どうでもいいラインがうざいときの返し方4選【女友達にも使える】

  • URLをコピーしました!

LINE(ライン)がコミュニケーションツールとして当たり前のように使われていますが、人によっては本当にどうでもよいことをメッセージしてくるときがありますよね。

とはいえ、友達の場合は無視するわけにもいかないので、返し方に困っている人たちもいるはずです。実際のところ、どうでもいい連絡が届いてうざいときは、どのように返すのがよいのでしょうか?

この記事では、どうでもいいラインがうざいときの返し方4選を紹介しています。返すのがしんどい人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • どうでもいいラインへの対応について考えるきっかけになる。
目次

どうでもいいラインがうざいときの返し方4選

さて、どうでもいいラインがうざいときは、どのように返せばよいのでしょうか?

ここでは、無視するのは気まずいときに役立つ4つの返し方を解説していきます。

方法1 会話が終わりやすいスタンプを送る

第1に、会話が終わりやすいスタンプを送るという返し方があります。

具体的に言えば、「おやすみ」や「またね」のような挨拶系のスタンプや「了解」や「すごいね」などの共感の相槌を示すスタンプもよいでしょう。実際、送信したメッセージに対してスタンプだけで返ってきたら、「会話がひと段落した」と状況を察する人もいます。

ただし、1通目からすぐスタンプだけで返信すると、連絡を取り合いたくない意思が明らかになってしまうのでタイミングには気をつけましょう。

方法2 リアクションを押す

第2に、チャットにリアクションを押して会話を終わせるという返し方もよいでしょう。

ラインでは、チャットを長押ししたり、顔文字のアイコンをタップしたりすると、喜怒哀楽の感情を表した絵文字で反応できる仕組みが実装されています。取り急ぎ、内容を読んだときに無視するのではなく、何かしらの反応を示すのに便利です。

LINEのリアクション
LINEのリアクション

どうでもいいラインに関してもリアクションだけ付けておけば、相手を無視したことにはなりません。その後に返信がなかったことを責められたら、「会話が終わったと勘違いした」とうまく弁明しておきましょう。なお、LINEのリアクションについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。

方法3 ゆっくり返してフェードアウトする

第3に、返事をゆっくり返して会話の勢いを落とすことでフェードアウトするという対処法があります。

どうでもいいラインに対してテンポ良く返信していると、相手のコミュニケーションも活発化して、いつまでも会話が終わらないおそれがあります。

だからこそ、1時間に1通からスタートして、3時間に1通、5時間に1通と連絡するスピードをゆっくりにすることで、どうでもいいラインを受け取る数が減るので、ストレスを緩和できるはずです。さらに、LINEに苦手意識があるように振る舞うことで、返信の遅さに違和感を持たせないのもポイントです。

方法4 自分が楽しい話題に変える

第4に、どうでもいい内容を自分なりに工夫して楽しい話題に変えるのも建設的な返し方でしょう

物事は自分の態度次第で自由に価値を創造できます。すなわち、どんなにくだらないメッセージでも、自分の想像力とコミュニケーション能力をフル活用して楽しくすればよいわけです。だれだって会話の仕方を変えれば、面白さを引き出すことは可能です。

当然ながら、本来つまらないと感じる相手と連絡を取り合う必要はないかもしれませんが、自らのエンターテイメント性を高める教材と捉えて、どうでもよい内容から意味のあるトピックに変換する練習として会話に価値を見出してみるのもよいかもしれません。

付き合い方を見直すことも大切

冷静に考えると、「どうでもいい」と感じるということは、そもそも自分にとって大切な存在ではない可能性があります。その意味では、他人との付き合い方を見直すことも重要なのではないでしょうか。もちろん、学校の友達と関係を続けないと、仲間外れにされる危険性はあります。

けれども、自分にとって信頼できる繋がりではなく、ただ何となくコミュニティが同じだから会話する相手なら、きっと10年後は一緒にいないでしょう。その意味では、時間が経過すれば、深まらないまま終わってしまう他人なのです。

それならば、いっそのこと縁を切ってしまうのも選択肢のひとつです。逆に、かけがえのない一生の一瞬を過ごす相手であるならば、楽しい時間を過ごそうと工夫するのもよいでしょう。いずれにしても、何となく漂うように付き合う相手との時間は無駄になってしまいます。これを機会に自分の態度を定めてみましょう。

どうでもいいラインがうざいときの返し方4選【女友達にも使える】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次