インスタでユーザーが見つかりませんでしたと出てくる7つの原因

URLをコピーする
URLをコピーしました!

インスタで特定のアカウントを検索した際に、「ユーザーが見つかりませんでした」と出てきて困った経験のある方たちもいると思います。たしかに、インスタを登録していたはずなのに検索にヒットしないと、「拒否されたのではないか?」と不安になりますよね。

実際のところ、なぜ、「ユーザーが見つかりませんでした」と出てくるのでしょうか?

この記事では、インスタでユーザーが見つかりませんでしたと出てくる7つの原因を解説しています。また、対処方法についても紹介しているので、インスタを利用している人たちは参考にしてみてください。

本記事を読んで得られること

  • インスタで「ユーザーが見つかりませんでした」と表示される原因が明らかになる。
  • ユーザーが検出されないときの対処方法がわかる。
目次

インスタでユーザーが見つかりませんでしたと出てくる7つの原因

さて、インスタで「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されるのは、どうしてなのでしょうか?

その原因は大きく7つあると考えられます。

インスタでユーザーが見つかりませんでしたと出てくるつの原因

  • 原因1 相手からブロックされている。
  • 原因2 アカウントを一時停止している。
  • 原因3 相手がインスタを退会した。
  • 原因4 インスタに不具合が発生している。
  • 原因5 ユーザー名が変更されている。
  • 原因6 アカウントが凍結している。
  • 原因7 アカウントが乗っ取りの被害を受けている。

ここでは、それぞれの要因について説明していきます。

原因1 相手からブロックされている

第1に、相手からアカウントをブロックされていることが原因であると考えられます。

インスタには、特定のユーザーの関わることを拒絶するブロックという機能があります。もし、あなたが第三者からブロックされた場合、相手のプロフィールにアクセスすると、「ユーザーが見つかりませんでした」とアイコンの下に表示されるようになります。

ユーザーが見つかりませんでした
ユーザーが見つかりませんでした 例

他人からブロックされたことに気づいたときに、ショックを受ける人たちもいるかもしれませんが、インスタをはじめとするSNSを利用している以上、相手から拒否されてしまうことは、だれにでもあり得ることです。

原因2 アカウントを一時停止している

第2に、アカウントを一時停止していることが原因であると想定されます。

アカウントの一時停止とは、一定期間に限定してインスタの利用を控える機能のことです。

その間は他のユーザーがアカウントを検索できなくなります。

すなわち、インスタには存在しない扱いになると言って良いでしょう。

そのため、ユーザーが見つからなくなってしまうのです。

原因3 相手がインスタを退会した

第3に、相手がインスタを退会したことが原因であると推測されます。

SNSとうまく距離感を取れないユーザーのなかには、インスタをやめたいと考えている人たちもいます。例えば、自分の人生がうまくいっていないときに、他人のきらびやかな投稿を見て落ち込んだり、スマホを介して、いつでもだれかとつながっている感覚が煩わしかったりするなど、インスタは必ずしも利用者にとってプラスなツールとは限りません。

以上のような理由から、インスタをアカウントを削除した場合、相手のプロフィールにアクセスしようとしても、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまうわけです。

原因4 インスタに不具合が発生している

第4に、インスタに不具合が発生していることが原因である可能性があります

インスタがインターネットを基盤とするサービスである以上、システム障害は不可避なトラブルと言わざるを得ません。もし、インスタにバグが起きていると思ったら、Twitterなどの別なSNSで「インスタ バグ」と検索してみてください。

実際に、不具合が理由でユーザーが非表示になる場合、だれかしらが同じ問題を経験したことについて投稿している可能性があります。なお、インスタの不具合について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

原因5 ユーザー名が変更されている

第5に、アカウントの名前が変更されたことで、ユーザーが見つからないこともあります。

インスタでは、ユーザー名を自由に変更することが可能です。

本名で登録している人たちもたくさんいますが、ニックネームを使っている人たちもいるので、その名称とアイコンが変更された場合、ユーザーを認識できなくなってしまうおそれがあるわけです。

原因6 アカウントが凍結されている

第6に、アカウントが凍結されていることが原因であるかもしれません。

インスタでは、ユーザーが安全に利用できる環境を提供するために、コミュニティガイドラインが定められています。

そのルールに違反している場合、不適切なアカウントとしてサービスを継続的に使用できなくなってしまいます。

そして、凍結されたアカウントはユーザーの検索からも外されてしまう可能性が高いので、「ユーザーが見つかりませんでした」と出てきてしまうかもしれないのです。

原因7 アカウントが乗っ取りの被害を受けている

第7に、アカウントが乗っ取りの被害を受けた後に消されてしまった可能性もあります。

残念ながら、インスタをはじめとするSNSでは、犯罪集団によってアカウントが乗っ取られる被害が頻発しています。

個人情報を盗むだけではなく、友人になりすまして詐欺行為をはたらくおそれもあるので注意しなければいけません。

万が一、不正アクセスの被害に合った場合は、速やかにインスタグラムの運営に問い合わせて、対処を実行しましょう。

ユーザーが見つからないときの対処方法

以上の原因を踏まえたうえで、インスタで「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されるときの対処方法は大きく5つあると考えられます。

ユーザーが見つからないときの対処方法

  • 方法1 別なアカウントでユーザー名を検索してみる。
  • 方法2 インスタのバグが解消されるまで1日程度待つ。
  • 方法3 端末やアプリを再起動する。
  • 方法4 アプリを最新版にする。
  • 方法5 インスタのルールを守って利用する。

上記の方法を試しても、問題が解決しない場合は、インスタのサポートチームに報告してみることを推奨します。

ユーザーが見つからないときもある

残念ながら、相手がインスタを退会していたり、自分のアカウントをブロックしたりしている場合、ユーザーが見つからないことはあります。

インスタを頻繁に利用している以上、フォロワーと縁が切れてしまうのは自然なことです。

そのため、相手との人間関係に執着しすぎるのは禁物です。気持ちを切り替えて、ユーザーにとって有益な投稿を地道に続けながら、共通の趣味や価値観で分かり合える友達を新しく探してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

本記事の監修者

PENDELION編集部はTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに関する総合情報メディアを運営するスペシャリスト集団です。PENDELION編集部は、リサーチャー・ライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。当サイトでは、SNSに関する最新情報の記事を担当しています。

目次
閉じる