LINEでめんどくさい男性や女性と距離を置く7つの対処法【例文付き】

LINE(ライン)は気軽に連絡できるツールとして便利である一方、男性や女性などの性別に関係なく「めんどくさい」と感じる人たちもいるはずです。とはいえ、相手に対して面倒だからLINEをやめるなんて、直接的に伝えるのは人間関係が悪化するだけなので、現実的な対処法とは言えませんよね。

実際のところ、LINEがめんどくさいときには、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、LINEでめんどくさい男や女と距離を置く7つの対処法を紹介しています。加えて、めんどくさいと感じる心理や、めんどくさいと思われるメッセージの例についても考察しているので、LINEを使っている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 男女問わずLINEがめんどくさいときの対処法を学べる。
  • LINEをめんどくさいと感じる人たちの心理がわかる。
  • めんどくさいLINEの事例を知ることができる。
目次

LINEでめんどくさい男や女と距離を置く7つの対処法

さて、LINEをめんどくさいと感じたとき、どうしたらその状況を回避できるのでしょうか?

その対処法は大きく7つあると考えられます。

それぞれの立場に応じて効果がありそうな方法を実行してみてください。

方法1 返信するスピードを徐々に遅くする

第1に、LINEがなかなか終わりそうにないとき、返信するスピードを徐々に遅くすることで、やんわりとフェードアウトしましょう。

いうまでもなく、いきなりLINEを無視すると、「せっかく連絡しているのに失礼な人だ」と相手が気分を害するおそれがあります。しかし、メッセージに返答する時間を段階的に遅くすることで、コミュニケーションの勢いは減速していきます。

その結果、こちらがLINEを継続することに対して面倒と感じていることに気付かれにくく、相手が不快な気持ちにならずにLINEを終わらせることができると考えられます。

方法2 急用が入ったことを理由に終わらせる

第2に、病気や仕事などの急用が入ったことを理由にLINEを終わらせる方法もおすすめです。

一般的に、相手が受け入れざるを得ない事情を盾にして、都合の悪い状況を回避するのは頻繁に使われている対処法であると言えます。LINEを送っている側からしても、緊急事態ならば仕方がないと諦める可能性が高いはずです。

ただし、嘘を付いていると疑われてしまうおそれもあるので、急用を理由に面倒なLINEを終わらせる対処法の使用頻度に関しては注意したほうがよいでしょう。1人当たり1回までが上限であると思っておいたほうがよいと思います。

方法3 スタンプで会話を終わらせる

第3に、LINEのスタンプを使って会話を終わらせる対処法があります

文章でのやり取りはいつまでも続いてしまいがちです。そのようなときに、スタンプを使用して会話に区切りをつけることで、相手も空気を察してLINEを終わらせてくれる可能性があります。

もちろん、スタンプを使うタイミングとしては会話の流れがひと段落しそうなときになりますが、「おやすみなさい」や「また今度」などのスタンプを送ることで、自分が会話を続ける意思がないことを間接的に伝えることができます。特に、自分から文章で会話を終わらせることに対して抵抗感がある人たちは使ってみましょう。

方法4 そっけない返事を送る

第4に、そっけない返事を送るという対処法があると考えられます。

具体的に言うと、「うん」や「わかった」などの短文で返信することで、会話が終わりに向かいやすいと言えるでしょう。加えて、そっけない態度を繰り返されるうちに、「相手は自分に興味がないのかもしれない」と察してくれるかもしれません。

ただし、相手が拗ねて反抗的な態度を取ってくるおそれもあるので、個人の性格をよく見極めてから実行することを推奨します。

方法5 好きな人がいることを伝える

第5に、相手が自分に対して好意を持っている場合、好きな人がいることを伝えるのもおすすめです

厳しい現実ですが、好きでもない相手とLINEを続けることに対して不毛なやり取りであると感じる人たちは、多いはずです。だからこそ、恋が成就する見込みがないことを知らせることで本人の諦めがついて、面倒なLINEが送られてこなくなる可能性があります。

一見すると、残酷な対応にも思われるかもしれませんが、はっきりと未来がないことを伝えることで、相手は次の恋愛に踏み出せるきっかけを得られるので、最終的に本人のためになるのではないでしょうか。むしろ、実らない恋にいつまでも時間をかけさせるほうが無慈悲かもしれません。

方法6 通知をオフにする

第6に、相手からLINEが届いたときの通知をオフにする対処法があります

通知をオフにすることで面倒なLINEに自分のリズムが崩される頻度は少なくなると考えられます。実際のところ、LINEが送られてくる度に通知が届くことで気が散る人たちもいるはずです。相手が返信に要する時間が長いならまだしも、レスポンスが早い場合はスマホが鳴る度に集中力がかき乱されてしまうかもしれません。

なお、通知をオフにする方法は以下のとおりです。

LINEで通知をオフにする方法

  • 手順1 特定のユーザーとのトークを左から右にスワイプする。
  • 手順2 通知のアイコンをタップする。
LINEで通知をオフにする方法
LINEで通知をオフにする方法

方法7 LINEを使わないことを明言する

第7に、LINEを日常的に使わないことを明言することで、めんどくさいメッセージが届かなくなる可能性があります。

スマホが普及した今日において、LINEを使用していないというのは考えづらいですが、ITをはじめとするテクノロジーに苦手意識を持っている人たちは存在します。

そのジャンルに自分も属していることを伝えることで、LINEを送っても返事がこないという印象を持たせておくわけです。

LINEをめんどくさいと感じる理由

そもそも、LINEをめんどくさいと感じるのは、どうしてなのでしょうか?

一概には言えませんが、その理由は大きく3つあると考えられます。

理由1 長文で返すのに手間がかかる

はじめに、LINEのメッセージが長文すぎると、返信するのに手間がかかるので「めんどくさい」と思われてしまう可能性があります。

特に、質問が複数入っていたり、気軽に回答しづらい内容が含まれていたりする場合、テキストを作成するだけでも相当な時間がかかってしまうので、相手が疲れてしまうおそれがあるでしょう。

理由2 レスポンスが早すぎる

続いて、レスポンスが早すぎるのも面倒に思われる要因になると考えられます。

ビジネスであれば、返信が速いのはよいことです。

けれども、プライベートで付き合っているわけでもない相手とLINEをしているときに、数秒で返ってくると、徐々に連絡を返すこと自体が負担になってしまうおそれがあります。

その意味では、LINEを返信するストレスがたまらない程度に時間の間隔をあけたほうがコミュニケーションは取りやすいのではないでしょうか。

理由3 相手や話題に興味がない

最後に、相手や話題に興味がない場合、LINEそれ自体が面倒になると推察されます。

実際、LINEがめんどくさいと感じる根本的な原因は「現時点において相手に関心がない」からだと言ってよいでしょう。そもそも、自分が尊敬する相手だったり、好きな人だったりする場合、LINEでコミュニケーションを取るのは楽しいはずです。

多少、メッセージのやり取りが大変でも、その人との人間関係がリアルタイムで充実していれば、めんどくさいとまでは思わないのではないでしょうか。

めんどくさいLINEの例

それでは、実際に「めんどくさい」と思われてしまうようなLINEのメッセージには、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、具体的事例を大きく2つのパターンに分けて説明していきます。

彼氏・彼女の場合

彼氏や彼女などの好きな人だったとしても、「めんどくさい」と感じるLINEがあるはずです。特に、自由な時間を奪うような束縛的な内容はパートナーの性格に応じて控えることを推奨します。

<例文>

  • 今日はどこ行ってたの?
  • 今どこにいる?何時くらいに帰るの?
  • いつ帰ってくるの?
  • なんで連絡くれないの?

友達の場合

友達という親しい間柄でも、「めんどくさい」と思われてしまう可能性はあります。「親しき中にも礼儀あり」という諺もあるように、友人だからといって何でもありと思っていたら、嫌われてしまうかもしれないので注意しましょう。

<例文>

  • 今から来れる?
  • ちょっと車で送ってくれない?

人間関係を整理するのも大事

LINEをめんどくさいと感じたとしても、メッセージを無視するのは気が引けるという人たちもたくさんいるはずです。けれども、自分にとって本当に必要な人間関係を見極めることも大切です。

SNSを通じて、さまざまな人たちと関われる時代になりましたが、一人ひとりを大切できない関係なら、あっても意味はありません。おそらく、10年後には繋がりが消えている可能性さえあるでしょう。

もちろん、人との縁は大切にしたほうが自分の身を助けることも多いかもしれませんが、自分が消耗する一方である場合は見直してみることをおすすめします。

LINEでめんどくさい男性や女性と距離を置く7つの対処法【例文付き】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次