インスタでフォローをやめる5つの理由を解説|通知でバレる?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

インスタを使っている人たちのなかには、フォロワーからリムーブされたときに「なぜ、フォローを外されてしまったのだろう?」と疑問を感じる方もいると思います。

実際のところ、インスタでフォローをやめる人たちには、どのような動機があるのでしょうか?

この記事では、インスタでフォローをやめる5つの理由を解説しています。また、アカウントのフォローをやめるときに、「相手に通知が送られてバレるのか?」についても回答しているので、参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • インスタでフォローをやめる理由が明らかになる。
  • 「フォローをやめたときに通知が届くのか?」という疑問が解決する。
目次

インスタでフォローをやめる5つの理由

さて、インスタでフォローをやめる人たちは、どのような動機からアカウントをリムーブしているのでしょうか?

その理由は大きく5つあると考えられます。

インスタでフォローをやめる5つの理由

  • 理由1 投稿に興味がなくなった。
  • 理由2 自慢が多くて拒絶した。
  • 理由3 プライベートで険悪な関係になった。
  • 理由4 人間関係の整理整頓を実行した。
  • 理由5 攻撃的な投稿を続けている。

ここでは、それぞれの原因について説明していきます。

理由1 投稿に興味がなくなった

第1に、フォローをやめる人たちは、相手の投稿に興味がなくなったと考えられます。

近年では、インスタは自分の知りたいことを調べる検索エンジンとして使われており、それぞれのユーザーから有益な情報を取得することを目的としてアカウントをフォローする人たちもたくさんいます。

そういった方たちからすれば、「投稿が役に立たない」と感じたら、フォローを解除するのは自然なことであると言ってよいでしょう。ビジネスアカウントも増えていることを考えると、ブログと同じようにユーザーニーズを意識したコンテンツを提供することがリムーブの防止策としては有効なのかもしれません。

理由2 自慢が多くて拒絶した

第2に、フォローをやめた人たちは、相手の投稿が自慢ばかりで拒絶した可能性があります

冷静に考えると、他人の自慢を見せつけられるほど、時間が無駄になることはありません。

すなわち、美味しそうな高級ステーキの写真を見たところで空腹が満たされるわけでもなければ、ブランドバッグを買った写真を見ても手に入るわけではないのです。

加えて、自らの優越感を満たすために投稿を利用しすぎると、欲求が満たされない人たちからすれば、「この人、自慢ばかりでうざいな」とリムーブしたくなるのも理解できます。いずれにしても、自己顕示欲が剥き出しになった投稿は控えめにしておくのが賢明だと思います。

理由3 プライベートで険悪な関係になった

第3に、プライベートで険悪な関係になった結果、フォローをやめられたと推定されます。

例えば、恋人と絶縁したときに、インスタをはじめとするSNSで繋がったままなのは気持ちが悪いという人もいます。あるいは、会社を退職する際に、上司との繋がりをインスタ上でも解消したいという方もいるかもしれません。

とりわけ、インスタではリアルな繋がりがフォローに反映することはよくあることです。だからこそ、その関係性がうまくいかなくなったら、フォローを解除するのは自然なことなのではないでしょうか。

理由4 人間関係の整理整頓を実行した

第4に、相手が人間関係の整理整頓を実行した結果、フォローを外されてしまったのかもしれません。

SNSが普及したことによって、人との繋がりすぎで疲れてしまう方たちもいます。その結果、人間関係を断捨離する人たちも少なくありません。

とはいえ、自分は友達だと思っていたのに、LINEやインスタでアカウントをブロックされてしまったという悲しい話もよく耳にします。

もちろん、自分にとって本当に必要な人を見極めていくことは大切なことのように思いますが、だれにいつ、どこでお世話になるのかは分からないので、人間関係の整理整頓をし過ぎないように注意しましょう。

理由5 攻撃的な投稿を続けている

第5に、差別や誹謗中傷などの攻撃的な投稿を続けていることが理由として考えられます。

例えば、「文系の大学院に進学する人たちって社会不適合者が多いよね、マジで気持ち悪い」という投稿がアップされたら、当事者がそれを見たときに嫌な気持ちになりますよね。

自分の考えを表現するのは自由なのかもしれませんが、現実の多様性を無視して偏見で物事を語ろうとすれば、知らず知らずのうちに人を傷つけてしまうことがあります。

その結果、相手から嫌われてフォローを解除されてしまうこともあるので注意しましょう。

フォローをやめると通知でバレるのか?

なお、アカウントのフォローをやめると、本人に通知が届いてバレるのでしょうか?

結論から言えば、フォローをやめても通知が送られることはありません

したがって、リムーブした時点では、相手にバレないと考えられます。

けれども、フォロワー数の推移をチェックしているユーザーもいるので、遅かれ早かれ知られてしまう可能性はあります。

その意味では、フォローをやめるときは相手にバレることは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

リムられても気にしすぎない

インスタを利用している以上、フォローをやめられてしまうことはよくあることです。

もちろん、自分自身で「これは良くないな」と思っていることは改善すべきですが、すべての人たちが満足するような自分を無理やり作ろうとしても、うまくはいきません。

人間は不完全だからこそ、より良くなっていける生き物です。

その意味では、リムられても過度に気にしすぎないで、「もっと、自分のことを磨こう!」と前向きに捉えていくことが大切なのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる