毎日のLINEを突然やめる効果4選|急に連絡をやめるのはありなのか?

  • URLをコピーしました!

好きな人の気持ちを確かめたいけれども、直接的に確認するのはまだ早いと感じているとき、LINE(ライン)を通じて駆け引きを実行しようと考える人たちもいるはずです。その具体的な施策のひとつとして、毎日のように連絡していたLINEを急にやめるという方法があります。

とはいえ、急に連絡を止めることには、どのような意味はあるのでしょうか?

この記事では、毎日のLINEを突然やめる効果について解説しています。また、そもそも「急に連絡をやめるのはありのなのか?」という疑問も考察しているので、好きな人とLINEで連絡を取り合っている人たちは参考にしてみてください。

目次

毎日のLINEを突然やめる効果4選

さて、好きな人と毎日していたLINEを突然やめると、相手にどのような効果があるのでしょうか?

相手との関係性にも左右されますが、男女の性別に関係なく大きく4つの効果があると考えられます。

その1 寂しくなって連絡がくる

第1に、相手が寂しい気持ちになって連絡がくる可能性があります

実際、毎日のように連絡を取り合っていると、生活習慣の一部としてあなたの存在が定着していくはずです。昨日までは「おはよう」と「おやすみ」のメッセージを送り合っていたのに、急に連絡がなくなってしまうと、何かが足りない空白感が生まれる可能性があるのです。

その結果、相手から自分にLINEでメッセージが届く場合があるでしょう。とはいえ、それだけで脈ありか、脈なしかを判断する材料にはなりませんが、少なくとも相手にとって必要な存在であることは確かです。

その2 緊急事態が発生したと心配される

第2に、病気や事故などの緊急事態が発生したと心配されるおそれがあります

ずっとLINEで連絡を取り合っている以上、メッセージが来ないなんてあり得ないという前提がある場合、返信できなくなった特別な事情が発生したと予想する人たちもいます。そのまま様子を見る人たちもいますが、なかには、不安になって知り合いに連絡する人たちもいるので注意しましょう。

実際、あなたの周りにいる人たちもまた「何かあったのではないか?」と心配して、警察や救急に問い合わせてしまう危険性があります。その結果、人騒がせな大事になってしまうおそれもあるので、相手の性格や会話の流行によっては突然、連絡を止めるといった行動は控えたほうがよいでしょう。

なお、急に連絡を止めた相手が共通の友人に安否確認したときに、その友人がいつも通り連絡を取れているとわかると、「自分だけが無視されている」という状況に気づいてしまうかもしれません。その結果、関係が悪化するおそれがあるので注意しましょう。

その3 嫌われたと誤解される

第3に、人によっては「嫌われた」と誤解すると考えられます

一般的に、毎日のようにLINEで連絡を取り合っている場合、どちらかが終わらせない限り、会話が続いていくと自然に思うはずです。それにもかかわらず、急に連絡が来なくなると、「何か嫌われるようなことをしたのではないか」と不安になるおそれがあるわけです。

実際、自分の一言からLINEが突如として届かなくなったら、「傷つけてしまった……」と心配するのは十分に理解できます。とりわけ、自責の念が強い性格ならば、気が気ではなくなってしまうでしょう。

その4 好きという気持ちに気づく

第4に、急に連絡が取れなくなることで、今まで意識していなかった「好き」という気持ちに気づく場合もあるでしょう

私たちは必ずしも自分の感情を自覚しているわけではありません。失ってからはじめて大切な存在だったことに気づくと言われますが、それと同じように毎日来ていたLINEが急に来なくなって、「自分が相手に好意を抱いている」という感情に気がつく人もいるはずです。

その意味では、相手の気持ちを確かめる駆け引きのひとつとして、いきなりLINEを止めるという選択を検討する人たちもいるわけです。けれども、逆に、何となくLINEしていただけで連絡が来なくても平気だったことに気づく可能性もあります。これもまた相手の心理状態に大きく左右される効果と言えるでしょう。

急に連絡をやめるのはありなのか?

以上のことを踏まえると、急にLINEの連絡をやめるのは、ありなのでしょうか?

結論から言えば、必ずしも自分が期待する効果が得られるとは限らないので、相手の性格や状況を考えてからLINEを止めたほうがよいでしょう。場合によっては、関係がギクシャクする原因になってしまう危険性があるので、くれぐれも注意してください。

一方で、相手の気持ちを確かめたいときは、一定のリスクがあることを踏まえた上で、あえて自分から連絡をしないで反応をみてもよいかもしれません。

すなわち、相手が自分に好意を抱いているなら、LINEを送ってくる可能性があるわけです。もちろん、本人の性格によりますが、恋愛関係を進展させる選択の一つとして試してみるのもよいでしょう。

無視するのはやめよう

とはいえ、相手から来ている連絡を無視するのはやめたほうがよいです。突如として連絡を控えることと急に冷たくなることは全く意味合いが異なります。両者を混同してしまうと、相手に嫌われてしまう危険性があるので気をつけましょう。

そして、毎日していたLINEが来なくなったことで発生する心理的影響は相手との関係性や状況によって異なります。つまり、自分が想定した通りの反応が得られるとは言えないわけです。あなたに対して好意を抱いている事実に気づく人もいれば、気持ちが冷めてしまう人もいます。

その意味では、下手な駆け引きをするくらいなら、思い切って気持ちを確かめる勇気を出したほうがよいとも考えられます。結局のところ、臆病な気持ちでコミュニケーションを取ろうとすると、真っ直ぐに相手と向き合うことができないので、自分で状況を変えることはおろか、魅力的な人間にはなれないでしょう。

毎日のLINEを突然やめる効果4選|急に連絡をやめるのはありなのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次