LINEで返信が思いつかないときの対処法5選|返す言葉がないときは?

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)でメッセージを受け取ったときに返信内容が決まらず、途方に暮れたことのある人たちもいるはずです。親しい友達や家族ならまだしも、好きな人の場合は焦りますよね。

しかしながら、そのままメッセージを返さずに既読無視すれば、人間関係が悪化してしまうおそれがあります。実際のところ、相手に返すメッセージの内容が思い浮かばないときは、どうしたらよいのでしょうか?

この記事では、LINEで返信が思いつかないときの対処法5選を紹介しています。好きな人や友達に対して返す言葉がなくて困っている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • LINEで返信が思いつかないときの対処法がわかる。
  • 返す言葉が見つからないときの対応の仕方について考えるきっかけになる。
目次

LINEで返信が思いつかないときの対処法5選

さて、相手からのLINEに対して返信の内容が思いつかないときは、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく5つの対処法があると考えられます。

方法1 Twitterで調べる

第1に、Twitter検索で相手のメッセージに関連する内容を調べて、返信のネタを考えてみましょう

Twitterでは、ありとあらゆることがツイートされています。そのなかには、返信が思いつかなくて困っているテーマに関する内容もあるはずです。もちろん、あたかも自分が考えたかのようにメッセージを返すと、会話が進むにつれて墓穴を掘ってしまうおそれがあるので注意してください。

具体的に言うと、「自分の経験ではわからないことだったから、いろいろ調べてみたんだけど、こういう考え方や対処法があるみたい」と控えにLINEを返すことを推奨します。

なお、Twitterのアカウントを持っていない人は高度な検索を使いましょう。使い方の詳細は次の記事を読んでみてください。

方法2 オープンチャットで相談する

第2に、LINEのオープンチャットで相談するという対処法もあります

LINEでは、特定のトピックについて不特定多数のユーザーと匿名で会話できる「オープンチャット」というサービスがあります。ジャンルは多岐にわたっているので、相手のメッセージと関連するテーマを検索して合致するものを探してみましょう。

そして、匿名で参加して、オープンチャットに所属している人たちに礼儀正しく相談してみてください。もちろん、なかには、いい加減なユーザーもいますが、一緒に考えてくれる優しい人もいます。なお、オープンチャットを検索する専用ページは以下のリンクからアクセスしてください。

方法3 友達や家族に相談する

第3に、信頼できる友達や家族に返信する内容を相談してみましょう

「三人集まれば文殊の知恵」という諺があるように、一人で考えるよりも複数人で話し合ったほうが良いアイディアが生まれるやすいときがあります。自分だけで抱え込んで辛いときは他人のことでも相談したほうが状況を改善できる可能性があります。

無論、プライベートな内容である場合は、LINEの送り主に関する詳細は伏せておきましょう。相手はあなたを信頼して送ったかもしれないメッセージですから、第三者に本人が特定できるような言い方で共有するのはやめてください。万が一、誰かに話したことがバレたら、信頼を失うことになります。

方法4 Googleで検索する

第4に、Googleで検索してみましょう

いうまでもなく、Google検索はキーワードさえ合致していれば、世界中のWEBページを発見できます。返信が思いつかない内容だったとしても言葉に落とし込んで調べることで、関連の記事やウェブサイトを見つけることができるかもしれません。

相手の問題を解決できるページを見つけたら、URLを共有してあげるのもよいでしょう。

方法5 スタンプを送る

第5に、返信が思いつかなくて既読無視するのが嫌なときはスタンプを送りましょう

実際、LINEスタンプには、会話を繋ぐ相槌を打つようなデザインが豊富に揃っています。なかには、緊張を緩和する面白いネタも存在するので、会話がつまづきそうなときは活用してみることをおすすめします。

ただし、スタンプだけ送られたことに対して会話する意思がないと判断されてしまうおそれがあるので、使用するタイミングにはくれぐれも注意してください。

返す言葉がないときはどうする?

上記の対処法を駆使しても、返す言葉がないときはどうしたらよいのでしょうか?

結論から言えば、その気持ちをポジティブに伝えることをおすすめします。

例えば、自分では経験したことのない悲しい出来事について相談されたときに、無理やり言葉を紡ぎ出すよりも、「返す言葉が見つからない。自分も動揺するくらい悲しい」という感情そのものを伝えることで、相手も受け止めてくれる可能性があります。実際、共感されることによって孤独が癒える人たちもいます。

一番大切なのは、誠実に対応することです。あなたの言葉を無視する気はなく、全身全霊で受け止めた結果、言葉が見つからないという真摯なメッセージは信頼関係を作るコミュニケーションの一手になると思います。

無論、なかには、的確な返信を得られずにフラストレーションを感じる人たちもいますが、誠実に対して誠実に対応できない人と付き合うのはやめましょう。相手は自分が言ってほしい言葉を他人に求めているだけにすいぎ

誠実が一番のコミュニケーション

返信内容が思いつかないと、相手とうまく会話ができないので不安になる人たちもいるはずです。実際の問題として、LINEのメッセージは文章でやり取りするのは主流なので、言葉が出ない以上、コミュニケーションがうまくいかないのは当然です。

しかしながら、相手から信頼を得るのは、決して方法や作戦という手段のあり方だけではありません。その根幹に誠実さがない限り、いざという時に見透かされてしまうでしょう。したがって、思いやりを大切にして、言葉にならない気持ちを通わせるために必要なことを考えてみましょう。

相手もまた、あなたの必死な姿を見て、きっと信用してくれるはずです。

LINEで返信が思いつかないときの対処法5選|返す言葉がないときは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次