帰宅報告LINEを付き合っていない男性と女性に送る3つの心理

  • URLをコピーしました!

みなさんのなかには、彼氏や彼女といった恋人関係ではないのにもかかわらず、他人からLINE(ライン)で帰宅報告が届いて疑問に感じている人たちもいると思います。実際、付き合ってもいない男性や女性から「今帰ってきた」なんてLINEがくると、リアクションに困りますよね。

そもそも、彼らが帰宅報告LINEを送るのは、どうしてなのでしょうか?

この記事では、帰宅報告LINEを付き合っていない男性と女性に送る3つの心理を解説しています。LINEのやり取りで他人との距離感に疑問を感じている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 帰宅報告LINEを送信する人たちの気持ちを考えるきっかけになる。
  • 相手との距離感について検討する良い機会になる。
目次

帰宅報告LINEを付き合っていない男性と女性に送る3つの心理

さて、付き合っているわけではない男性や女性が帰宅報告のLINEを送ってくるのは、なぜなのでしょうか?

一概には言えませんが、ここでは大きく3つの視点から帰ってきたとLINEしてくる人たちの心理について考察していきます。

心理1 一人で寂しい

第1に、恋人関係ではないのにもかかわらず、帰宅報告のLINEを送る人たちは寂しい気持ちになっていると考えられます。

冷静に考えると、帰宅報告する必然性がないのにもかかわらず、「今帰ってきた」や「仕事終わった」など報告をLINEで送るのは不自然ですよね。

しかしながら、一人で家に戻ってきて、だれにも「ただいま」と言ってもらえないことに孤独を感じるのは決しておかしなことではありません。とりわけ、大家族で育っている人ならば、家で一人になること自体に物足りなさを感じる可能性があります。

そして、この人なら「おかえり」って言ってくれるという期待感が付き合っていない相手でも帰宅報告LINEを送る心理的な背景になっているのかもしれません。

理由2 好意を抱いている

第2に、あなたに対して好意を抱いている可能性があります

恋人同士が自分たちの状況をリアルタイムで共有するのは自然なことです。その意味では、相手はあなたをパートナーになる存在として意識し始めているのかもしれません。すなわち、帰宅報告LINEは、送信者の心理的な距離感が近付いている証左なわけです。

付き合っていないとはいえ、このままコミュニケーションが続いていけば、どこかのタイミングで告白されるかもしれません。もし、あなたが相手を好きではないのなら、ゆっくるとフェードアウトしてあげたほうがよいでしょう。

理由3 感謝の気持ちを伝えたい

第3に、飲み会などのイベントの帰りだった場合、主催者や参加者に対して感謝の気持ちを伝えるために帰宅報告のLINEを送信したのかもしれません

自分が参加しただけで集まりに伴う準備を手伝っていない場合、企画の終了時に挨拶も兼ねて帰宅報告LINEを送る可能性はあるはずです。友達だったとしても、「今帰ってきた!今日はありがとね」というライトな文章を送信するのは不思議なことではありません。礼儀正しい律儀な人であると言えます。

また、女性の場合は自分が安全に帰宅したことを知らせることで相手を安心させるという配慮もあるかもしれません。おそらく、自分以外にも関係者全員に帰宅報告していると考えてよいでしょう。

帰宅報告LINEに対するベストな返信は?

なお、帰宅報告LINEに対する返信の仕方に迷っている人たちもいるはずです。実際のところ、どのようにLINEを返したらよいのでしょうか?

これに関しては、次の挙げる3つの返信内容を検討することをおすすめします。

その1 おかえりと言ってあげる

はじめに、一人で寂しいという感情を抱いている人たちには、「おかえり」と言ってあげましょう。それによって安心感が生まれるはずです。

もちろん、相手が友達だったり、好きな人だったりする場合のときだけでよいと思います。下手に他人の孤独を受け止めていると、依存されてしまうおそれがあります。その結果、自分の人生に集中できずに他人に振り回されてしまうので注意しましょう。

その2 電話する

続いて、あなたが相手を好きならば、帰宅LINEをきっかけにして電話するなどコミュニケーションを発展させることをおすすめします。

相手は用事を終えて自宅に戻ってきたのですから、基本的には時間があるはずですよね。LINEでメッセージのやり取りを続けるのもよいですが、リアルタイムで会話することで仲が深まる可能性があるので、勇気を出して「電話しよう」をメッセージしてみてください。

その3 スタンプやリアクションで終わらせる

最後に、スタンプで会話を終わらせるのも選択肢のひとつです。

いうまでもなく、あなたにとってどんでもよい相手の帰宅報告LINEに付き合う必要はありません。一般的に考えても、他人が家に帰ってきた情報なんてどうでもよいですよね。だからこそ、ダラダラと連絡を取り合っても、お互いに時間を無駄にするだけなので、スタンプやリアクションを送ってLINEを切ってしまいましょう。

なお、長く続いたLINEの終わらせ方を知りたい場合は、次の記事をご覧ください。

無理して相手に合わせる必要はない

当然ながら、帰宅報告LINEが付き合っていない相手から届いたときに、コミュニケーションしたいなら連絡を返せばよいですが、そうではないなら無理して合わせる必要はありません。「かまってほしい」という相手のニーズを満たす意味を見いだせないのに中途半端に関わり続けても良いことはないでしょう。

とはいえ、近年では一人暮らしの男性や女性が増えています。生涯独身で生きる人には、「おかえり」と温かく帰りを迎えてくれる人はいないわけです。淋しいのも無理はありません。その意味では、帰宅報告LINEは自らの居場所を探し彷徨っている人たちの呻き声なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次