【LINE】ブロック以外で既読にならない6つの原因|電話も出ないときは?

LINE(ライン)でメッセージを送ったのにもかかわらず、相手からいつまでも既読が付かずに困っている人たちもいるはずです。ブロックされているならまだしも、拒否されているわけはないのに未読状態のままになると心配ですよね。

実際のところ、相手にアカウントをブロックされることを除いて、LINEが既読にならないのは、どうしてなのでしょうか?

この記事では、LINEでメッセージを送ったときにブロック以外で既読にならない6つの原因と対処法を解説しています。連絡が返ってこなくて困っている人たちの参考になれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • ブロック以外で既読にならない原因と対処法がわかる。
  • 未読無視されているときでも落ち着いて対処できるようになる。
  • LINEのコミュニケーションについて考えるきっかけになる。
目次

ブロック以外で既読にならない6つの原因

さて、LINEでメッセージを送ったときに、いつまでも経っても既読が付かないのは、なぜなのでしょうか?

ブロック以外で既読にならない理由は大きく6つあると考えられます。

原因1 忙しくてメッセージを確認できない

第1に、仕事や勉強などLINEを見る暇がないほど忙しいことが原因であると考えられます。

いうまでもなく、人にはそれぞれの事情があります。難関大学を目指す受験生ならば勉強、出世を目指すサラリーマンならが仕事など、目標を持っているからこそ集中しなければいけないタイミングがあるわけです。こうした状況においては、LINEを閲覧する余裕がないこともあるはずです。

とはいえ、みなさんのなかには、「せっかくLINEを送っているのに見る時間がないのはあり得ない」という方もいるでしょう。しかし、時間的に余裕があったとしても、心理的に余裕がない場合、LINEを見て返信をすること自体に負担を感じる可能性があります。

そのため、忙しい相手を追い詰めるような言い回しはやめることを推奨します。

原因2 緊急事態が発生した

第2に、事故や事件などの緊急事態が発生している可能性があります

私たちが生きている世界はいつ、どこで、何が起きるか分かりません。ニュースを見ればわかるように、毎年のように交通事故や事件に巻き込まれてしまう人たちが少なからずいます。あるいは、急に家族が亡くなったり、病気になったりすることもあるでしょう。

いずれにしても、今までの日常とは全く違う変化に直面しているときには、LINEを見る余裕がないのが当たり前です。恋人や親友などの深い関係性であるならまだしも、相手との距離感が縮められていない状態ならば、返信が後回しになるのも仕方がないでしょう。

どうしても心配であるならば、共通の知人や家族を通じて安否を確認することをおすすめします。取り越し苦労になる場合もあるかもしれませんが、相手の生命を助けることにもなるかもしれません。

原因3 距離を置こうとしている

第3に、相手が自分と距離を置こうとしていることが原因かもしれません

一般的に、良好な人間関係を築いている相手とはスムーズに連絡を取り合うのが普通です。逆に、仲良くなる気がない相手とは、LINEで継続的なコミュニケーションを取らないのが自然なことですよね。

その意味では、いつまで経っても、LINEのメッセージに既読がつかないのは、あなたとの関係を終わらせたいという気持ちの現れなのかもしれません。いわゆる、好きな人である場合は「脈なし」の状態と判断するのが妥当でしょう。

しかしながら、究極的には、相手の気持ちは相手にしかわかりません。むしろ、勝手に決めつけるのは状況を悪化させるだけなので、思い切って本人に確認することも大切です。

なお、好きな人の既読無視で諦める条件について考えてみたい人たちは以下の記事も参照してみてください。

原因4 メッセージを確認する気力がない

第4に、メッセージを確認する気力がないことが原因であると推察されます。

自分が想像している以上に今現在、苦労している人たちはいるものです。そして、長い人生のなかでは、精神的に疲れてしまうこともあります。その結果、LINEをはじめ他人と関わることに対して億劫な気持ちを抱くこともあるはずです。

もちろん、連絡をしている以上、早く返信してほしいのは理解できますが、メッセージを連続で送り続けるなどで相手を追い詰めるのは禁物です。相手が療養中であることを踏まえたうえで、温かく見守ってあげるようにしましょう。なお、LINEを返す気力がないことについて知りたい方は次の記事をご覧ください。

原因5 見るのを忘れている

第5に、LINEを見るのを忘れている人たちもいるでしょう。

LINEの利用者のなかには、一度に複数人と連絡をやり取りしている人たちもいます。すなわち、あなたが送ったメッセージは埋もれてしまっているかもしれないわけです。

もし、相手が自分のメッセージを閲覧し忘れていると思ったら、リマインドの意味を込めて「追いライン」を送信してみるのもよいでしょう。そのやり方については次の記事を参照してください。

原因6 連絡をまめにするタイプではない

第6に、そもそも連絡をまめにするタイプではないことが原因であると推定されます。

この世の中には、驚くほど連絡をしても返ってこない人たちが存在します。反応が早い人たちからすれば、全く理解ができないかもしれませんが、マイペースで生きている人がいるのは事実です。

残念ながら、これまで何十年と積み上げてきた性格をいきなり変えるのは大変です。可能性はゼロではありませんが、相手を変えるよりも自分の捉え方を変えてコミュニケーションしたほうが苛立ちも少なく、柔軟になれるでしょう。

もちろん、無責任な行為を無理に許す必要はありません。しかし、他人である以上、自分の思い通りにはならないことを前提として自らの振る舞いを自在に変化させていくほうが効率的なのではないでしょうか。

電話も出ないときはどうする?

一方で、LINEに既読がつかないことに加えて、電話も出ない場合はどうすればよいのでしょうか?

結論から言えば、家族や親しい友人に事情を伝えて、安否確認することを推奨します。

それでもなお、相手の状況が分からない場合は、事件や事故などの緊急事態が発生しているおそれがあるので、家族の許可を取得したうえで警察に相談してみるのもよいでしょう。

相手によって事情が違う

繰り返しになりますが、人によって状況は異なります。自分が連絡できる状態だったとしても、相手が必ずしも返信できる状況とは限りません。むしろ、お互いの都合を尊重し合える人間関係を構築することが仲良くし続けるポイントなのではないでしょうか。

いずれにしても、アカウントをブロックされているわけではない以上、あなたとの関係を拒絶しているわけではないはずです。だからこそ、相手の事情を慮りながら、タイミングを見て連絡することをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次