LINEが毎日続く男が脈なしだった5つの理由|見極める特徴は?

気になる男性と毎日、LINE(ライン)が続いているのに恋人関係に発展できずに悲しい想いをした経験のある女性もいるはずです。あれだけ頻繁に連絡を取り合っていたのにもかかわらず、脈なしだった理由が分からずに戸惑っている人たちも多いのではないでしょうか。

実際のところ、LINEが継続しているのにもかかわらず、恋愛関係に至らなかったのはどうしてなのでしょうか?

この記事では、LINEが毎日続く男が脈なしだった5つの理由を解説しています。また、連絡を継続的に取り合っているのに脈なしになる男性を見極める特徴についても考察しているので、LINEを利用している女の子たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEが毎日続く男が脈なしだった理由について考えるきっかけになる。
  • LINEのやり取りが続くのにもかかわらず、恋が成就しない相手の特徴について検討できる。
目次

LINEが毎日続く男が脈なしだった5つの理由

さて、LINEが毎日続いているはずなのに、脈なしだった男性は一体、どのような心理状態なのでしょうか?

一概には言えませんが、連絡が継続しているのにもかかわらず、恋愛関係に発展しない理由は大きく5つあると考えられます。ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

理由1 女友達とみなしている

はじめに、女友達とみなされていることが原因であると考えられます。

「男女の間に友情は存在しない」と思っている人たちもいるかもしれませんが、それは個々人の価値観によって異なるのが現実です。以下のアンケートでは、「男女間に恋愛感情を含まない友達関係は存在すると思いますか?」という質問に対して、7割以上の男女が友情は成立すると回答しています。

男女の友情に関するアンケート:『男女の友情、ある or ない? 641人のデータから考える「異性の友達」』より引用

すなわち、LINEでのやり取りが続いていたのは、あくまでも友達だったから無視しなかっただけなのかもしれないわけです。

とはいえ、気になる相手から親しく接せられると、勘違いするのは自然なことです。友達から恋愛関係に発展する可能性もあるので、必ずしも諦めることはないでしょう。

理由2 寂しさを紛らしているだけだった

続いて、寂しさを紛らわしているだけだった可能性があります

理想を言えば、好きな人と一緒に過ごすことで孤独感は多少なりとも解消されるはずです。けれども、だれしもが自分の思い通りに恋愛を成就できるとは限りません。

その意味では、だれでもよいから、自分の淋しさを緩和するのに付き合ってほしいと思う男性もいると考えられます。すなわち、一人で孤独を感じるのが嫌だから、あなたとLINEを続けているわけです。

この場合は、都合の良い相手になるのは危険なので、今後の関係性について見直すことを推奨します。

理由3 自分から連絡をやめられない性格だった

続いて、自分から連絡をやめられない性格なのかもしれません

男性のなかには、相手に対して気を使いすぎてしまう人たちもいます。自分の意思よりも相手が求めることを優先してしまうわけです。その心理的な背景には、相手に不快感を与えることに対する申し訳なさや恐怖があると推定されます。

だからこそ、LINEを自分からやめることができずに連絡が続いてしまうのです。「嫌なら連絡を返さなければよいだろう」と思う人たちもいるでしょうが、「迷惑をかける=悪いこと」という意識を強く持っていると、自分の感情を主体として行動できないこともあるのでしょう。

理由4 暇で時間を持て余している

続いて、やることがなくて時間を持て余しているという理由があると推定されます。

普段から忙しくしているならともかくとして、「何もすることがない」という暇な時間は苦痛なものです。同じ1時間だったとしても、楽しい時間は早く過ぎていくように感じますが、暇な時間はゆっくりと流れるように感じるものです。

だからこそ、少しでも暇を潰してくれるなら、脈なしの相手にでも連絡を返す可能性があると言えます。さらに、遊びに行くことにも抵抗感を持たないでしょう。

しかしながら、何かやることが見つかったら、突如として連絡が途絶えてしまうおそれがあるので、連絡が取れる時間のなかで良好な人間関係を築き上げることがポイントです。

理由5 遊び相手として扱われている

最後に、遊び相手として扱われている危険性があるので注意しましょう。

恐ろしいことですが、相手は恋愛感情ではなく、身体的な欲求を満たすためにLINEのやり取りを続けているおそれがあります。特に、遊び慣れている男性は異性をその気にさせる話術も巧みであるため、見せかけの優しい口調には、くれぐれも気を付けてください。

とはいえ、恋をする側としては遊び相手でもよいとい気持ちになることものあるので、都合の良い立場に陥りがちです。けれども、遊び相手に対して本気になることはないので、最終的には激しく傷ついて終わりを迎えてしまうことも少なくありません。

もちろん、逆転する可能性がないわけではありませんが、自分の安売りはやめたほうが賢明でしょう。

LINEが続くけど脈なしの男を見極める3つの特徴

それでは、実際にLINEが続くけれども、脈なしの男を見極めるのはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、代表的な3の特徴を紹介します。

特徴1 他人の話をしても気にしない

第1に、他人の話を好意的にしても全く気にしていない場合、脈なしであると判断してよいでしょう。

通常、好きな相手が恋愛対象になり得る自分以外の他人について話をすれば、「自分のことは好きではないのかもしれない」と気にしてしまうものです。なかには、嫉妬心を抱いてネガティブな感情になる人たちもいるでしょう。

逆に、全く気にならない様子だったのならば、あなたに対して好意を持っている可能性は低いと考えられます。LINEはチャットツールなので相手の表情を読み取ることはできませんが、テンションの変化は少なからずメッセージに現れるはずなのでチェックしてみてください。

特徴2 電話の折り返しがない

第2に、電話をかけて出なかったのにもかかわらず、その後に相手からの折り返しがない場合は脈なしであると言ってもよいかもしれません。

冷静に考えると、着信があっても全く応答しないのは、相手のことがどうでもよいからと言わざるを得ません。もちろん、何か特別な事情があって折り返せない可能性は少なからずあるでしょう。

しかしながら、待てど暮らせど、連絡が来ないのは優先度が低いからであると言ってよいはずです。あるいは、嫌われてしまっているおそれもあります。

自分の立場になったときに、好きな相手から来た連絡を無視し続けるというのは考えづらいですよね。厳しい現実かもしれませんが、脈なしと認めることも大切です。

特徴3 リアクションが薄い

第3に、リアクションが薄い返答ばかりが続くときは脈なしと考えてよいでしょう。

もちろん、相手の性格にもよりますが、一般的に好きな人からのメッセージに対しては積極的に反応するはずです。それにもかかわらず、短文だけしか送られてこないなどの塩対応ばかりが継続するのは、あなたを恋愛対象とみなしていないからかもしれません。

一概には言えませんが、自分だけが高いテンションで接しているような気がするときは、相手の気持ちを確かめてみることをおすすめします。

相手の気持ちを確かめることが大切

どのような人だって、毎日のようにLINEが続くと脈ありかもしれないと期待するものです。しかしながら、その実態は本人の気持ちを確かめる以外にわかる術はありません。すなわち、結局のところ、好意を伝えることが相手の真意を知る最も有効な手段であると言って良いでしょう。

また、なかには、あなたの気持ちを利用しようと企む悪い人たちもいます。都合のよい女になってしまうのは、不幸の始まりです。「私みたいな人間は仕方がない」と考えてはいけません。自分の意思をはっきりさせて、しっかりした人を選ぶことが大切です。自信がない方は友達に相談してみましょう。

LINEが毎日続く男が脈なしだった5つの理由|見極める特徴は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次