LINEギフトの期限切れはバレる?使わなかったらどうなるのかも解説

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)には、特定のアカウントにプレゼントを送付できるギフト機能が実装されています。みなさんのなかにもLINEギフトを送ったり、受け取ったりしたことのある人たちもいるはずです。

注意しなければいけない点として、LINEギフトには有効期限が設定されています。すなわち、せっかく激励や感謝の気持ちが込められたプレゼントでも期日を過ぎると、受け取れなくなるわけです。

とはいえ、LINEギフトの仕組みがわからなかったり、仕事や勉強で忙しかったりして、有効期限が過ぎてしまうこともあるでしょう。ただ、相手に受け取れなかった事実がバレてしまうのは気まずいですよね……。実際のところ、知られてしまう可能性はあるのでしょうか?

この記事では、「LINEギフトの期限切れはバレるのか?」という疑問について考察しています。また、「LINEギフトを使わなかったらどうなるのか?」という気になるトピックも取り扱っているので、LINEギフトを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 「有効期限きれたらどうなるのか?」という疑問が解決する。
  • LINEギフトの期限切れはバレる可能性について正確な知識が得られる。
目次

LINEギフトの期限切れはバレる?

さて、LINEギフトの有効期限が切れてしまった場合、プレゼントの送り主にバレてしまうのでしょうか?

これに関しては、LINEギフトの種類によって異なります。ここでは、ギフトの種類に応じて有効期限が切れたときに相手に知られてしまう可能性について考察していきます。

eギフトの場合

第1に、LINEギフトがeギフトである場合、有効期限が切れても相手にバレません。

これに関しては、LINEギフトのTwitter公式アカウントで次のように投稿されています。

上記の投稿を踏まえると、相手からのプレゼントを使わなかったとしても知られる可能性はほとんどないので、気まずくなることはないと言えるでしょう。

なお、eギフトとは、スターバックスやミスタードーナッツなどの店頭で商品と引換できる電子チケットのことです。LINEギフトをはじめSNSのキャンペーンでも幅広く利用されています。

配送ギフトの場合

第2に、LINEギフトが配送ギフトである場合、有効期限が切れるとバレます。

配送ギフトはプレゼントを受け取った人が住所を登録しないと購入手続きが完了しません。そのため、有効期限が切れるとキャンセル扱いになって、LINEギフトの送り主に返金されてしまうのです。その証拠として、LINEギフトのTwitter公式アカウントでも次のように述べられています。

以上のことから、返金の手続きが発生した時点で相手にプレゼントを使わなかった事実が知られてしまうと言えるでしょう。せっかく送ったギフトを台無しにしてしまうと、気分を害する人たちもいるかもしれないので、くれぐれも注意してください。

使わなかったらどうなるの?

いうまでもなく、LINEギフトを使わずに有効期限が切れると、プレゼントを受け取れなくなります。配送ギフトは相手に返金されますが、eギフトは返金できないので、お金の無駄になってしまうので注意しましょう。

ただし、社会情勢を踏まえて、店舗側がLINEギフトの有効期限を延長するケースもあります。具体的には、LINEギフトのマイページから確認することを推奨します。

なお、有効期限の延長に関しては、LINEギフトのTwitter公式アカウントで以下のように説明されています。

なかには、LINEギフトでもらった電子チケットを使いたくても使えない事情がある人たちもいます。それを踏まえると、有効期限の延長はありがたいですよね。店舗側に対するユーザーのイメージもよくなる場合もあるので、事業者側にとってプラスになるケースもあるでしょう。

配送ギフトは必ず対応しよう

LINEギフトのなかでも、配送ギフトをもらったときは必ず対応しましょう。eギフトと違って、配送ギフトは、有効期限が切れると確実にバレます。相手からすれば、自分のプレゼントを受け取ってもらえないのは非常に残念なことです。場合によっては、人間関係がギクシャクする原因にもなりかねないので注意してください。

とはいえ、どうしても受け取れない事情もあるはずです。そのときは、相手に事情を説明して誠実に謝りましょう。下手な言い訳をするよりも、そのほうが結果として信頼関係を壊さずに済むことがあります。ただ、真心を踏みにじる行為は絶対にやめてましょう。

LINEギフトの期限切れはバレる?使わなかったらどうなるのかも解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次