インスタグラム

インスタグラムのQRコードを作成する方法|読み取り方も簡単!

「インスタグラムのアカウントをもっと宣伝したい……」

そう思っている方は、アカウントのQRコードを作成してみてはいかがでしょうか? QRコードを作成すれば、メッセージで送ったり、名刺に載せたりするなど広告宣伝に幅広く活用できます

この記事では、インスタのQRコードを作成する方法について解説しています。読み取れないときの対処についても紹介しているので、ユーザーのみなさんは参考にしてみてください。

この記事を読んで得られること
  • QRコードの作成方法がわかる
  • QRコードをシェアする方法がわかる
  • QRコードを簡単に読み取る方法がわかる
  • QRコードを活用したビジネスアイデアを考えるきっかけになる

インスタのQRコードを作成する方法

インスタグラムのアカウントをQRコードに置き換える方法は、次の3ステップで簡単にできます。

【QRコードの作成方法】

  • 手順1 プロフィール画面から右上の三本線のマークをタップします。
  • 手順2 QRコードをタップします。
  • 手順3 QRコードが表示された保存して完了!
QRコードの作成方法

なお、QRコードの画面は色や背景を変えて自分好みにカスタマイズできます。例えば、QRコードの表示画面にある「カラー」をタップすると、5種類のグラデーションから好きなものを選ぶことができます。

QRコード カラー選択
5色のカラーを選択できる

また、絵文字やセルフィーの設定をすることで、人の目を引きやすいユニークな背景を作ることも可能です。

QRコードの背景を変える
QRコードの背景も変えられる

QRコードを読み取る方法

QRコードを読み取るには、大きく2つのやり方があります。

【QRコードを読み取り方】

  1. LINEで読み取る
  2. 無料のアプリを使う

ここでは、それぞれのやり方について解説します。

やり方1 LINEで読み込む

第一に、LINEのバーコードリーダーを使えば、だれでも簡単にQRコードを読み取れます。特に、画像として保存したQRコードを読み込む方法は、次のとおりです。

【LINEで読み込む方法】

  • 手順1 LINEの下部の「ホーム」をタップします。
  • 手順2 「QRコード」をタップします。
  • 手順3 右上にある写真フォルダから読み込みたいQRコードを選択する。
  • 手順4 画面の上に表示されたURLをタップする
手順1と手順2
手順3と手順4

これらの手順が無事に完了すれば、以下のようなアカウントページが表示されます。

手順が完了した際の画像

やり方2 バーコードリーダーのアプリを使う

第二に、バーコードリーダーのアプリを使う方法があります。おすすめのアプリは無料で使える「QRコードリーダー」です。QRコードリーダーを使っって読み取る手順は次のとおりです。

  • 手順1 QRコードリーダーのアプリをダウンロードする
  • 手順2 アプリを起動して左上にある「写真」をタップする 
  • 手順3 そのときに表示される「アルバムから選択する」をタップする
  • 手順4 アルバムに保存していたQRコードの画像を選択する
  • 手順5 上記に表示されるURLをタップする
  • 手順6 ページが表示されたら完了
手順1〜4を示す画像

読み取れないときに確認すべき6つの原因

QRコードを読み取れないときは、以下の項目を確認してみてください。

  1. QRコードの状態が余白が足りない
  2. 画像とは別の文字が重なっている
  3. QRコードが歪んでいる
  4. カメラのレンズが汚れている
  5. QRコードの有効期限が切れている
  6. 読み取りアプリの設定でカメラのアクセス権が許可されていない

これらの原因をチェックしても、読み取れないときは端末を再起動してみましょう!

QRコードをシェアしよう!

インスタを利用している人たちにアカウントを見てもらうために、QRコードをシェアしましょう! 具体的な方法としては、次のような方法があります。

  1. ダイレクトメッセージで送る
  2. LINEでシェアする
  3. 自分のホームページに掲載する

ここでは、それぞれのやり方について詳しく解説していきます。

方法1 ダイレクトメッセージで送る

方法1 ダイレクトメッセージで送る

第一に、ダイレクト・メッセージでQRコードを送信する方法があります。インスタグラムには、DM機能があるので特定のユーザーに自分のアカウントを紹介するときに使ってみましょう。

方法2 LINEでシェアする

第二に、LINEを使って知り合いにシェアする方法があります。手順はおおよそ次のとおりです。

【LINEでインスタのQRコードをシェアする方法】

  1. QRコードの右上にあるマークをタップする。
  2. LINEへシェアをするを選択する。
  3. QRコードの送信先を選んで完了。
【LINEでインスタのQRコードをシェアする方法】

一括送信したい場合はLINEグループに送ったり、複数の友人を選択して数まとめて送ることもできます。

方法3 自分のホームページに掲載する

QRコードは自分のホームページへ載せてシェアすれば、検索エンジンから不特定多数の人たちがインスタグラムのアカウントを見てくれる可能性があります。

画像としてサイト内に入れ込むだけなので、積極的に活用することをおすすめします。

広告・宣伝に役立つアイデア3選

さらに、より多くのユーザーにアカウントを知ってもらうには、広告・宣伝の戦略を考える必要があります。ここでは、QRコードを使って、すぐに実践できる3つのアイディアを紹介します。

アイディア1 印刷して広告に使用する

QRコードを紙媒体の広告に印刷して掲示すれば、見た人がすぐにインスタのアカウントにアクセスできます。それによって、自社のサービス内容やブランドを知ってもらうきっかけを作ることができるでしょう。

また、個人で活躍するフリーランスの方であれば、これまでの実績や人間性をアピールするポートフォリオ的な活用もできると思います。

アイディア2 名刺に載せて配る

インスタのQRコードを名刺に印刷しておくのもおすすめです。名刺だけでは表現しきれない自分の想いやサービスについて投稿しておけば、お客さんがあなたを理解する材料として役立つと思います。

また、意外な共通点が見つかったり、会話のネタになったりして、次に会った時に相手とのコミュニケーションも活発化するかもしれません。

もし、クライアントからフォローしてもらったら、必ずダイレクト・メッセージを送って挨拶しましょう。

アイディア3 お店のメニューにQRコードを掲載する

美容や飲食に関するビジネスを営まれている方は、お店のメニューにQRコードを載せてみましょう! インスタグラムにサービスに関する情報をまとめておけば、それを見た人が利用してくれるかもしれません。

例えば、ネイルサロンなら、デザインの写真を投稿したり、美容室なら、髪型の写真を投稿したりすることが考えられます。これによって、お客さんのイメージに近いデザインを選んでもらうためのメニュー表代わりになるんです。

また、フォロワー限定クーポンを配布するなどインスタを見るメリットを設定すれば、お客さんが店舗に訪れてくれる確率を上げることができます。

QRコードでアカウントを拡散しよう!

InstagramのQRコードを上手に使えば、多くの人たちにアカウントを拡散できます。広告宣伝も兼ねて活用することでビジネスにも役立つでしょう。

みなさんも自分のスタイルに合った方法で、QRコードを活用してみてください!

ABOUT ME
PENDELION編集部
PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。
一緒に読まれている記事