好きでもLINEはめんどくさい5つの理由と対処法を解説

  • URLをコピーしました!

恋人同士ならLINE(ライン)で頻繁にやり取りするのは当たり前と思っている人たちもいるはずです。実際、連絡を取り合ったほうがお互いの状況がわかるので安心ですよね。

けれども、なかには、LINEを送ったり、返したりすることを億劫に感じる人たちもいます。連絡をこまめに返すタイプの人たちからすれば、理解できずに喧嘩の原因になることもあるかもしれません。とはいえ、どうして好きなのにもかかわらず、LINEを面倒に感じる人たちがいるのでしょうか?

この記事では、好きでもLINEはめんどくさい5つの理由と対処法を解説しています。LINEを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 好きでもLINEはめんどくさい5つの理由がわかる。
  • LINEを面倒に感じている相手に対するコミュニケーションのあり方を見直せる。
目次

好きでもLINEはめんどくさい5つの理由

それでは、相手を好きな気持ちがあるにもかかわらず、LINEがめんどくさいと感じるのは、どうしてなのでしょうか?

一概には言えませんが、大きく5つの理由があると考えられます。

理由1 文章を考えることに苦痛を感じる

第1に、文章を考えるのが苦手な人にとって、LINEのような次から次へとメッセージが展開されるチャット形式のツールは辛いと考えられます。

こればかりは人間である以上、性格や性質に違いがあるので仕方がありません。だれにでも向き不向きはあるので、努力してもできないことはあるわけです。

実際、LINEはメールアドレスよりもやり取りの回数や返信が多くなることが予想されます。したがって、作文が嫌いな人からすれば、面倒なツールなわけです。それにもかかわらず、無理やり相手を変えようとすると、人間関係がうまくいかないおそれがあるので注意しましょう。

理由2 連絡の頻度が多すぎる

第2に、相手からの連絡の頻度が多すぎるという理由があると考えられます。

LINEを返す速度は個々人によって異なります。そのスピードが合わないとき、お互いにもどかしさを感じるはずです。例えば、1分から2分程度で返信する人からすれば、1通に1時間や2時間もかかっている人がいると「連絡を返すのが遅い。LINEするのが嫌なのだろうか……」と思いますよね。

逆に、ゆっくりLINEを返したい人からすれば、あっという間に連絡が返ってくると、「すぐに返信しないといけない」というプレッシャーを感じるかもしれません。最初は頑張って合わせることができても、関係性が長引いていけば合わせることができなくなって、最終的には面倒に感じるようになってしまうでしょう。

理由3 仕事や勉強が忙しい

第3に、仕事や勉強が忙しいため、LINEを返すのが面倒に感じている可能性があります。

いうまでもなく、私たちはそれぞれの優先順位にしたがって行動しています。相手が好きであるからとはいえ、常に優先できるとは限りません。特に、プレゼンやテストの前日など、集中して作業しなければいけない場合、LINEを煩わしく感じてしまうこともあるでしょう。

なかには、どんなに忙しくてもLINEに返信する5分くらいの時間はあるだろうという人もいるはずです。しかし、LINEを返す物理的な時間があったとしても、心理的な余裕がないこともあります。

理由4 束縛的な質問が多い

第4に、束縛的な質問が多い場合、LINEをめんどくさいと感じるようになってしまうかもしれません。

もちろん、好きな相手の状況は詳に知りたいと思うのは決しておかしなことではないでしょう。しかしながら、「今何しているの?」という連絡に対してちょっと返信がないだけで、「浮気しているの?」や「だれかといるの?」と疑いの追いラインをするのはうざいと思われてしまう可能性があります。

一度や二度ならまだしも、自分のタイミングにLINEを返してくれないだけで何度も疑われると、相手も「めんどくさい」と感じてしまうと考えられます。

理由5 連絡は用事があるときだけにしたい

第5に、LINEは用事があるときだけにしたいという合理的な考えを持っている人たちもいます

いわゆる、ダラダラとコミュニケーションを取ることをめんどくさいと感じる人たちはいます。すなわち、要件がないなら、無駄な連絡をしたくないわけです。

冷静に考えると、時間は有限ですから、自分にとって価値のあることに投資をしたいと思うのは自然なことです。少しばかり冷たい印象があるかもしれませんが、その人なりの生き方として合理的な選択をしたいというのは決して否定されるべきことはないと思います。

好きな相手がLINEをめんどくさいと感じているときの対処法

以上のことを踏まえたうえで、好きな相手がLINEをめんどくさいと感じているときは、具体的にどうすればよいのでしょうか?

ここでは、すぐに実行可能な3つの対処法を紹介します。

方法1 チャット以外でやり取りする

はじめに、チャット以外の方法でやり取りするという対処法があります。

やはり、LINEを面倒に感じる人に対して、メッセージ機能を使ってコミュニケーションさせるのは負担が大きいと考えられます。その結果、喧嘩になったり、煩わしく思われたりするくらいなら、連絡を取り合う手段を変えてしまったほうがお互いのためです。

例えば、電話で話す習慣を作ったり、会う頻度を増やしたりするなど、LINEが面倒に感じる代わりの方法を提案することで、めんどくさいという感情と折り合いをつけやすいのではないでしょうか。

方法2 返信するタイミングを相談する

続いて、お互いに返信するタイミングについて話し合うことをおすすめします。

先ほどもの述べたとおり、LINEを返すスピードは個々人によって違います。メッセージを見たらすぐに連絡を返してほしい人もいれば、自分のペースで返信を送りたい人たちもいるのです。だからこそ、すれ違いが起こりやすいと言えます。

したがって、何も言わずに一方が合わせるようなやり方ではなく、二人でルールを考えることで公平な気持ちでコミュニケーションが取れるようになると考えられます。我慢するよりも、本音でどうしたいのかを話し合うことが大切です。

方法3 スケジュールを共有する

最後に、自分のスケジュールを恋人と共有しましょう。

相手の状況を察するのは限界があります。そのため、カレンダーアプリなどのを使って予定をシェアすることで忙しさを想像しやすくなるわけです。近年では、便利なスケジュール共有サービスがたくさんあります。具体的には、次のようなサービスをおすすめします。

スケジュールを共有するのに役立つサービス

好きとめんどくさいの感情は両立する

なかには、好きという気持ちがあるなら、LINEがめんどくさいなんてことはあり得ないという人たちもいるかもしれません。けれども、それは一種の思い込みです。恋愛感情があっても受け入れらないことはあります。

もちろん、その許容量は人によって異なりますが、自分の感覚を相手に押し付けるとトラブルになりやすいので注意してください。相手の性質を否定したり、無理やり変えようとしたりするのではなく、自分と相手がそのままでうまく噛み合っていくための工夫として率直に話し合うことが大切です。

好きでもLINEはめんどくさい5つの理由と対処法を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次