インスタグラムで他人のアカウントにログインするとバレるのか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

インスタグラムを使っている人たちのなかには、彼氏や彼女のアカウントにログインしたいという気持ちに駆られている方もいると思います。例えば、「恋人が浮気をしているかもしれない」と疑っている場合、真実を確かめたくなるのが人間の性でしょう。

けれども、本人の許可なく他人のアカウントにログインするのは不正アクセスとして罰せられてしまうおそれがあるので、絶対にしてはいけません。

この記事では、「インスタで他人のアカウントにログインするとバレるのか?」という疑問について回答しています。やってはいけないことをしたときは素直に謝ることが大切です。

本記事を読んで得られること

  • 「インスタで他人のアカウントにログインするとバレるのか?」という疑問が解決する。
  • 「不正アクセスは絶対にだめ!」ということを再認識できる。
目次

インスタで他人のアカウントにログインするとバレるのか?

さて、インスタで他人のアカウントにログインするとバレるのでしょうか?

結論から言えば、相手にバレる可能性は極めて高いと考えられます。

インスタでは、これまでにアクセスしたことのない端末からアカウントにログインされた際に通知が送られます。そのため、本人は自分以外の何者かがインスタのアカウントを乗っ取ろうとしていることに気づくでしょう。

さらに、ログインアクティビティに位置情報が記録されるため、「いつ、どこで、どのような端末でログインしたのか?」がわかります。自分が訪れたことのない場所でログインがあったとなれば、第三者による乗っ取り行為かもしれないという疑念が生じるはずです。

ただし、インスタのログイン履歴で個人名を特定することはできません。したがって、「だれがログインしたのか?」を簡単に調べることができないので、そのまま放っておかれることが少なくないのが実情であると言ってよいかもしれません。

他人のアカウントにログインするのは不正アクセスになる

とはいえ、本人の許可なく他人のアカウントにログインするのは不正アクセスとして罪に問われるおそれがあります

そのため、好奇心や猜疑心から友達や恋人のアカウントにログインするのは絶対にやめましょう。

無論、個人名が特定されづらい以上、「やってしまえ」と思う人たちもいるかもしれませんが、本人が専門家や警察に相談したとしたら、話は別です。

近年では、SNSの誹謗中傷に対して訴訟が行われる時代ですから、不正アクセスに対して積極的に動こうとする人たちがいても何ら不思議ではありません。「そこまでやる人なんていない」というのは、自分の都合の良いように状況を解釈しているだけです。実際、インスタ以外のSNSでは、他人のアカウントに不正にログインしたことによって逮捕された人がいます。

千葉県内の女子中学生の会員制交流サイト(SNS)のアカウントに不正にログインしたとして、県警サイバー犯罪対策課は17日、不正アクセス禁止法違反の疑いで神奈川県大和市下鶴間、無職、清水颯容疑者(21)を逮捕した。容疑を認め「若い女の子の画像や下着姿を見たかった」と供述しているという。

千葉日報『女子中学生のSNSに不正アクセス 容疑で21歳男逮捕 中学生友人に動画や写真要求か』より引用(最終確認日:2021年11月5日)

不正アクセスで逮捕された場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されるおそれがあります。そして、他者からの信頼を失い、一生を台無しにするかもしれないのです。

インターネットを介している以上、不正アクセスの痕跡はサイバー犯罪を解決するプロの技術によって検知されるはずです。そして、「勝手にログインしたことがバレたらどうしよう……」という気持ちに支配されながら過ごす毎日は生きた心地がしないのではないでしょうか。

自分が不正アクセスの被害に合っていると思った方は、警察庁に設置されているサイバー犯罪の相談窓口に連絡することを推奨します。放っておいてモヤモヤするよりも、専門家の意見を聞いてすっきりしたほうがよいこともあるので参考にしてみてください。

ログイン時間がバレることもある

なお、自分がインスタにログインしている時間が相手にバレることもあります

具体的に言えば、インスタでは、DMの送受信ページに表示される相手のアイコンには、オンライン状態をリアルタイムで示す緑のマークが表示されます。すなわち、緑のマークが出ている場合、そのユーザーは今現在、インスタを利用していることがわかるようになっています。

ログインしている時間がバレる 例
ログインしている時間がバレる 例

そして、インスタを閉じたあとは、「〇〇分前にオンライン」という表示が出てきます。例えば、「50分前にオンライン」と出ている場合、今から50分前の時点ではアカウントにログインしていたことがわかります。

「〇〇分前にオンライン」という表示
「〇〇分前にオンライン」という表示

したがって、表示されている情報から逆算されてしまうと、自分がログインしている時間がバレてしまうのです。

一見すると、お互いの利用状況がわかるので便利なように感じますが、会社の同僚や予定を断っている相手がインスタを利用している時間を知ってしまうと、「なぜ、忙しいはずなのにインスタを見ているんだ……」とネガティブな感情を抱かれてしまうこともあるので気をつけてください。

なお、フォロワーをはじめインスタの利用者に自分のログイン状況について知られたくない人は、オンライン中に出てくる緑のマークを消す設定を行いましょう。そのやり方については、こちらの記事を参照してください。

勝手にログインは絶対NG

繰り返しになりますが、インスタだけに限らず、他人のアカウントに勝手にログインするのは絶対にやめましょう。本人の立場になって考えると、「だれかがアカウントにログインした」という事実だけでも恐怖を感じるものです。

もし、恋人や友達のアカウントに出来心でログインしてしまった場合は、ただちにログアウトしてください。そして、可能であれば、素直に謝ることを推奨します。バレなきゃよいのかもしれませんが、警察に相談して事態が深刻化したら、取り返しのつかない大きなトラブルに発展するおそれがあります。

悪いことをしたときはすぐに謝ったほうが長期的には安心です。

いずれにしても、興味本位で他人の情報にアクセスするのは控えましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる