LINEでアカウントを削除する人たちの心理5選|病んでる可能性は?

スマホが当たり前のように使われるようになった今日、LINE(ライン)はコミュニケーション・ツールとして必須ですよね。実際、電話番号やメールアドレスよりもLINEを使っている人たちのほうが多いかもしれません。それにかかわらず、突如としてアカウントを削除するユーザーがいますよね。

一体、どうして本来的には消す必要がないLINEのアカウントを削除するのでしょうか?

この記事では、LINEでアカウントを削除する人たち心理5選を紹介しています。また、相手が病んでいる可能性についても考察しているので、自分の友達がLINEのアカウントを消した理由について考えたい人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEでアカウントを削除する人たち心理について考えるきっかけになる。
  • 「LINEのアカウントを消した人が病んでいるのか?」という疑問を考えるのに参考になる。
  • LINEを消すという事実に対して客観的な思考を持ちやすくなる。
目次

LINEでアカウントを削除する人たち心理5選

さて、LINEのアカウントを削除する人たちは、一体どのような心理なのでしょうか?

これに関しては、大きく5つの理由があると考えられます。

心理1 アカウントを乗っ取られて不安になった

第1に、LINEのアカウントを乗っ取られて不安になったことが原因であると考えられます。

実際、LINEのログイン情報を盗まれてアカウントを乗っ取られてしまう被害が多発しています。みなさんのなかにも、友達になりすました詐欺師からAmazonギフトなどの金券を購入するよう依頼された経験のある人たちもいるはずです。

だからこそ、知り合いに迷惑をかけないために、乗っ取りの犯人によってアカウントを悪用されるよりも早く消去する必要性があったのかもしれません。

冷静に考えると、自分のセキュリティ管理が甘かったことから、友達や家族を危険に曝すのは恐ろしいことですよね。その意味では、本人からすればアカウントの消去は安全対策の一環なわけです。

心理2 人間関係をリセットしたい

第2に、アカウントを削除した人たちは人間関係をリセットしたいと思っている可能性があります

とりわけ、日頃から他人に気を使って過ごしている心の優しい人たちはストレスを日常的に感じていると考えられます。許容範囲に収まっているうちはバランスを取れるものの、無理をしすぎて限界点に達したときには関わりを減らさないと苦しくなるため、自己防衛として人間関係を断捨離するわけです。

その一環として、LINEのアカウントを削除する人たちもいるでしょう。端末に保存されている不要な繋がりをリセットすることで他人からの影響を減らせるので、心理的に楽な気持ちになるのかもしれません。

あるいは、完璧主義の傾向が強い人で何らかの失敗をきっかけに悲嘆した結果、負の側面を知る全ての人たちとの関係性を遮断しようとする場合もあるでしょう。いわゆる「人間関係リセット症候群」と呼ばれていますが、その背景には当事者の複雑な苦しみがあるので、接し方にはくれぐれも注意してください。

心理3 だれかに心配してもらいたい

第3に、友達などの知り合いに心配してもらいたいと思っているのかもしれません

いうまでもなく、今まで当たり前のように連絡が取れていたのにもかかわらず、急にLINEのアカウントが消えるとびっくりしますよね。なかには、「緊急事態があったのではないか?」と心配になって、何とか連絡を取ろうとする人たちもいるはずです。

しかしながら、本人はアカウントの削除によって気にかけてもられる人を探しているだけで、だれかにかまってもらいたいだけなわけです。一見すると、かなり自分勝手な理由ですが、関心を集めるためには手段を選ばないメンタルの人たちもいるので気をつけましょう。

心理4 証拠を隠滅したい

第4に、他人に調べられると不都合が生じる証拠を隠滅しようという意図がある場合もあるでしょう

例えば、不倫相手とLINEでやり取りをしていた場合、パートナーに閲覧されるのを防ぐためにアカウントごと消去してバレないようにしている可能性があります。あるいは、犯罪を計画していた人が警察の捜査から逃れるためにアカウントを消す可能性もあるかもしれません。

いずれにしても、LINEの記録は物証のひとつになるかもしれないですから、トーク履歴を消しても不安な人が念のために削除することは容易に想像し得ることでしょう。

心理5 嫌がらせを受けて困っている

第5に、クラスメートなどから嫌がらせを受けた結果、LINEのアカウントを削除したと推察されます。

悲しいことに、現代社会のいじめはLINEをはじめとするデジタルツールを使って実行されていることも珍しくありません。具体例を挙げると、LINEグループに招待しなかったり、集団で既読無視したり、学校の外でも嫌がらせを受けてしまうという過酷な状況が生じています。

加えて、元カレや元カノなどの過去に付き合っていた恋人から不穏な連絡が届き続けた結果、止むを得ずにアカウントを消した人もいるはずです。実のところ、アカウントをブロックしても、その気になればいくらでも、LINEで連絡を取る手段はあります。したがって、最後の手段としてアカウントを消去したのかもしれません。

LINEのアカウントを削除する人は病んでいる?

以上の心理を踏まえたうえで、LINEのアカウントを削除する人は病んでいると言えるのでしょうか?

結論を言えば、本人が置かれている状況によって異なると言わざるを得ません。その意味では、勝手な推測で「相手が病んでいるかもしれない」と決めつけるのはやめましょう。

しかし、状況判断の結果、相手が落ち込んでいる可能性があると思った場合は、できるだけ声をかけてあげてください。自分の杞憂であれば、それはそれでよいのですから、自分に余裕があるならば一言でも連絡して確かめることで助けられるかもしれません。

とはいえ、自分一人だけで抱え込むと追い詰められてしまうので、周囲の人に相談しながら手を差し伸べてあげることを忘れないでください。

アカウントを削除する理由はたくさんある

LINEのアカウントを削除する動機はたくさんあります。決して、一つではありません。だからこそ、まずは事実を確かめたうえで、相手の心理を認識することが大切です。もっと言えば、本人のことは本人にしかわかりません。外野が中途半端に詮索したところで状況を把握することは難しいと言わざるを得ないでしょう。

LINEでアカウントを削除する人たちの心理5選|病んでる可能性は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次