LINEの引き継ぎで以前の端末がないときの対処法|トーク履歴はどうなる?

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)のアカウントを引き継ぎする際に、旧端末がなくて困っている人たちもいるはずです。とはいえ、新しいアカウントを作ってしまうと、データを引き継げないので諦めるわけにはいきませんよね。

しかしながら、前に使っていた端末がないのに、アカウントを引き継ぐことは可能なのでしょうか?

この記事では、LINEの引き継ぎで以前の端末がないときの対処法を解説しています。旧端末がないからといって必ずしも諦める必要はありません。端末を買い替えた人は参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 旧端末がないときにLINEのアカウントを引き継ぐ方法がわかる。
  • 以前の端末が引き継げないケースを学べる。
  • トーク履歴や連絡先をなくさないで済む可能性がある。
目次

LINEの引き継ぎで以前の端末がないときの対処法

さて、以前の端末がないときに、LINEのアカウントを引き継ぐには、どうしたら良いのでしょうか?

その対処法は大きく2つあると考えられます。

方法1 カスタマーサポートに連絡する

第1に、LINEのカスタマーサポートに問い合わせることで以前の端末がなくても、引き継ぎを実行できる場合があります。

具体的には、次の手順で引き継ぎに関する問い合わせを実行してください。

カスタマーサポートに連絡して以前の端末がない状態でも引き継ぎする方法

  • 手順1 LINEのカスタマーサポートにアクセスする。
  • 手順2 「ログインせずに続ける」を選択する。
  • 手順3 返信用メールアドレスを設定する。
  • 手順4 端末を指定したうえで「LINE/引き継ぎ・ログイン/引き継ぎ認証以外の問題で引き継げない」の項目を選択する。
  • 手順5 本人の問題であることを申告する。
  • 手順6「LINEアカウントの登録情報を覚えてない」を選択する。
  • 手順7 可能な限りアカウントに関する情報を入力する。
  • 手順8 LINEアカウントの連携状況を選択する。
  • 手順9 以前の端末がないという状況について具体的に説明して送信する。
カスタマーサポートに連絡して以前の端末がない状態でも引き継ぎする方法
カスタマーサポートに連絡して以前の端末がない状態でも引き継ぎする方法

上記の入力結果に応じてLINEのカスタマーサポートから返信が来るので、指示されている内容に従って手続きを進めてください。アカウントの特徴を具体的に説明したうえで、嘘偽りなく状況を報告することが大切です。

LINEはカスタマーサポートがとても充実しているので、諦めずにまずは連絡してみましょう。

方法2 本人確認を行う

第2に、電話番号のSMSで認証番号を受け取って本人確認を行うことで、旧端末がない状態だったとしても、引き継ぎが可能になる場合があります。

具体的には、新しい端末にインストールしたLINEのアプリを開いて「ログイン」を選択してください。その後に「電話番号でログイン」を選んで、手続きを進めていきましょう。電話番号を入力すると、6桁の認証番号がSMSで届きます。それを入力すれば、電話番号による本人確認は終了です。

電話番号で本人確認するときのLINE画面
電話番号で本人確認するときのLINE画面

なお、登録していない電話番号からSMSを受け取れる状態にしておくことを忘れないでください。加えて、電話番号による本人確認が終わったあとは、アカウントに登録しているパスワードの入力が必要になります。くわしくは以下のページで確認してください。

旧端末がないときにトーク履歴は引き継げる?

また、以前の端末がないときにトーク履歴を引き継ぐには、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、バックアップ専用のPINコードを事前に発行しておくことで、旧端末がなくてもトーク履歴を引き継ぐことができるようになりました。LINEの公式HPでも、次のように述べられています。

以前の端末が紛失や故障により利用できない場合でも、バックアップ用のPINコードを事前に設定しておくことで、直近14日間のトーク履歴が復元できるようになりました。

LINE『スマホが使えなくなった!新しい端末でLINEを引き継ぐ方法』より引用(最終確認日:2022年12月30日)

具体的なやり方は、引き継ぎの操作を進めていくときに表示される「トーク履歴を復元」を選択した後に、バックアップ用のPINコードを入力するだけです。

旧端末がないときにトーク履歴を引き継ぐ方法
旧端末がないときにトーク履歴を引き継ぐ方法

バックアップ専用のPINコードを発行する手段について知りたい方は公式HPの情報を確認してください。

以前の端末で引き継ぎが難しくなる条件

ただし、次に挙げる条件の全てに当てはまる場合、旧端末が使えない状態だと引き継ぎが難しくなる場合があるので注意してください。

以前の端末で引き継ぎが難しくなる条件

  • その1 旧端末と使用している電話番号が変更されている。
  • その2 以前のスマホが既に全く使えない。
  • その3 PC版のLINEも日常的に使用していない。

けれども、上記のうち2つ以下の条件に当てはまっている場合は、LINEのカスタマーサービスに問い合わせることで引き継ぎをサポートしてもらえる可能性があります。

そのため、すぐに諦めずに連絡してみることを推奨します。詳細は次のページから確認してください。

旧端末がなくても諦めないで!

旧端末が使用できなくなった時点でLINEアカウントの引き継ぎを断念するのはまだ早いです。実際、以前の端末が全く使えない状態でも引き継ぎに成功した事例はあります。

したがって、まずは電話番号による本人確認とカスタマーサポートへの問い合わせを試してみてください。あらゆる手段を講じても引き継ぎが難しい場合は、友達に協力を得ながら、少しずつ連絡先を以前の状態に戻していきましょう。

また、Facebookのメッセンジャーなどの別な連絡手段を使って、LINEの引き継ぎに失敗したことを告知しておくことで、あなたに連絡する必要がある友人たちに状況をリアルタイムで伝えることができます。ちょっとすれ違いで人間関係に亀裂が生じる場合があるので、細かな配慮を忘れないように気をつけましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次