【LINE】勢いでブロック削除して後悔したときの対処法3選

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)で特定のアカウントをブロック削除して後悔している人たちもいるはずです。とはいえ、恋人や友人と激しく口論したり、思いがけない一言で傷ついてしまったりするなど、一時的な感情を抑えられないことは、だれにでもあることです。

しかしながら、アカウントをブロック削除してしまうと、相手からの連絡も受けられなくなるので、関係を修復しようにも後の祭りですよね。実際のところ、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、勢いでLINEのアカウントをブロック削除して後悔したときの対処法を解説しています。大切な人との関係を修復しようと考えている人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • 勢いでLINEのアカウントをブロック削除して後悔したときの対応がわかる。
  • 相手との関係を修復できる可能性がある。
目次

勢いでブロック削除して後悔したときの対処法3選

それでは、一時的な感情の高まりで生じた勢いで相手のLINEアカウントをブロック削除して後悔したときには、どうすればよいのでしょうか?

これに関しては、大きく3つの対処法があると考えられます。

方法1 共通の友達に連絡先を聞く

第1に、共通の友達に削除した相手の連絡先を聞きましょう

依頼する友人はできるだけ信頼できる人物を選ぶことを推奨します。冷静に考えると、知っているはずの連絡先を聞くのは違和感があります。すなわち、ブロック削除したと疑われてしまうおそれがあるわけです。万が一、それが本人に伝わってしまうと、人間関係を修復できなくなる可能性があるので注意してください。

そのため、最初から事情を説明して、わかってくれる友達にお願いしたほうが安全です。無論、ブロック削除した事実を第三者に伝えるのは勇気が必要ですが、誤魔化そうとする態度は信頼を傷つける危険性があります。

なお、連絡先を共有する方法について知りたい方たちは以下の記事をご覧ください。

方法2 電話番号やIDで検索する

第2に、相手の電話番号やLINE IDでアカウントを検索しましょう

具体的には、次の手順でブロック削除した相手のアカウントを探してみてください。

電話番号やIDで検索する方法

  • 手順1 ホームの一番上にある人型のアイコンをタップする。
  • 手順2 検索を選択する。
  • 手順3 IDあるいは電話番号を選択して情報入力する。
電話番号やIDで検索する方法
電話番号やIDで検索する方法

ただし、相手が電話番号やIDの検索を拒否している場合は、アカウントが検出されないので注意してください。

方法3 グループから追加する

第3に、共通のグループからアカウントを追加する方法があります

相手のアカウントをブロック削除したとしても、既存の同じグループから消えるわけではありません。そのため、メンバー一覧からアクセスすれば、連絡先を復活できるのです。具体的には、次のような手順でアカウントを元に戻せるのでやってみてください。

グループからブロック削除したアカウントを復活させる方法

  • 手順1 トークルームの上部に表示されているグループ名をタップする。
  • 手順2 右側の>をタップする。
  • 手順3 メンバー一覧からブロック削除したアカウントを選択する。
グループからブロック削除したアカウントを復活させる方法
グループからブロック削除したアカウントを復活させる方法

ブロック削除から復活させたときの注意点

なお、相手のアカウントをブロック削除から復活させた後には、いくつか注意すべきことがあります。

ここでは、3つの気を付けるべきことを紹介していきます。

注意1 自分から連絡するとバレる可能性がある

はじめに、自分から連絡するとブロックしていたことがバレる可能性があります。

例えば、相手がブロック期間中にメッセージを送っている場合、あなたがLINEを送ると既読がつかないのに、連絡が届くというおかしな状況が発生します。

既読がつかないのに連絡がくる状態
既読がつかないのに連絡がくる状態

その結果、ブロックされていたことが知られてしまうおそれがあるわけです。相手が仲直りしようと思っていたとしたら、かなりショックを受けることが予想されます。

もし、バレてしまったときは下手な言い訳をせずに、相手と向き合う良い機会として話し合ってみるのもよいと思います。これに関しては、次の記事をご覧ください。

注意2 相手もブロックしているかもしれない

続いて、相手がすでにあなたのアカウントをブロックしている可能性があります。

あなた自身が感情的になって接している以上、相手もまた心理的に追い詰められていても不思議はありません。すなわち、あなたと同じようにアカウントをブロックしているかもしれないわけです。

残念ながら、相手があなたのブロックを解除しない限り、LINEで連絡するのは難しいと言わざるを得ません。その場合は、別なSNSで連絡を取るなどLINE以外の手段でコミュニケーションを取ることをおすすめします。

注意3 同じことを繰り返さない

最後に、勢いでブロック削除する人は同じことを繰り返さないように気をつけてください。

もちろん、相手の反応が受け入れ難く、悲しみのあまりに拒否しないと自分を保っていられないという気持ちは理解できなくありません。傷ついた心との折り合いをつけるには、ブロック削除するという手続きが必要なときもあるでしょう。

けれども、その結果、相手への未練を残したまま、別れることになるのは悲しい結末です。こればかりは気質の問題もあるので、一概には言えませんが、忍耐強く相手の行動を理解することも大切です。完璧の人間はいません。どこかでネガティブな部分を受け入れる覚悟が決まらない限り、他人と一緒にいることなんてできません。

もっと言えば、自分が他人のネガティブさを引き受けない限り、あなたのマイナスな性格も認めてくれる人は出てこないでしょう。要は、どこまでいっても、お互いさまなのです。無論、何でもかんでも許したほうがよいというわけではありません。しかし、許せるなら許したほうがよいと思います。

深呼吸しよう

勢いでブロック削除して後悔する人たちは、いざという時に冷静になれずに感情のまま行動しているはずです。少々厳しいことかもしれませんが、自分の悲しみを他人のせいにしているうちは、いつまでも満たされない苦悩に苛まれると思います。

もちろん「相手が悪い」とはっきりさせることも必要ですが、割り切れない感情があるからこそ、後悔しているわけですよね。そこで、自分の心が傷ついた瞬間に一度、深呼吸することをおすすめします。そして、自分が辛く感じている理由をよく考えて、「本当に相手が悪いのか?」を自分に問いかけてみてください。

あるいは、信頼できる友人がいるなら相談してみてください。自らを客観視するなかで、勢いのままに行動する自分を抑制できるはずです。

【LINE】勢いでブロック削除して後悔したときの対処法3選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次