友達の紹介でラインするのがめんどくさいときの断り方3選

  • URLをコピーしました!

みなさんのなかには、友達の紹介で見知らぬ人とLINEすることになって、めんどくさいと感じている人たちもいるはずです。友達の知り合いである以上、無碍にできないため、対応の仕方に困りますよね。

実際のところ、友人から紹介された人と連絡を取るのが億劫なときは、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、友達の紹介でラインするのがめんどくさいときの断り方3選を紹介しています。LINEに関する複雑な人間関係で悩んでいる人たちの参考になれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • 友達の紹介でラインしなくてもよくなる。
  • 紹介されてしまった後でやるべき対応もわかる。
  • 自分の時間を無駄にせずに済む。
目次

友達の紹介でラインするのがめんどくさいときの断り方3選

さて、友達の紹介で他人とラインするのがめんどくさいときは、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、上手な断り方が3つあると考えられます。本来であれば、普通に断るのが一番良いのですが、押しが強い友達で「NO」と言いづらいときは以下の方法を試してみてください。

方法1 好きな人がいると伝える

第1に、好きな人がいると伝えることをおすすめします

当然ながら、好きな人がいる相手に他人を紹介するなんてことは友達もしないはずです。

けれども、友達からすれば、まったく聞いていない話になるので、あくまでも「最近の話」として説明することを心がけましょう。そして、話の辻褄や友達との関係を考慮して、できるだけ友達が知らない人という設定にしておいたほうが賢明です。

もちろん、友達に嘘をつくのは悪いことのように感じる人もいるかもしれませんが、だれも傷つかないスマートな嘘は優しさとして許されるときもあるはずです。

方法2 大事な時期であることを伝える

第2に、自分が今、大事な時期であることを伝えましょう

例えば、仕事や勉強など、だれにとって人生で勝負の時がありますよね。そのときに、新しい恋愛を始める余裕はないはずです。あなたを大切に思っている友達ならば、きっと理解してくれるはずです。

しかしながら、「そんな都合よく大事な時期はこない」と肩を落とす人たちもいるかもしれません。とはいえ、発想を転換すれば、人生はいつだって大事な時期に違いありません。すなわち、「将来について今、真剣に考えていて、もう少し余裕ができたときにお願いするね!」とぼんやりとした回答でもよいと思います。

友達からすれば、「何があった!?」と驚くかもしれませんが、これを機会に少し自分の考えていることについて話し合っても仲が深まるのではないでしょうか。いずれにしても、新しい恋を見つける心理的な時間がないことを上手に伝えましょう。

方法3 調子が悪いことを伝える

第3に、自分の調子があまり良くないことを伝えましょう

いわゆる「仮病」です。余計な心配かけてしまうかもしれませんが、心身の健康に関わる理由で断られたら、相手も納得せざるを得ません。

不謹慎な嘘のように思われるかもしれませんが、友達が他人を無理やりにでも紹介しようとするときは、禁じ手として使ってみましょう。世の中で自分と他人のバランスを保つためには、身を守るための嘘も大切なのです。

すでに紹介されたときの対処法

なお、すでに友達から知り合いを紹介されてしまったときは、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、友達にタイプではなかったことを伝えたうえでフェードアウトしましょう。追いラインがくる場合も適当に返して、その後に既読無視やスタンプだけを送信するのでもよいと思います。

相手が本気になってしまったときは、パートナーができたことを伝えることをおすすめします。中途半端に可能性があるような言い方では諦めない可能性があるので、「彼氏・彼女ができた」とはっきりLINEしてあげたほうがよいでしょう。

嫌なことは嫌と伝えよう

個々人の性格によっては断るのが苦手という人たちもいますよね。けれども、せめて友達に対しては嫌なことは嫌と伝える努力をしたほうがよいと思います。そうでないと、我慢ばかりすることになって、ストレスフルな状態をいつまでも抜け出せません。

普段は自分から決して嫌とは言わないあなたの言葉を無碍にするような人は友達とは言えません。自分の気持ちを大切にする意味でも、少しずつでよいですから「面倒なことは面倒である」と表現してみましょう。

友達の紹介でラインするのがめんどくさいときの断り方3選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次