最終確認日:2020/6/30)

加えて、TesTee Labが10代〜40代以上の男女1,367名対象に実施した『【全年代対象】SNS利用に関する調査』によれば、5人に1人が1日1時間以上利用していることが分かっています。

【全年代対象】SNS利用に関する調査

TesTee Lab『【全年代対象】SNS利用に関する調査』から引用(最終確認日:2020/4/29)

1日24時間で人生の3分の1は眠っているとすれば、1日当たりの活動時間は16時間です。もし、1日のうち1時間をSNSに費やし続けるとしたら、人生の約6%を使うことになります

その時間を別なことに使ったほうがよいと考えている人たちは「SNSをやらない」ことを選択しているのかもしれません。

特徴3 自分のことを他人に知られたくない

第3に、SNSをやらない人は、自分のことを他人に知られたくないと思っている可能性があります

言うまでもなく、SNSでは、たくさんのユーザーが自分の日常生活に関する投稿を定期的にアップロードしています。食べたものや行った場所など、フォロワーに充実した様子を見せるために、わざわざ写真を撮りにいく人たちもいるくらいです。

だからこそ、SNSは個人情報を収集する便利なツールになっているとも言えます。実際に、ネット社会では、個人を晒すといった恐ろしい行為が当たり前のように行われています。

一度、ネットにアップロードした写真や文章は消したとしても、だれかが保存している限り、残り続けてしまいます。それが他人に知られては困ることだったとしても、外部からデータを消すことはできません。このような危険性を鑑みて、SNSと距離を取っている人たちもいるわけです。

特徴4 SNSに不信感を持っている

第4に、SNSをやらない人は、ソーシャルメディアの投稿情報に対して不信感を持っているのかもしれません。

TwitterやFacebookが誕生して個人が情報発信の主役となったことで、今まで埋もれていた当事者たちの感情や経験を知る機会が増えました。

その一方で、フェイクニュースなど他人に不利益を被らせる悪意のデマも横行しています。いわゆる、インフォデミックという問題です。こちらに関しては、以下の記事をご覧ください。

SNSで拡散されているからといって、その情報が真実とは限りません。その意味では、個人が情報を発信する時代だからこそ、リテラシーが問われるようになったともいえるでしょう。

特徴5 他人の自慢にうんざりしている

第5に、SNSをしない人たちは他人の自慢にうんざりしていると推定されます。

いうまでもなく、インスタやFacebookなどのSNSで投稿される内容はポジティブなものがほとんどです。仕事の結果、結婚、自分が食べた高級料理など、他人から羨ましがられるような充実した生活を公開している人たちがたくさんいるわけです。

冷静に考えると、他人の自慢を見聞きしたところで自分の生活には全く変化は起こりません。むしろ、現在の環境に不満を持っている人たちからすれば、「どうして自分ばかり、こんな辛いことばかりなのか……」とネガティブな気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか。

特徴6 そもそも投稿することがない

第6に、そもそも投稿することがないから、SNSをやっていないという場合もあるでしょう。

これに関しては、女優の北川景子さんもSNSをやらない理由として次のように言っています。

「また、18年10月29日、映画『スマホを落としただけなのに』の公開直前イベントに出席した時、SNSをやらない理由について『あまり映える生活を送っていない。何を載せたらいいのかな?っていうのもある』とSNSが不向きであると発言。

サイゾーウーマン『「売れっ子だから言える」「ほかの俳優に聞かせたい」SNS“やらない”理由が話題の芸能人3人』より引用(最終確認日:2021/12/22)

たしかに、投稿するようなものがないのであれば、SNSを無理にやる必要もありません。「SNS映え」という言葉もありますが、わざわざ他人に見せるために写真や動画を撮っている人たちとは感覚が違うのかもしれません。

特徴7 デバイスに苦手意識がある

第7に、デバイスに苦手意識がある人たちはSNSを使いこなせないことから、やっていないと考えられます。

とりわけ、シニア層はスマホ利用に関して難しさを感じている人たちも多いので、Twitterやインスタを活用するハードルは、それなりに高いと言ってもよいでしょう。

もちろん、インターネットが誕生してから20年以上が経過しているので、SNSをはじめとするIT関連のサービスに抵抗感がない人たちもたくさんいます。実際に、総務省が公開するデータによれば、65歳以上でSNSを使っている人たちも決して少なくないことがわかります。

SNS利用率

総務省『インターネットの利用状況』から引用(最終確認日:2021年12月22日)

今後、生まれたときからデジタルデバイスがある世代が高齢者層になる時代になれば、状況も大きく変わる可能性があると言えるでしょう。

特徴8 SNSをやらないほうが幸せだと感じた

第8に、SNSをやらないほうが幸せだと感じた人たちは、インスタやTwitterを敢えてやらないという選択をした可能性があります。先述のとおり、SNSは必ずしも良いサービスであるとは限りません。

むしろ、その使い方を間違えると、自分を見失ってしまう危険な道具と言っても過言ではないでしょう。

普段全く会うことのない他人の日常生活や企業の広告宣伝など、SNSには自分にとって無駄な情報もたくさんあります。あらゆるものがコンテンツ化される現代社会で、「何が必要なのか?」よりも「何がいらないのか?」を見つけることは容易ではありません。

だからこそ、自分に必要なものは自分で見つけるといった生活スタイルを身につけたほうが楽といった考え方もあると思います。それを実現する手段のひとつとしてSNSから距離を置いたときに、余計なものから解放されて幸福度が上がる人たちもいると考えられます。

かっこいいの本当なのか?

一部の記事では「SNSをやらない人がモテる」といった話がありますが、本当なのでしょうか?

冷静に考えてみると、「SNSをやらない=モテる」という単純な話が真実であるとは考えられません。

人から好かれる理由は多様であり、一括りで説明できるような性質のものではないからです。

とはいえ、なぜ、SNSをやらない人には「かっこいい」という印象があるのでしょうか? 

一概には言えませんが、SNSをやらない人には安心感や世間に流されない安定感があることから、「かっこいい」と考える方たちもいるのかもしれません。

例えば、SNSを積極的に使っている人たちは不特定多数の個人と絶えず交流していると推定されます。したがって、恋人からすれば、浮気されたり、自分のことを放っておかれたりするのかもしれないと不安になる可能性は0ではありません。

加えて、SNSをやらない人たちには、社会の風潮や他人の意見に流されない「冷静さ」を持ち合わせているというクールでかっこいい印象があるのかもしれません。

SNSを価値的に利用しよう!

SNSは便利な道具ですが、一歩間違えると人を傷つける道具になりかねません。

近年では、SNSの炎上や誹謗中傷が原因で自殺に追い込まれた方々もいます。相手の背景も知らずに一方的に否定するのは、コミュニケーションではなく、単なる言葉の暴力なのではないでしょうか。

だれかを傷つけるために使うのではなく、社会や自分を豊かにするためにはどうすればよいのか。もしかしたら、その知恵は、SNSと距離を取っている人々から学ぶことができるのかもしれません。

SNSをやらない人の特徴8選|かっこいいと言われる理由は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次