インスタって何のためにやるの?5つの利用目的を徹底解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

若い女性を中心にインスタグラムが当たり前のように使われるようになりました。近年では、Googleの検索エンジンに加えて、インスタを使ってお店や商品を調べる人たちもいるくらいであす。

一方、SNSと距離を取っている人たちからすれば、「インスタって何のためにやるの?」と疑問を感じている人たちもいるようです。改めて、なぜ、人々はインスタをやるのでしょうか?

この記事では、「インスタって何のためにやるの?」という疑問を解説しています。インスタの利用目的について知りたい方たちのお役に立てば幸いです。

本記事を読んで得られること

  • 「インスタを何のためにやるのか?」という疑問について考えるきっかけになる。
  • インスタの利用目的を把握できる。
目次

インスタって何のためにやるの?

さて、インスタって何のためにやるのでしょうか?

一概には言えませんが、インスタを利用する目的は大きく5つあると考えられます。

インスタグラムをやる5つの目的

  • 理由1 日常や非日常を他者と共有したい。
  • 理由2 世間のトレンドをいち早く取り入れたい。
  • 理由3 自分のビジネスに活用したい。
  • 理由4 好きな芸能人やモデルの投稿を見たい。
  • 理由5 周りがやっているから何となく使っている。

ここでは、それぞれの利用目的に説明していきます。

理由1 日常や非日常を他者と共有したい

第1に、インスタを利用している人たちは、日常や非日常を他者と共有したいと考えているはずです。

言うまでもなく、インスタでは、それぞれのユーザーが過ごしている日々の風景を収めた写真や動画がリアルタイムで無数に投稿されています。そこに対して、いいねやコメントを付け合うことで人々のコミュニケーションが生まれているのです。

しかしながら、本来であれば、自らのなかに留めておけばよい記録であるにもかかわらず、SNSという不特定多数の個人が集まるインターネット空間に写真や動画を公開するのは、他者と分かち合いという感情が少なからずあるからだと思います。

実際に、自分の誕生日でもらったプレゼントの写真を投稿した際に、フォロワーからも祝福されると嬉しいと感じる人たちも多いのではないでしょうか。

けれども、他人から認められることを過剰に求めるのは禁物です。すなわち、自己承認欲求を満たすための手段としてインスタを利用すると、知り合いを含むフォロワーからは「自分のことだけしか考えていない人」というレッテルを貼られてしまうおそれがあるので注意してください。

なお、SNSと承認欲求の関係について考察したい方は、こちらの記事もご覧ください。

理由2 世間のトレンドをいち早く取り入れたい

第2に、世間のトレンドをいち早く取り入れるためにインスタを使っている人たちもいます。

事実、インスタでは、インフルエンサーと呼ばれる人たちがファッションやコスメなど若者のカルチャーに関する最新情報を写真や動画付きで投稿しています。とりわけ、自分の好きなものに関連するインスタグラマーをフォローすれば、趣味・嗜好に合った新しいニュースに巡り合いやすくなるのでとても便利です。

また、美味しいレストランや綺麗な景色が見えるスポットなど、個人が発信しているからこそのニッチな情報も数多くアップロードされており、「新しく流行るのではないか?」といったトレンドの先取りにも利用できるかもしれません。

理由3 自分のビジネスに活用したい

第3に、ビジネスに活用するためにインスタを始める人たちもいます

例えば、フォロワーを数万人という規模で集めたうえで、企業の商品やサービスを紹介して収入を得たり、自分のブランドを支持してくれるファンを集めたりするユーザーがいます。

SNSマーケティングという言葉もあるように、今やインスタを使った販売戦略は効果的な広告を企画するうえで必要不可欠なアプローチとなっています。そのため、1投稿で数万円を稼いでいるインフルエンサーも存在しているくらいです。

こうしたことから、商業的な目的でインスタをやっているユーザーもたくさんいるのです。

理由4 好きな芸能人やモデルの投稿を見たい

第4に、好きな芸能人やモデルの投稿を見るために、インスタのアカウントを登録した人たちもいるでしょう。

実際に、数多くの有名人がインスタグラムを利用しています。テレビでは見られないような意外な一面を投稿している人たちも多いので、ファンからしてみれば見逃したくないと思うのは当然なことであると思います。

一方で、SNSとは距離を取っている有名人もいます。芸能人をはじめ世間で知られている人たちはただでさえ、プライベートが犠牲になりやすいので、インスタとの付き合い方を間違えると、生活の質が悪化するおそれがあります。

なお、SNS嫌いな有名人の考えについて興味のある方たちは、こちらの記事も読んでみてください。

理由5 周りがやっているから何となく使っている

第5に、特段の目的はなく、周りがやっているから何となく使っている人たちもたくさんいるはずです。

冷静に考えると、人間は必ずしも自らの行動に理由を持っているとは限りません。インスタを利用している本人でさえ、「何のためにやっているんだろう?」と疑問に感じるときもあるのではないでしょうか。

みんなもやっているから、とりあえずアカウントを作っておこうという感覚は決して悪いことではありません。むしろ、集団のなかで常識的に広まっていることを模倣するのは当然であると言えるでしょう。

しかしながら、他人の悪ふざけや誹謗中傷に加担するのは絶対にやめましょう。最悪の場合、相手から訴えられる可能性があります。近年、バカッターと呼ばれる人たちが問題になっていますが、ネットに記録されたものは簡単に消すことはできないので、未来の足かせにならないように注意してください。

自分らしくSNSを楽しもう!

インスタを利用する目的はユーザーによって違います。

その意味では、他人に迷惑をかけない範囲であれば、楽しみ方は人それぞれでよいと思います。

いずれにしても、自分らしく活用することが大切です。

他人に気を使いすぎて疲弊してしまうくらいなら、思い切ってやめてしまうのも選択肢のひとつです。

これを機会に、改めてインスタとの向き合い方を考えてみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる