体調を気遣うLINEはうざいのか?嬉しい例文と男性と女性の心理を考察!

  • URLをコピーしました!

学校や仕事など体調不良で休んでいる知り合いがいたときに、その様子が気になる人たちもいるはずです。特に、好きな人や友達が具合が悪いと知ったときは、気に掛ける一言を連絡したくなりますよね。

とはいえ、「体調が悪いから休んでいるのにLINEするのは余計なことかもしれない」と心配している人たちもいるかもしれません。実際のところ、どうなのでしょうか?

この記事では、「体調を気遣うLINEはうざいのか?」という疑問について考察しています。また、嬉しい例文や体調を気遣うLINEを送る男性や女性の心理についてもまとめているので、LINEを送ろうとしている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 「体調を気遣うLINEはうざいのか?」という疑問が解決する。
  • 体調を気遣うときの嬉しいLINEの例文がわかる。
  • 体調を気遣うLINEを送る男性や女性の心理について考えるきっかけになる。
目次

体調を気遣うLINEはうざいのか?

そもそも、具合が悪くて休んでいる人に対して、体調を気遣うLINEを送るのはうざいのでしょうか?

結論から言えば、LINEの内容によっては「うざい」と感じる人たちもいると考えられます。言うまでもなく、仮病ではない限り、相手は現在、心身ともに弱っています。そのため、いくら体調を気遣っているとはいえ、次のような性質のLINEがくるとネガティブな印象を受けるかもしれないので注意しましょう。

体調を気遣うLINEでもうざいと感じるメッセージの性質

  • その1 メッセージのやり取りが長引くLINE
  • その2 病状も含めて体調の詳細を詮索するLINE
  • その3 恩着せがましいLINE
  • その4 聞くと心配になる情報が含まれているLINE

本人は体調が悪いのですから、とにかくゆっくり休ませることが大切です。心配する気持ちはわかりますが、自分本位のLINEにならないように注意しましょう。

体調を気遣うLINEで嬉しい例文

それでは、体調の悪い相手の気持ちに寄り添ったLINEを作成するには、どうすればよいのでしょうか?

ここでは、体調を気遣うLINEで届いたら嬉しい例文を性質ごとに3つ紹介していきます。

例文1 1通で終わる

はじめに、体調が悪いことを考慮して1通で終わる気遣いのLINEを送りましょう

当たり前の話ですが、具合が悪いときにLINEで他人と連絡を取り続けるのは余計に疲れますよね。そのため、友達だったとしても、すぐに会話が終わるようなLINEが望ましいと考えられます。

具体的には、次のような例文を参照してみてください。

例文

友達から「学校を休んだ」と聞いて連絡しました😢 あんまり無理しないようにね……。今日の授業でわからないことがあったら、遠慮なく聞いてね💡ゆっくり休んで、元気になったら、また学校で会いましょう✨ またね😄

例文2 心配事をフォローする

続いて、本人が休んだことで発生している心配事をフォローする内容のLINEを送ってあげましょう

特に、自分が他人に迷惑をかけていると思いやすいような状況では、本人が自分を責めずにいられるような柔らかい文章を送ることを推奨します。あなたが上司の立場なら部下が休み明けに出勤しやすい状況を作るのが重要な仕事です。以下の例文を参照してください。

例文

こんにちは☺️ 今日はゆっくり休めましたか?💡身体が資本なので体力温存してくださいね✨新規事業のプレゼンは無事に終わったので心配しないでくださいね✨チームのみんなでまた元気に会えるのを楽しみにしています✨あんまり無理しないようにしてくださいね😌それでは✨

社会人として体調管理を重視する人たちもいるかもしれませんが、自分でもコントロールできない不確実な問題はたくさんあります。病気もそのうちのひとつです。もちろん、不摂生な生活はよくありませんが、反省している本人に追い討ちをかけても意味がないのでやめましょう。

例文3 助けを求めやすくする

最後に、彼氏や彼女などの恋人関係や親しい友達関係である場合は、買い出しをはじめとする身の回りのことを手伝ってあげるという内容のLINEを送るのもよいかもしれません

例えば、相手がひとり暮らしだった場合、具合が悪い時にご飯の支度をするのは辛いですよね。自分から助けを求められない人もいるので、遠慮しないように気遣いましょう。

例文

体調どう?😢もし、ご飯まだだったら、ちょうど近くにいるから買っていくよ✨ほかにも、ポカリスエットとか必要なものがあったら、まとめて持っていけるから遠慮せず言ってね☺️大変なときは頼っていいんだよ✨

もちろん、信頼関係が成り立っていることが前提です。距離感を間違えると、相手から不気味がられるおそれがあるので、くれぐれも注意してください。

体調を気遣うLINEを送る男性や女性の心理

一方で、体調を気遣うLINEを送ってくる男性や女性には、どのような心理があるのでしょうか?

一概には言えませんが、ここでは、3つの視点から体調を気遣う人たちの気持ちについて考察していきます。

心理1 純粋に心配している

第1に、体調を気遣ってLINEしてきた人は純粋に心配していると考えられます。

ただの風邪ならまだしも、休む前日に様子がおかしかったり、元気がなさそうにしていたりする場合、あなたの異変に気づいた人たちが連絡する可能性があるでしょう。

赤の他人が人の体調を心配するわけないと穿った目で見る人もいるかもしれませんが、この世には心の優しい人たちもたくさんいます。相手の善意を歪めることなく、誠実に受け取ることも大切です。

心理2 好意を抱いている

第2に、自分に対して好意を抱いている可能性があります。

いうまでもなく、好きな人が体調不良で休んでいたら、だれだって心配になりますよね。だからこそ、自分にできることを探して、助けてあげたいと思っている人たちがいるわけです。

とはいえ、あなたが相手に好意を持っていない以上、体調が悪いときに頼るわけにはいきませんよね。看病となると、物理的な距離も近くなってしまうので、その気にさせないように注意しましょう。

心理3 様子を伺っている

第3に、返信の内容から様子を伺っていると推定されます。

例えば、相手が上司だった場合、部下の健康状況を管理するために連絡しているのかもしれません。特に、近年では、退職届すら出さないうちに会社をいきなりやめてしまう人たちもいるため、体調不良で休んでいたとしても侮れないわけです。

これに関しては、会社に雇われている立場がある以上、当たり前のことであると言ってよいでしょう。返信があれば、上司もまた一安心というわけです。

返信がなくても責めない

体調不良で休んでいる人に対して気遣いのLINEを送ったとしても、返信がないのは当たり前であると思ったほうがよいでしょう。そもそも、具合が悪いのですから眠っているかもしれないのですから、そっとしておいてあげるのも優しさかもしれません。その意味では、返信がなかったとしても責めるのはやめましょう。

一方で、ひとりぼっちで体調を崩している人がいたら、余力の範囲で手助けしてあげるのも大切です。特に、容態が急変するおそれがあるなら、一声かけているだけで九死に一生を得られるかもしれません。世の中の人間関係が希薄化するなかで、自分の体調を気にかけてくれる人からのLINEは大切にしましょう。

体調を気遣うLINEはうざいのか?嬉しい例文と男性と女性の心理を考察!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次