インスタで投稿を見るとバレる5つの原因とバレないようにする対処法

インスタでユーザーの投稿を見ているときに、相手に閲覧している事実がバレるのが心配な人たちもいると思います。とりわけ、過去の恋人や喧嘩した相手など日常生活の人間関係が途絶えてしまった人に自分が投稿を見ていることが知られるのは気まずいですよね。

実際のところ、インスタでは投稿を見た事実を相手に知られてしまうことがあります。

この記事では、インスタで投稿を見るとバレる5つの原因を解説しています。また、ユーザーがアップロードした写真や動画を閲覧しても気づかれないようにするための対処法も紹介しているので、インスタを利用している人たちの参考になれば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • インスタで投稿を見るとバレる5つの原因がわかる。
  • 投稿を閲覧したことがバレないように気をつけることができる。
目次

インスタで投稿を見るとバレる5つの原因

さて、どうしてインスタでは、相手の投稿を閲覧するとバレてしまうことがあるのでしょうか?

これに関しては、大きく5つの原因があると考えられます。

ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

原因1 間違っていいねを押した

第1に、間違っていいねを押した場合、相手に投稿を見たことがバレてしまいます。

通常、自分の投稿にいいねが付いたときは、端末に通知が届きます。それによって、相手がリアルタイムで投稿を見た事実を把握できるわけです。

もちろん、閲覧した事実を知られたくない場合、自分からいいねするわけがありませんよね。しかしながら、スマホでインスタを利用している場合、画面をスワイプするときに間違って押してしまう可能性はあります。

残念ながら、いいねを瞬時に取り消したとしても、そのときに届いたプッシュ通知に気づかれてしまえば、相手は投稿を閲覧されたと判断する確率が高いと言わざるを得ないでしょう。

なお、インスタのいいねを取り消しする方法について知りたい方たちは以下の記事を参照してください。

原因2 ストーリーズを閲覧した

第2に、ストーリーズを閲覧した場合、相手の投稿を見た事実が知られてしまいます。

インスタのストーリーズには、閲覧したユーザーの情報を記録する既読機能が実装されています。

実際に、ストーリーズを開いてみると、左下の部分にアカウント名が表示されています。

ストーリーズの閲覧履歴
ストーリーズの閲覧履歴

原因3 24時間が経過していないハイライトの投稿を見た

第3に、アップロードされてから24時間が経過していないハイライトのストーリーズを見た場合も、相手にバレてしまうので注意してください。

ハイライトとは、過去に投稿したストーリーズが保存されている場所のことです。

通常であれば、24時間以内に投稿されたストーリーズはタイムラインの一番上に表示されていますが、ハイライトからでも閲覧できる場合があります。

そのため、うっかり覗いてしまうと、ストーリーズの既読機能で自分のアカウント情報が記録されてしまうわけです。

原因4 インスタライブを視聴した

第4に、タイムラインに表示されているインスタライブを視聴すると、配信者や他の視聴者に見たことがバレてしまいます。

実際に、インスタライブにアクセスすると、「〇〇さんが参加しました」とコメント欄に通知が届きます。それを見れば、あなたがライブ投稿を閲覧している事実が明らかになるわけです。

加えて、ライブ終了後に視聴者を一覧で確認できるので、見ていた人たちが数千人規模でもない限り、あなたが見たことは知られてしまうでしょう。

なお、鍵垢でライブを視聴したとしても、相手に分かってしまうので気を付けてください。

原因5 投稿を見た人しか知らない情報を発信した

第5に、投稿を見た人しか知らない情報を発信した場合、閲覧した事実がバレてしまうおそれがあります。

例えば、ある人が本人しか知り得ない情報をアップロードしていた場合、あなたがインスタをはじめとする各種SNSで関連情報を共有していたら、投稿を見たことは明らかですよね。

近年では、インフルエンサーとしての影響力を確かめるために、自分のユーザーIDやアカウント名、投稿内容を各種SNSに設置されている検索エンジンに入力してエゴサーチしている人たちも少なくありません。

したがって、自分の投稿を通じて相手にバレてしまう可能性はゼロではないので注意してください。ポジティブな内容が検出されるならまだしも、ネガティブな印象を与えるものが見つかった場合にトラブルになってしまうおそれがあることにも留意しておきましょう。

見たことがバレないようにする対処法

以上の原因を踏まえたうえで、投稿を見てもバレないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

これに関しては大きく4つの対処法があると考えられます。

見たことがバレないようにする対処法

  • 対処法1 自分のアカウントを一時停止する。
  • 対処法2 相手のアカウントをブロックする。
  • 対処法3 プロフィール情報を一時的に変更する。
  • 対処法4 自分のアカウントを削除する。

ここでは、それぞれのやり方について説明していきます。

対処法1 自分のアカウントを一時停止する

はじめに、自分のアカウントを一時停止することで、ストーリーズなどの投稿を見た事実を一時的になかったことにできます。なお、アカウントを一時停止する方法は次のとおりです。

アカウントを一時停止する方法

  • ステップ1 ブラウザでインスタにログインする。
  • ステップ2 「プロフィールを編集」を開く。
  • ステップ3 画面の下部に表示されている「アカウントを一時停止する」を選択する。
  • ステップ4 一時停止する理由とパスワードを入力して完了。
アカウントを一時停止する項目の場所
アカウントを一時停止する項目の場所

なお、アカウントにログインすると、一時停止は解除されます。それと同時に、ストーリーズの既読機能で保存されていたユーザー情報も復活するので注意してください。

対処法2 相手のアカウントをブロックする

続いて、相手のアカウントをブロックすることで、投稿を見た形跡を消すことができます。

インスタでは、特定のアカウントとの関わりを拒否できるブロック機能が実装されています。実際に、ユーザーをブロックすると、フォローが自動的に解除されることに加えて、いいねやストーリーズの既読も自動的に消失する仕様になっています。

ブロックした時点では、相手に通知が送られることはないので気づかれない可能性は高いでしょう。けれども、フォロワー数を入念にチェックしていたり、あなたの投稿を定期的に確認していたりするのであれば、ブロックした事実はバレる危険性があるので注意してください。

なお、インスタのブロック機能について知りたい方は次の記事をご覧ください。

対処法3 プロフィール情報を一時的に変更する

さらに、アイコンやアカウント名などのプロフィール情報を一時的に変更することで、投稿を見た事実を隠すことができるでしょう。

通常、インスタでは、アイコン、アカウント名、ユーザーIDを判断材料として特定のアカウントを認識していると考えられます。だからこそ、その内容を変更すれば、ストーリーズの既読記録やライブの視聴履歴を確認しても、自分の存在には気づかれない可能性があるわけです。

なお、インスタで名前を変更できなかった場合は次の記事を参照してください。

対処法4 自分のアカウントを削除する

最後に、自分のアカウントを削除するという対処法があります。ストーリーズなどの投稿を閲覧した事実を絶対に知られたくないときに限っておすすめする最終手段です。

アカウントを削除する以上、インスタの記録も抹消されます。したがって、相手があなたが投稿を見た事実を特定する手段がほとんどなくなってしまうと言ってよいでしょう。

ただし、アカウントが消去されてから30日間はプラットフォームにデータが蓄積された状態になっているので、再ログインするとアカウントが復活してしまうので注意してください。

閲覧専用のアカウントを作成しよう

先述のとおり、インスタでは相手に投稿を閲覧した事実がバレてしまうことがあります。

もし、本人に知られるのがどうしても気まずいのであれば、閲覧専用のアカウントを作ることもおすすめです。

自分のプライベートを上手に守りながら、インスタを楽しく使いましょう。

インスタで投稿を見るとバレる5つの原因とバレないようにする対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

記事に関する意見・質問

コメントする

CAPTCHA


目次