LINEのオープンチャットが入りづらいときの入り方4選を紹介

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)のオープンチャットに参加したのはよいけれども、みんなの会話にうまく入れずに困っている人たちもいるはずです。実際のところ、出来上がったコミュニティに後から入るときに、流れを遮ることなく上手に溶け込むには、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、LINEのオープンチャットが入りづらいときの入り方を説明していきます。オープンチャットでのコミュニケーションについて悩んでいる人たちの参考になれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • LINEのオープンチャットにうまく入るコツがわかる。
目次

LINEのオープンチャットが入りづらいときの入り方4選

さて、LINEのオープンチャットが入りづらいときは、どのようにすれば上手に参加できるのでしょうか?

ここでは、初心者におすすめするオープンチャットの入り方を4つ紹介していきます。

方法1「会話の途中にすみません」と加える

第1に、オープンチャットに入りづらさを感じたときは、「会話の途中にすみません」と一言加えた丁寧な自己紹介を投稿することをおすすめします

オープンチャットのメンバーも、あなたが会話の流れを遮る可能性を意識してコミュニケーションする様子をみれば、周りに配慮できる優良なユーザーであることがわかるはずです。さらに、明るく丁寧な自己紹介が続いていれば、「ポジティブな人」として快く受け入れてくれると考えられます。

具体的には、次の例文を参考にして入りづらさを脱してください。

編集部

会話の途中にすみません🙇‍♂️ 〇〇に興味があって、オープンチャットに参加したPENDELION編集部です✨ 新参者ですが、みなさんと仲良くお話できると嬉しいです!よろしくお願いします✨

方法2 会話が止まったときに投稿する

第2に、オープンチャットの会話が止まったタイミングを見計らって投稿しましょう

冷静に考えると、みんなの会話が盛り上がっているときに入りづらいのは自然なことです。その意味では、あえてテンションが高まっている場面で投稿しなくても、チャットの勢いが衰えたときにメッセージを投げればよいわけです。

とはいえ、早朝や深夜の時間帯にチャットを飛ばすと非常識な人として評価されてしまうおそれがあるので、やめておきましょう。

方法3 みんなにとって有益な情報をシェアする

第3に、オープンチャットのテーマに興味のある人たちにとって有益な情報をシェアしましょう

コミュニケーションを上手に成立させるには、相手から「ありがとう」と言ってもらえる存在になることが大切です。オープンチャットで言えば、コミュニティに貢献する情報共有や問題解決のメッセージを投稿すればするほど、メンバーから重宝されるようになると推定されます。

そのため、入りづらさを感じたときは、自己紹介から始めたうえで、共通のトピックに関連してメンバーが喜ぶことを見つけて実行してみましょう。参加者たちにとって「コミュニティにいてもらいたい存在」になることが重要です。

むしろ、自分の要望が剥き出しになったメッセージだけになると、この人は自己中心的なユーザーであるという烙印を押されてしまう危険性があるので注意しましょう。

方法4 大規模なオープンチャットに参加する

第4に、参加者が多い大規模なオープンチャットに参加することをおすすめします

実際、特定のトピックで盛り上がっているオープンチャットは人の出入りもたくさんあります。そのため、どのタイミングでも、新人が自己紹介のメッセージを投稿するのは全く違和感がないはずです。無論、見ず知らずの他人とはいえ、常識の範囲でコミュニケーションを取るのは当たり前です。

逆に、人数が少ないオープンチャットは身内的なやり取りが浸透している場合があります。出来上がり過ぎた小さなコミュニティに後から入るのは、都会からムラ社会に引っ越してくるようなものなので、入りづらいのも仕方がありません。ただ、仲良くなれば、親密なコミュニケーションが取れて楽しいという側面もあります。

いずれにしても、「入りづらい」を感じたときは、まずは比較的に入りやすい大人数のオープンチャットで慣れることをおすすめします。

ユーザーの民度次第では切ない気持ちになる

ただし、自分がどんなに誠実を尽くしたとしても、ユーザーの民度次第では雑に扱われてしまうおそれがあるので注意してください。こればかりは相手次第なので、オープンチャットに参加するまではわかりません。

特に、ネット掲示板を日頃から利用している人たちのなかには、辛辣な表現で他人を傷つける人たちもいます。もし、誹謗中傷の被害にあったときは思い切って通報したり、LINEに問い合わせたりしてみましょう。

ただ、面白いオープンチャットもたくさんあります。その意味では、1回失敗したくらいで諦めるのはもったいないです。自分に適したオープンチャットを見つけてみてください。

LINEのオープンチャットが入りづらいときの入り方4選を紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次